サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-049-5

紙の本

南へと、あくがれる 名作とゆく山河

著者 乳井 昌史 (著)

北国生まれの著者が、光あやなす南の風土にあこがれて名作を手に訪ね歩いた旅のエッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】漱石、白秋、山頭火、牧水…。ゆかりの地で彼らの声...

もっと見る

南へと、あくがれる 名作とゆく山河

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北国生まれの著者が、光あやなす南の風土にあこがれて名作を手に訪ね歩いた旅のエッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

漱石、白秋、山頭火、牧水…。ゆかりの地で彼らの声に耳を澄ます。北国生まれの著者が、光あやなす南の風土にあこがれて、名作を手に訪ね歩いた旅の記録。『読売新聞』西部本社紙上の連載に加筆・補正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

乳井 昌史

略歴
〈乳井昌史〉1944年青森県生まれ。早稲田大学政経学部卒。読売新聞東京本社論説委員、文化部長などを経て、早稲田大学大学院客員教授。著書に「スローで行こう」「美味礼読」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

贅沢な書評の旅。

2010/12/23 09:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんと贅沢な書評の旅なのだろうか。九州に限定しているとはいえ、夏目漱石、山口瞳、北原白秋、石牟礼道子、水上勉、向田邦子、種田山頭火、松本清張、菊池寛など、文人たちが住み、あるいは訪ねた土地を巡る内容だが、紀行文の形をとった書評である。
 のんびり、ゆっくり、名作の現場をなぞる旅だが、その旅の始まりは漱石の『草枕』だった。ヒロイン那美のモデルである卓の父、前田案山子の名前が出てきたが、孫文の辛亥革命を支援した宮崎滔天の妻、宮崎ツチは旧姓前田、前田案山子の娘である。おやおや、と思いながら更にページを進めると「維新の志士の如き烈しい精神で文学をやってみたい」という漱石の言葉が紹介されている。漱石が通った大学予備門の校長であった杉浦重剛は第二代の東亜同文書院院長にもなった大陸問題に関心の深い人物だが、漱石が尊敬する先生でもある。漱石の革命家を彷彿とさせる言葉は師の影響かと思いながら、杉浦重剛と盟友の頭山満も孫文の辛亥革命を支援し、浪人であった宮崎滔天も支援している。妙な人間関係に驚くが、著者はお構いなく、九州の風土を楽しみながら、純粋に文学の世界に浸っている。
 本書には文学作品だけではなく、福岡県久留米市が生んだ画家、青木繁についても記されている。若くして亡くなった青木繁に子供がいたことは不覚にも知らなかったが、音楽家で料理研究家の石橋エータローが青木の子孫になることを初めて知った。才能はやはり、血となって流れていることを認識させられるものだった。
 どこから読んでも、どのようにでも読み解くことのできる一冊だが、軽妙なタッチで、それでいて、呑ん兵衛にはより親しみを感じるものだった。
 日常、一冊の本を読了することで他者よりも知ったかぶりの優越感に浸るが、さらに、奥底にある作者の真髄に触れるには現地を歩くことが大事と教えられた気がする。やはり、地の気、風、水に触れて作品を読みこなさなければ、本質には迫ることができないということである。
 繰り返しになるが、なんと贅沢な書評の旅なのだろうか。
 こういう旅に「あくがれて」しまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/25 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。