サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. GIGAZINE未来への暴言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

GIGAZINE未来への暴言
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-330871-8
  • 国内送料無料

紙の本

GIGAZINE未来への暴言

著者 山崎 恵人 (著)

ニュースサイト『GIGAZINE』編集長が、サイトから見えてくる世界の形のほか、今後どのような変化がネットを中心にして巻き起こるのか、個人とネットと社会と世界の未来の姿と...

もっと見る

GIGAZINE未来への暴言

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュースサイト『GIGAZINE』編集長が、サイトから見えてくる世界の形のほか、今後どのような変化がネットを中心にして巻き起こるのか、個人とネットと社会と世界の未来の姿とはどのようなものなのかを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山崎 恵人

略歴
〈山崎恵人〉関西学院大学経済学部卒業。株式会社OSA代表取締役。2000年からニュースサイト『GIGAZINE』を運営。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

暴言でも提言でもなく、魚拓

2011/03/08 21:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

Gigazineはほぼ毎日拾い読みをしているし、速報性や着眼点には好感をもっている。ではそのサイト編集長が書く「暴言」とはなんだろうと(最初は目の錯覚で「提言」だと思ったことは正直に白状する)、書名に興味を持ったので読んでみた。

結果として暴言というほどのものは見あたらなかったし、全体の8割以上は何の苦労もなく頭にはいったので、もしかするとわたしは著者が想定する読者ではなかったのか…と、あとがきに進めば、"未来に希望を持てない若者に希望を与えたい、ネットに対して反感だけを抱いている人にいい面を知ってほしい"といった思いがこもった本だったそうである。

…いや、動機はともかくとして、実際はそうだろうか。これを読むのはすでにネットと日常(もしくは人生)を切り離せない人々のような気がする。反感だけを抱いている人が読んでおもしろいとは(そもそも手にとるとすら)思えない。これは提言でも暴言でもなく、この10年分くらいのネット社会をそのまま凝縮させた本として価値がある。著者が誰かに何かを投げかけるというよりは、ネットという生きものをそのまま描いた本のように感じる。

おもしろいと思った見出しをいくつか紹介。
++++++++++
P.101 入試の時にパソコン持ち込み可・インターネット可であれば大学の教授はどういう問題を作るのか?
P.141 10人中9人に嫌われてもいいから残りの1人に興味を持ってもらう
P.245 インターネット上に出現する国家のカタチ、領域・人民・権力
++++++++++

世の中を動かし法律を作る側の人間(ある意味で旧世代)は、既得権益の中に暮らしインターネットの必要性を持たないことを著者は指摘している(例P.240)。だが世の中は数年単位で状況が変わり、古い法律がカバーする範囲を大きく超えた状況もしくは想定していないことが日々発生する。

そうした旧世代側にありがちな反応として、生理的な嫌悪感をもって新しい側を悪とすることがじゅうぶんに考えられ、摩擦や激突は避けられない。そしていったん「これは悪」の法律を作られ施行されてしまったら、あとから覆すことにはたいへんな努力と犠牲が求められる。あるいは新しい法律でなくとも、現行法の解釈で悪の目で見られたら(本文中の事例で書くならWinny裁判、わたし個人が気になる例としては岡崎市立図書館のシステム不具合が個人による犯罪と誤認された件)、その期間中に当事者が奪われる膨大な時間と気力は、想像すら困難な苦痛をともなうものだろう。

インターネットは日々動いている。人を動かし、政治を揺るがし、国家を変えることもある。本書はある意味で、ネットという生きものを活字にうまく写した魚拓だと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/26 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/26 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/13 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/07 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/01 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/11 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/12 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/27 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/23 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む