サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海に沈んだ町
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-250832-4
  • 国内送料無料

紙の本

海に沈んだ町

著者 三崎 亜記 (著),白石 ちえこ (写真)

数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…喪失、絶望、再生—もう一人の“私”が紡いでゆく、滑稽で哀しくて、少しだ...

もっと見る

海に沈んだ町

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…喪失、絶望、再生—もう一人の“私”が紡いでゆく、滑稽で哀しくて、少しだけ切ない九つの物語。『失われた町』『刻まれない明日』に連なる“町”を、気鋭の写真家との奇跡的なコラボレーションで描く連作短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…。滑稽で哀しくて、少しだけ切ない連作短編集。『小説トリッパー』掲載に、書き下ろしを加え書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

遊園地の幽霊 5−26
海に沈んだ町 27−44
団地船 45−72

著者紹介

三崎 亜記

略歴
〈三崎亜記〉1970年福岡県生まれ。熊本大学卒業。2004年「となり町戦争」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「失われた町」「刻まれない明日」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

三崎亜記さんの世界が写真となって

2017/01/20 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

実はこの本は去年の3月頃に買ったのですが、2011年1月の初版本に著者のサインが入ったものがポツンと書店に残っていたのです。単純に考えて5年もその本屋さんにいたことになるのですね(笑)

作品は9編からなる短編集ですが、三崎亜記さんのその他の作品とリンクするものも何編かあり、三崎亜記さんが好きな私には楽しめる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大震災を予知したかのような作品群

2011/05/03 17:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風紋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 9編の短編小説をおさめる。全編、近未来小説とも寓話ともいえる。どの短編にも共通して色濃く漂うのは喪失感だ。

 寓意がことに目立つのは「午前四時八分」。ひとつの町全体が、標題の時刻以降、眠りについたのだ。例外的な少数が覚醒し、そして眠ることがない。歳をとらない。覚醒者は、旅人を無事に町の外へ連れ出すべく案内する。次の町にも、寓意に満ちた異変が起きている。

 表題作「海に沈んだ町」は、このたびの震災を予知したかのような作品だ。少なくとも評者の読後感は、震災前とそれ以降ではまったく異なった。「失って初めてわかることもある」と主人公はつぶやく。ありふれた感慨だが、まるごと失われたものが故郷となると切実だ。

 「橋」では、市役所から委託を受けた(小説では不明の機関の)女性が、一介の市民にカフカ的迷路をもたらす。昨日かくてありけり、明日もかくてありなむ、の日常性のもろさを剔抉する。これも、震災前とそれ以降では異なる読後感を与える作品だ。

 書き下ろしの「ニュータウン」は、喪失感が希望に転じている。国家にささやかな抵抗を試みる庶民のエネルギーと狡猾さ、連帯が描かれて、読者にかすかな笑みをもたらす。幾分重苦しい作品群の最後にかかる作品を配するとは、心憎い。

 白石ちえこの、随所に挿入された写真は、それ自体、鑑賞に耐える作品だ。小説と併せ眺めるとき、言葉なき写真の背後に無数の言葉が河となって流れているような錯覚を与える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/06 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/14 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/09 07:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/18 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/10 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/10 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/01 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/24 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む