サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

ガンプラ開発戦記 誕生から大ブームまで (アスキー新書)

著者 猪俣 謙次 (著),加藤 智 (著)

誕生30年という、模型史にも希な長寿シリーズ「ガンプラ」はどんな経緯で誕生したのか? 「ガンプラ」ブームとは何だったのか? 開発の現場に最も近かったふたりの著者が、当時の...

もっと見る

ガンプラ開発戦記 誕生から大ブームまで (アスキー新書)

税込 817 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誕生30年という、模型史にも希な長寿シリーズ「ガンプラ」はどんな経緯で誕生したのか? 「ガンプラ」ブームとは何だったのか? 開発の現場に最も近かったふたりの著者が、当時の“空気”を再現する。〔「ガンプラ開発真話」(メディアワークス 2006年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

30~40歳代の男子...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

30~40歳代の男子であれば、一度は手にしたこのある「ガンプラ」。私も少年の時、駄菓子屋で「ガンプラ」を買った記憶がある。ただ、私の実家がある町は田舎なので「ガンプラ」とは名ばかりで、ガンダムのプラモデルは見なかった気がする。ジムとボールはあったと思うが・・・。
余談はさておき、そんな子供の憧れ「ガンプラ」の開発秘話が本書には沢山詰め込まれている。私がガンダムに興味を持ったときには、不動の人気を築き上げていた。しかし、昭和54年に名古屋テレビでスタートしたアニメは、放送途中で打ち切り。満を持して登場した「ガンプラ」も発売当初は苦戦したようである。どのようにして「ガンプラ」大ブームが生まれたのか?「ガンプラ」で育った男子は必読である。
文庫・新書担当 清水

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ガンプラ、プラモデル業界に立つ

2011/08/27 12:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

1980年代初頭、ガンダムが大人気となった。特にプラモデルが人気で「ガンプラブーム」と呼ばれたが、その人気は、売り場に殺到した子供達が将棋倒しになる事故が起こるなど、異常なほどだった。

ちょうど小学校5,6年生の頃。
テレビ放送の終了後、映画が上映されたが、大行列なので、朝早く行って、並んだり、「アッチの店にガンプラ入荷」とか聞くと行ってみたり(でも買わない)したのを覚えている。

個人的には、最初は、プラモデルより、お菓子のオマケなどが主だった。
(小遣いに限りがあるので、より安いもので済ませた)

「ガンプラ」を作るようになったのは、中学、高校くらいからだったろうか。

ちなみにアニメの「ガンダム」は、いろいろな種類の作品が作られ、「ガンプラ」も発売され続けている。
直近のガンダム作品だけでなく、過去のガンダム作品のプラモデルも発売されるのが、他に類を見ないところだ。
もはや一種の「ブランド」と言っていいかもしれない。

本書は、その「ガンプラ」誕生前のバンダイの歴史から、ブーム勃発時の生産現場のドタバタ(・・・というよりパニックに近い騒ぎ)が描かれている。

「ガンダム」のブームに便乗して、「ガンプラ」は誕生したように思えるが、実際は、それ以前からバンダイ模型は、プラモデルメーカーとして一目、置かれる存在になろうとしつつ苦闘していた歴史がある。

キャラクタープラモデルで頭角を現し、ミニタリー物でも徐々に認められるようになるが、スーパーカーブームに乗り遅れ、経営危機に陥ってしまう。
が、「ヤマト」で逆転ホームラン。

そして、この時、アニメは小学生だけでなく、ヤングアダルト層にも支持されているが、その需要を満たす商品がない事に気がつく。

「ガンダム」のスポンサーは当初、クローバーという会社だったが、この事に気づいておらず、従来のセオリー通りのロボットアニメの商品展開をしていたため、あまり売れず、スポンサーを降りる。
(このためアニメの「ガンダム」は打ち切りとなってしまう)

そして、「ヤマト」での経験があったバンダイは、「ガンダム」の潜在的な人気に気がついていたので、スポンサーとなり、今に至る。


明暗を分けた判断、と言って、判断を誤った方を悪く言うのは簡単だ。

当時、雑誌などでも「ガンダム」を従来のロボットアニメの枠組み・用語を使って説明しようとして、珍妙な「作品紹介」をしている記事を多数、目にした。
(”ジオン軍は「地球征服」をねらっている”など)

が、今のアニメに対して、(大して詳しくもないのに)偉そうな事を語ろうとしたら、きっと自分も同じ事をしている事だろう。
新しい物を正しく評価できるのは、「異端者」や「傍流の人」だけのような気がする。
(だから「主流はよくない」などと言うつもりはないが)

ところで、5,6年前、久しぶりに「ガンプラ」を作った事がある。
当時、「食玩」に凝っていて、模型に興味が戻ってきていたのと、今の「ガンプラ」は箱が大きいのが多いが、どうなっているのだろう、と思ったのがきっかけだった。

昔の「ガンプラ」は作る人の技量によって、完成度に大きな違いが出るのに対し、今の「ガンプラ」は、誰が作っても、そのままで(改造したり、色を塗らずに)アニメのイメージ通りのものができる。
(その代わり、パーツ数が多く、ほとんど「立体ジグソーパズル」状態になっているが)

メーカーとしては「誰でも」「気軽に」作れる方が(「簡単」ではないが)客層が広がり、都合がいいのだろうが、個人的には、「技」を発揮する余地がなくなる事の方が寂しく思える。
単に「マニアック」なのかもしれないが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/17 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/05 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。