サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社新書
  • サイズ:18cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-11226-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか (祥伝社新書)

著者 若宮 健 (著)

全盛期には日本と並ぶ店舗数を数えた韓国で、2006年にパチンコが全廃された。なぜ韓国ではそれができ、日本ではできないのか。韓国に何度も足を運び取材した著者が、日本と韓国の...

もっと見る

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか (祥伝社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全盛期には日本と並ぶ店舗数を数えた韓国で、2006年にパチンコが全廃された。なぜ韓国ではそれができ、日本ではできないのか。韓国に何度も足を運び取材した著者が、日本と韓国の対照的な姿を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若宮 健

略歴
〈若宮健〉1940年秋田県生まれ。ジャーナリスト。損保代理店の経営、タクシードライバーなどを経て、著述、講演に活躍。著書に「タクシードライバー千夜一夜物語」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

テーマは興味深い。しかし、出版物としては稚拙。

2011/02/17 23:34

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フリージャーナリスト若宮健著。

内容は、日本においてパチンコを法律で全面禁止にすべき、という著者の持論を展開したもの。

より具体的に述べると、日本以上にパチンコの盛んであった隣国の韓国においては、その有害性から1996年にパチンコ(韓国ではメダルチギという)が法律により全面禁止となったことを引き合いに、日本においては、パチンコは法律上賭博という扱いではないため禁止されておらず、近年、パチンコ依存症の人間が増大していることへの問題提起がなされている。


一般的な感覚からするとパチンコは賭博の一種であるという認識を持つ人が多いものと推測されるが、私自身、この本を読むまでは「パチンコは賭博以外のなにものでもない。合法賭博だろう」程度の認識しか持ち合わせていなかった。しかし、実態はともかくとして、法律上、その認識は正確ではないことを本作を通じて知った。
(余談だが、本作読了後に調べてみたところ、日本におけるパチンコは風俗営業にあたり「設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」という位置づけにあることが分かった。
パチンコが風俗営業とされる根拠は、「パチンコにより得られるものはあくまで景品であり、直接に金銭を得られるわけではない」という点にある。しかしながら、得られた景品を交換所で換金する等の迂回換金行為が可能であることを踏まえると、建前的な解釈をされた存在であることが理解できる)



パチンコの合法性・違法性の議論については、ここでは置くとして、著者が本作によって訴えたい内容を解き明かすと、それは極めて単純な内容となる。
即ち、冒頭に記したとおり、「日本もパチンコを全面禁止にすべきだ」というものだ。

本作の最大の特長でもあるが、良い意味で主張が単純で分かり易い。

近年、パチンコを巡るトラブルが社会問題化しており、パチンコにのめり込んでしまい、気づけば自分では抜け出せなくなってしまうという「パチンコ依存症」の問題などは典型的な例だろう。
著者は本作の中で、「パチンコ依存症については、日本人はとかく依存した人間が悪いという認識を抱きがちであるが、実際のところ、パチンコは麻薬のようなものであり、本人にその気がなくとも射幸心を煽られ、気づけば依存症になってしまうという極めて強い習慣性・危険性を孕んでいる」という主張を行っている。
私自身は全くパチンコを嗜まないため、この主張がどの程度正当なのかについては、真の意味では判断がつきかねているものの(実際にパチンコを巡って様々な事件が起きているのだから、全くの無根拠ではないだろうが)
、いずれにせよ「問題提起」という点では、大変興味深い作品だと感じた。

少なくともこれまでに、パチンコにかかる周辺国の取組状況や、パチンコの有害性に関して、ここまであからさまに訴える作品を目にしたことはなかったため、今まで自分にはなかった視点を持つことが出来たという点で、本作は有意義な作品であったと思う。
全く歯に衣着せず、堂々と正面からパチンコを面罵する姿は、清清しいと表現しうるほどだ。一般書籍において、ここまで何かを面罵している作品というのも珍しいといえば珍しい。


逆に最大の難点は、致命的なまでの著者の文章力・構成力の欠如、そして、各主張の不明瞭な根拠にあると言えるだろう。

正直なところ、読み物としては、相当にレベルの低い作品であると断言せざるを得ない。
フリージャーナリストという肩書きの割りに、他人に何かを正確に伝えるという技量に乏しく、また、展開されている持論についても、その大半が著者の正義感や感情の発露としか表現し得ない主観の塊であり、客観性にも冷静さにも欠けている。
併せて、パチンコの「害悪」の証明として、各種統計や事件の存在、パチンコ被害者のコメント等が記載されているものの、例えば統計であれば引用元が全く明記されておらず(正しいかどうか分からない数字を元に持論を展開)、事件であれば報道媒体や時期が不明であり(実際の事件なのかどうか不明なまま「だからパチンコは廃止すべき」と一方的に主張)、パチンコ被害者のコメント等に至っては、どこの誰だか分からない人間の固有名詞だけが記されており(キムさんだとか、穂積さんだとか…。しかも、突然名前が出てくる)、そのコメントが実在人物のそれなのかすら全く判断が出来ない。
また、パチンコ擁護論者に対してであればともかく、積極的にパチンコ禁止を明言しない人物に対しても、一方的に批判しているところを読むと、流石に一読者としては引く。

著者が日本語に不自由していても、作品を読めば主題については大よそ予測が尽くし、実際に、何を訴えようとしているのかについては作品冒頭より明白なのだが、いざ具体的な事象に話が及ぶと、主張と呼ぶには余りに内容が穴だらけのため、思わず失笑してしまう。

「恐らくは」事実なのだろうと本作を読んだ誰もが推定できる反面、同時に「どこまで本当なのだろうか」という疑問をも抱いてしまう。

内容が興味深いだけに、書き手が執筆力のある人間であったならば、もっと話題を呼べただろうことが残念。著者を批判する意図はないが、編集サイドも出版前にせめて文章構成を整える助言くらいはした方が良かったように感じる。論文ではないから、様式にこだわりすぎるのも本末転倒であるが、これほどまでに拙さが目についてしまうのでは、読み物としては論外だ。


評するに、テーマは興味深い。話の焦点も面白い。しかし、出版物としては稚拙の一言。


なお、評価の「★★★」については、テーマだけであれば「★★★★★」のところを、読み物としては「★」のため、間を取った評価とした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良い本だと思うが、ちょっと空回りしている。しかし熱さはすごいし、問題意識にも激しく共感する。

2011/03/01 10:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 内容的には大変に薄く、また、言葉の選択方法には難があり、そして思い込みや偏見に満ちているところもある。
 
 しかし問題意識は間違っていない。「何かしなければ!」という焦燥感から書かれた、でも少し残念な気のする本である。しかし応援したい本でもある。
 
 この『なぜ韓国は』の質的ボリュームは溝口敦『パチンコ「30兆円の闇」』に遠く及ばず、『30兆円』のほんの一章分くらいの内容しかない。しかし「パチンコはとんでもなく悪いものである! パチンコがこんなふうになっている現状は駄目だ!」という、著者の思いの熱さ(厚さ)はその内容的な薄さを補って余りある。
 
 ギャンブル依存症やパチンコ依存症の問題については、『30兆円の闇』よりも『なぜ韓国は』の方が、踏み込んでいるというより、正面から問題にしている。『30兆円』では、たくさんある問題の中の見過ごせないものの一つという扱いであるのに対し、『なぜ韓国は』では「それこそが最大の問題だ」というスタンスであるように思える。
 
 実際には、パチンコの回りにはたくさんの問題が山積しているし、そして、どれもこれもが最大級の問題であるように思う。これらの問題を、途方に暮れるだけでなく、われわれはどう「課題」としていけるだろう。

 『パチンコ「30兆円の闇」』はもちろん、帚木蓬生『やめられない』との併読が望ましい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/02 16:06

投稿元:ブクログ

韓国でパチンコを全廃できたのに何故日本ではできないのだろうか。
その理由がこの本には記されている。
全ては金によるということです。金により廃止の動きは封じられている。それは政治だったりメディアだったり警察だったりするわけです。
とてもとても残念なことだ。

2010/12/12 00:23

投稿元:ブクログ

大枠で賛成。地方が活性化しないのは、パチンコ屋に金持ってかれてるからというのは納得。実家帰ったらパチンコ屋のCMばっかだもんなぁ。

2011/01/22 06:29

投稿元:ブクログ

まずタイトルで惹かれたんですが、「知らなんだ。へぇー、そうなんですか・・・」という単純な驚きから始まって、こういうことを日本のマスコミが全く話題にしない、というのは確かに問題ですね。

パチンコ産業も、いまや20兆円ですか!?
金が動くことが経済だ!という誰かさんの高説があった。確かにそうなんだろうけれど、このお金の使い方は間違っているんじゃないか?という気はする。

酒酔い運転による交通事故死や、いじめによる自殺など、過剰報道するくらいなら、本書でいうところのパチンコ被害の報道がもっとあってしかるべき。

まぁ、とは言っても、パチンコ好きな連中は自分の身の回りにもたくさん。趣味として楽しんでいる人も居るのだから、本書でいうところのパチンコ被害者が一体どのくらいあるのか、、、個人的にはほんの数人ですが心当たりないわけではありません。ただ、そういうのも、10年くらい前までだったら、本人の自覚の問題として、あっさり切り捨てられてしまっていた問題でしたからねぇ・・・

(2011/1/17)

2011/02/09 23:10

投稿元:ブクログ

パチンコを徹底的に摘発した韓国の事例を紹介し、日本におけるパチンコの害悪を検証する本。なんだが、パチンコ=依存症を生む絶対悪という構図がまずありきで書かれていて、データを用いた検証ほとんどなされていない。パチンコ依存の人からのメール等が紹介になっているんだが、そういった一部の事例を一般化していいのかが全く検証されてないので、読者は判別出来ない。その意味で、とても不満の残る出来の本。

さらに韓国との比較では全く関係ないマナーの話が出て来たりして、不要としか思えない煽りが目立つ。韓国では疑獄事件からパチンコ廃止の報道や世論の盛り上がりを招いたのだから、警察当局との癒着あたりに切り込むべきだと思うんだが、それすらも全くなされていいない(警察当局とパチンコ団体の関係はわずか1ページしかない!)

パチンコが依存症を産むことはわかったが、私の周りにはこづかいの範囲でパチンコを楽しむ既婚者も何人もいる。彼らの楽しみを奪うことは本当に正しいのか?正当化できるだけの害悪をパチンコは社会にもたらしているのか。そのあたりの検証が甘く、筆者のパチンコ=絶対悪という想いが空回りしているのがとっても残念な本。

ちなみに私はパチンコやパチスロに数回行ったことがありますが、座って玉を眺めているのがあまりに退屈だったので、今後やるつもりはないです。

2013/05/23 19:02

投稿元:ブクログ

過剰に見える礼讃はリップ?ハンド?サービスでしょう。それでも韓国が2006年にパチンコを全廃した事実は不変。(現在は違う問題の対応に追われているようですが) 日本におけるパチンコの問題点を知る入門書として。

2012/02/27 21:24

投稿元:ブクログ

10年前に読みたかったなー。
これだけ国内に跋扈していて、なくならないのにはきちんと裏があるわけね。
累積いくらもってかれたことか。。。

2011/02/11 00:24

投稿元:ブクログ

書かれているデータは間違いないのだろう。
ほぼ、筆者の主張には同意する。
ボクの記憶では、まだ、椅子のないパチンコ屋もあった。もちろんハンドル式。手で弾くのには体力的な限界もある。パチンコとはそうあるべきものだったのだ。
この本を読むまでもなく、テレビの過剰なCM等には、常に苦々しく思っていた。
パチンコは全廃するしかない。

2011/03/23 08:02

投稿元:ブクログ

■ギャンブル
1.日本が、パチンコを禁止できない一番の理由は、政治家たちが献金に目がくらみ、業界を擁護しているから。
2.パチンコは「賽の河原」のようなもの。
3.「顔認証システム」で客は操られる。
4.パチンコ店は機械の入れ替えを行う際には、所轄警察署に変更承諾申請を行う必要がある。
5.女性はギャンブル経験がないこと多いため、依存症になりやすい。
6.民主党のあきれ果てたプロジェクト:「パチンコ支援プロジェクト」
7.「立てばパチンコ、座れば麻雀、歩く姿は馬券買い」
8.海外の人からみると、日本では駅前にカジノがある。

2011/08/16 10:53

投稿元:ブクログ

パチンコ店の駐車場の車の中に子どもを閉じ込め、日射病で亡くなった・・との痛ましい事件を思い出しました。
人の射幸心を煽り、単なる時間つぶしの遊びといった程度ではなく、パチンコ依存症になり果ては生活破綻まで引き起こしている現実。なのに日本の行政は何も動かない。「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」・・大きな課題を推し進めたのは、「国民の幸せにはならない」からです。
勿論、抵抗とその代償は少なくなかったけれど、なんと清々しいことか、と思いました。

日本の「カジノ」議論など、これを読めば絶対に導入してはいけないことと考えます。

2010/12/10 08:13

投稿元:ブクログ

 本書で取り上げられている、「韓国では社会に有害であるとしてパチンコを全廃した」という事実は知りませんでした。

 韓国との対比で日本ではパチンコ業界と政治が癒着していて全廃などできない、ということがパチンコ業界の歴史や分析とともに語られる、と思いましたがその点の深掘りは無く、

 「パチンコを廃止した韓国はすばらしい、日本はダメ」という浅い議論に終始してしまたったように思えます。

 著者が実際に触れた方々のことを中心に書いておられますが深く切り込んでいく取材をした感じも受けませんし題材からすると非常にもったいない本の書き方をされたと思います。

2010/12/25 23:54

投稿元:ブクログ

タイトルにまでした韓国の成功事例の記述が薄すぎる。もっと突っ込んだレポートが欲しかった。そして著者の観念論が強すぎる。テーマは凄くいいのにこの内容では尻切れトンボ。小泉政治を持ち出すのはあまりにも無理がありすぎ。3分の1くらい読んだ辺りからだるくなってきた結果飛ばし読みしまくり…パチンコは僕も嫌いなので期待して読んだけど、ハズレだったなあ。

2011/04/04 10:34

投稿元:ブクログ

学生時代、パチンコ店でのアルバイトで生計を立てていた身として興味あり拝読した。毎日営業終わりに札束を勘定する店長を見ていると、とても勝てるような気がせず自分がやることは無かったが、他のバイト仲間のほとんどはパチンコ好きであった。そんな彼らの心情は分からないでもないし、店で毎日負けて帰るおばちゃんを見言いようの無い背徳心を感じていたが、同様の気持ちを持って働いている人がいることをこの本で知って、多少救われた気になった。この著書のタイトルの意味を裏返せば、なぜ日本はパチンコを全廃できないのか、だが、官民一体となって擁護にとりくんでいる実情を、朝令暮改するようにはいかない。ただ、この著書の投じた小石が、徐々に大きな波紋となって、日本を変えて行くことを祈るばかりだ。

2011/02/12 22:48

投稿元:ブクログ

韓国ではノムヒョン大統領の甥や側近が変造機械の不正許認可に関連し、贈収賄事件が起きたために、パチンコ廃止論が沸騰した。かたや日本はどうか。2009年時点で、21兆円産業、1720万人が来客したパチンコ産業(重複含む)。21兆円というと、世界の半導体産業と同レベル。対象は主に低所得者で、主婦、生活保護自給者、肉体労働者等。新聞やテレビ等のメディアは高額の広告費を得るために、パチンコがもたらす地域社会の荒廃や自殺者、債務者を取り上げず、政治家はその業界にむらがって金をむさぼる。パチンコ業者数十社から構成される「パチンコチェーンストア協会」には、民主党34名、自民党11名、公明党3名、無所属2名が群がる。(2010年10月時点)

法的にみれば明らかに非合法なギャンブルを、静観している姿はいかなるものか。どの駅前にもパチンコ屋があり、そこに出入りする主婦の姿をみて育つ子供の心境を考えたらいい。こんな国は世界にはない。カジノ合法化法案が昨今問題になっているが、さてはて、まずはパチンコをどうにかしてほしい。もし法案を通すにしても、秩序ある形に再編すべきではなかろうか。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む