サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53583-8

紙の本

晴れた日には鏡をわすれて 改訂新版

著者 五木 寛之 (著)

誰もが眉をひそめるような容貌をもつ牟田口アカネは、二十一歳にして人生に失望していた。隠岐の島後にある民宿で働いていたアカネは、クサカゲという客に得体の知れぬ運命を感じる。...

もっと見る

晴れた日には鏡をわすれて 改訂新版

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰もが眉をひそめるような容貌をもつ牟田口アカネは、二十一歳にして人生に失望していた。隠岐の島後にある民宿で働いていたアカネは、クサカゲという客に得体の知れぬ運命を感じる。クサカゲは人間の外見を自在にかえ得る、世界的な形成外科医であった。彼は自らが死を希求していることを打ち明けた上で、途方もない計画をもちかけた。アカネは断崖で自殺を装って姿を消す、自ら選んだ容貌にかえた後、別人として新たな人生を生きるのだと—。究極のラブ・ホラー!「整形して美女になったわたしは、幸福をつかめたか」。五木寛之の恋愛冒険小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

誰もが眉をひそめる容貌をもつ21歳のアカネは、人生に失望していた。だが、働いていた民宿で出会った世界的形成外科医クサカゲに途方もない計画をもちかけられ、自殺を装って姿を消す。別人として新たな人生を生きるため…。〔初版:角川文庫 1995年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五木 寛之

略歴
〈五木寛之〉1932年福岡県出身。早稲田大学露文科中退。「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞、「青春の門」で吉川英治文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ずっと違和感を抱いて読んでいました

2019/12/15 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとあり得ない設定の小説です。そしてラストは予定調和的な感じもしました。ちょっと展開が急過ぎて、付いていけないというか、ずっと違和感を抱いて読んでいました。言いたいことは分かりますが。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/23 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/17 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/10 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/01 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/26 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。