サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 亜紀書房の通販
  6. 災害ユートピア なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

災害ユートピア なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:20cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1023-1
  • 国内送料無料

紙の本

災害ユートピア なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか

著者 レベッカ・ソルニット (著),高月 園子 (訳)

困っている人に手を差し伸べる、自分のやれることに精を出す、見ず知らずの人間に寝食を提供する…。災害が起こったときに現れる「ユートピア」はなぜ日常に生かされないのか。地震や...

もっと見る

災害ユートピア なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

亜紀書房翻訳ノンフィクション第1期 13巻セット

  • 税込価格:32,508301pt
  • 発送可能日:1~3日

亜紀書房翻訳ノンフィクション第1期 16巻セット

  • 税込価格:38,880360pt
  • 発送可能日:購入できません

亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ 9巻セット

  • 税込価格:23,544218pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

困っている人に手を差し伸べる、自分のやれることに精を出す、見ず知らずの人間に寝食を提供する…。災害が起こったときに現れる「ユートピア」はなぜ日常に生かされないのか。地震や爆発事故、テロなどを詳しく検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

レベッカ・ソルニット

略歴
〈レベッカ・ソルニット〉ノンフィクション作家。全米批評家協会賞、マーク・リントン歴史賞、アメリカン・ラナン文学賞を受賞。著書に「暗闇のなかの希望」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

2011年、私たちは...

ジュンク堂

2011年、私たちはこの本にあるような「特別な共同体」を経験した。
今こそ自分たちの、コミュニティの可能性を見つめなおしたい。

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

 先の大地震に関する...

ジュンク堂書店福岡店さん

 先の大地震に関するニュースが連日報道される中で、被災者のみなさんの冷静な対応が各国から称賛されている、というニュースがあった。
 多くの人が、大災害・戦争といった有事のあとには、被災地には秩序がなくなり無法地帯となる、と考えやすい(パニック映画などはたいていこういう状況を描くものだし)。しかし実際はまったく逆で、むしろ今まで以上に秩序的な相互扶助の共同体が生まれるのだと著者は語る。
 むしろ問題なのは、高みの見物よろしく遠くから見ているだけの指導者や安全な場所にいる人々、メディア。そういう人たちは被災地の状況を知りもせず、誤った判断や指示をしてしまうことがある。暴動が起きるのではないか、とか無秩序状態になるのではないか?といった妄想に取り憑かれた人々によって、被災地はよけいな被害を被ってしまうことがあるのだ。
 あれ?それって今の日本の状況にも似ているな?って思ったらぜひこの本を。
 この本を読んでると、災害ユートピアの精神が行政組織にもあれば…と思わずにはいられない。
 

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

災害を乗り越えることで 未来が拓けるか

2011/05/28 10:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東日本大震災を念頭に置いて本書を読んだ。


 今回の震災において、日本人の冷静な対応ぶりが世界で評判となった。しかし、本書を読む限り、震災時の市民の互助利他的な対応は日本の特許ではない。本書で展開される世界各国での同様の対応には人類が持つ「社会資本」というものが見える。新自由主義や経済合理性からでは理解できない人間の一つの強さがそこにある。「自分にとっての最適な経済活動」を本能的に取る動物が人間だという考え方から、今回の震災時の市民の対応は説明不能である。
 


 一方、災害時のエリートが見せるパニックという視点は大いに勉強になった。

 エリートから見ると、災害とは自分の既得権=権力が失われる重大な危機であり、パニックを起こすという図式は今回の震災からも見えてくる。
特に福島原発を巡る各種混乱は、このエリートパニックという観点で見ると良く理解出来る。原発関連のエリートにとって救助すべき対象は退避している福島県民や農水産業を含む環境問題ではない。それは「自分の地位」なのではないかと感じてしまう場面が多くないか。

 但し、現場の「エリート」がパニックを起こしているか。具体的には自衛隊、警察の方を意味するわけだが、メディアを見ている限り、今回の震災で彼らが暴挙を働いたという話はない。これは本書が最後に大きく取り上げているニューオリンズのハリケーンカトリーナの事例と大きく違っている。世界が称賛しているのは、案外現場エリートの沈着な対応なのかとすらちょっと考えた程だ。



 日本の社会は閉塞している。赤木智彦という論者は「戦争になる方が良い」とすら語った。戦争になれば、今の固定化された社会が液状化し、弱者のチャンスが来る可能性が、現在より大きくなるだろうという期待だ。

 今回の震災は戦争ではない。しかし、日本の社会を液状化させる可能性は秘めている。災害を奇貨と出来るかどうか。それこそが震災が起きてしまった日本の力である。


 人間は災害をきっかけに成長してきた。それも本書のメッセージだ。日本は災害が多い国だ。災害が多かったからここまで成長してきたのかもしれない。であるなら、今回の災害をどう克服するのか。それが本書を読みながら絶えず突き付けられた質問であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

災害時の「ユートピア」とそれを破壊するひとびと,そして日本とアメリカなどとのちがいをかんがえさせてくれる

2011/05/13 23:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災における被災者の秩序だった行動は世界に感銘をあたえた. しかし,この本は災害時にはおおくの場所で,たがいにたすけあい,自分がもつものすべてを他人にあたえ,金銭が機能しなくなるユートピアのような状態が生じると主張している. 例としてとりあげられているのはハリケーン・カトリーナやサンフランシスコ地震や 9.11 などだ.

それとともに,被災者への不信感をもつマスコミやエリートたちがそういう世界を破壊する行為をすることを主張している. 軍隊や警察が窃盗をはたらいていないひとを射殺したり,こわれていない家を破壊したり,避難やボランティアをさまたげたりするという. アメリカで被害にあうのはおもにアフリカ系アメリカ人であり,ふだんはおさえられている偏見や差別が顕著なかたちであらわれる.

日本と海外の市民にちがいがあるからではなくて,日本ではそういう対立関係がないことが,略奪や殺人のデマの発生をおさえ,カトリーナやサンフランシスコ地震などとのちがいにつながっているのではないだろうか. 400 ページをこえるこの本は,そういったことをじっくりかんがえる時間をあたえてくれる.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/23 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/25 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/03 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/14 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/22 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/15 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/16 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/19 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む