サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 103件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 文溪堂
  • サイズ:22×28cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-89423-707-0
絵本

紙の本

バムとケロのもりのこや

著者 島田 ゆか (作 絵)

バムとケロがもりのなかでみつけたふるいこや。ここをきれいにしてふたりのひみつのこやにしよう。【「BOOK」データベースの商品解説】【MOE絵本屋さん大賞第1位(第4回)】...

もっと見る

バムとケロのもりのこや

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

バムとケロのなかまたち 7巻セット

  • 税込価格:11,110101pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バムとケロがもりのなかでみつけたふるいこや。ここをきれいにしてふたりのひみつのこやにしよう。【「BOOK」データベースの商品解説】

【MOE絵本屋さん大賞第1位(第4回)】ぽかぽかあたたかい木曜日。近くの森に木いちごをつみに行ったバムとケロは、つる草に覆われた古い小屋を発見。だれも住んでいないので、2人の秘密基地にしよう! まずは掃除と修理をして…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

島田 ゆか

略歴
〈島田ゆか〉東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。パッケージデザインなどを経て、フリーに。絵本に「バムとケロのそらのたび」「バムとケロのさむいあさ」「バムとケロのおかいもの」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

 みなさま、首を長く...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 みなさま、首を長くしてお待ちになられていた
バムケロの新作が出ました、実に12年ぶりです。
 
今回は子供ならみんな大好き秘密基地のお話。
ボロ屋をみんなできれいに修復していきます。
 
そして、またまたやってくれました!カイちゃん。
その天然さは健在(笑) 

今回も、他の作品からの引用が巧みにされていて、
これはケロちゃんが市場で買った布だよ!
とか大人が忘れているシーンも子供はよく覚えています。
 
最後にこみみさんやら、ぷるどちゃんやら
色々なキャラクターも出てきて、
これは「おかいもの」の市場にいたね、とか
「うちにかえったガラゴ」に出てきたね、
と子供と探しっこしてみたら楽しいと思います。

鈴木朋

ジュンク堂書店広島駅前店

森の中で見つけた古い...

ジュンク堂書店広島駅前店さん

森の中で見つけた古い小屋。
誰も住んでないみたい・・・
ふたりのひみつの小屋にしよう!
と、思ってがんばりますが・・・
おなじみのバムとケロとゆかいな仲間がくりひろげる、
楽しいお話です。
サブキャラクターや、かわいい小物も登場。
一緒にさがしてみませんか?
児童書担当

みんなのレビュー103件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

すっかり忘れてた12年目の贈りもの。

2011/01/09 16:50

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なにげなく、シリーズ5巻目の最新作が発売になっておりました。
1999年に、バムとケロのシリーズ4巻目「バムとケロのおかいもの」が出て。それから、もう12年です。こちらは、すっかり待つのも忘れておりました(笑)。けれども、シリーズ最新作のこの絵本をひらけば、いつものバムとケロがいつものようにベッドからおきて、いつものように食べながら、少しずつふえる仲間とともに出かけているのでした。今回は、木苺つみにでかけてからの物語。そこで、木の上にある古い小屋を発見。それをきれいにかたづけ、皆で集まっての「星をみる会」までのテンマツです。細かい描きこみが、後半になればなるほど、またしても最初のページをもどって見直さなきゃ、と思わせる。それも、いままでどおりのお楽しみ。くもの巣がはって、枯れ葉が散乱する古い小屋の修繕では。ペンキを塗る際に、一面に床に敷く古新聞さえもが、なにやら登場人物?の記事になっていたり、ちらかしているのか、あたらしくしているのか、わからないような部屋の乱雑さは、いつもの見どころとなっております。その部屋に散乱する遊び道具が、いかにもありそうでないような、なさそうでもあるような不思議な空間を演出しているのでした。
こうしてストーリイをお話しても、とにかくも手にとってご覧にならなければ、ちっともわからないのが、この絵本の面白さの味わい。まるで楽しい間違い探しのようでもあります。つぎの巻が登場するまで、さて、この絵本のシリーズをまとめて見直すといたしましょう。そのうちまた、本棚で、次の巻が出るまで何年も、埃をかぶることになるのだろうなあ(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

【コレクション向】【枕元で読みきかせ・幼児~小低】人気の絵本シリーズ、バムとケロの世界では、前作『バムとケロのおかいもの』の水曜日から、この本の木曜日に移るまでに12年もの時間がかかりました。絵本って、手間をかけて作られるべきものですよね。古くてボロボロの森の小屋を、くせのある雑貨とおいしいおやつ、バムケロワールドの愉快な仲間たちでいっぱいにするまでの秘密の場所づくりのお話。

2011/01/10 17:34

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「バムとケロ」は思い出深い絵本シリーズです。10年前、保育園に通っていた息子と、全4冊をなめるように眺めて絵探しをして楽しみました。その話を聞きつけた園の先生に、「子どもたちに見せてあげたいので持ってきてほしい」と頼まれ、初めに1冊持っていったところ皆に大人気となり、すぐに残りの3冊も持っていきました。
 なかなか返却される気配がないので、その4冊を園に寄付し、新たに4冊を買い直したのです。

 残る3冊を園に持っていった時、「バムとケロ? 続きを持ってきてくれたの?」と、絵本などふだんは見向きもしないようなわんぱくな男の子が目を輝かしてとびついてきました。いたずらや突拍子もないことばかりをしているケロちゃんが気に入っていたのか、かわいいというよりは奇妙なキャラクターたちばかりが出てくるのが気に入っていたのか、何に子どもたちが惹きつけられていたのか、今でもよく分かりません。
 けれども、大人の自分が、「バムとケロの家にあるカレンダーに、あの時のあのキャラが描かれているじゃないか」「このフライパンはあの時に買ったものだ」「この色のカップは、こっちのページではどこへ行ったのか」と何度も何度も繰り返し眺めては飽きません。細部まで凝った楽しめる絵なので、子どもにとってどうなのかということは、もはや、どうでもいい気もしてきます。

 今回は糸電話、クモ、マトリョーシカ、ラジオなどが、絵さがしをして楽しめる要チェックのアイテムです。やはり、どれほど丁寧に眺めたつもりでも、一回では探し切れず、二度目、三度目にも新しい発見があり「あっ、ここにこんなものが描いてあった」と嬉しくなるのがこのシリーズの特徴です。どこに何を描き込むのか、それはそれは細かい絵柄を見て確認するだけでも大変なのに、これを細い筆で描いている人がいるかと思うと気が遠くなります。
 作家島田ゆか氏のカナダのアトリエの様子は雑誌「イラストレーション」で特集されていて、それが『絵本 作家73人の話』というムックにまとめられたようですが、緑多いところへ移住しての生活が、「森の中」という舞台設定に大きく影響したのかもしれません。

 このシリーズでは、ふたりの動き回る空間をどう面白く設定できるのかが、一冊ごとの仕上がりを大きく左右すると言えそうです。『バムとケロのにちようび』では、ふたりの暮らす家のリビングにお風呂にキッチン、屋根裏部屋、『バムとケロのそらのたび』では、バムのおじいちゃんの家に飛んで行くまでの奇妙な山やほら穴に海、『バムとケロのさむいあさ』では、家の裏の池とふたりの家、『バムとケロのおかいもの』ではいろいろなお店のある市場が舞台でした。
 『バムとケロのもりのこや』は、森の中に放置された小屋に手を入れていって、秘密の場所づくりをしようという設定で、空間がじょじょにバムケロ色に変わっていくというのが、とても素晴らしいアイデアだと思えます。
 その場所を片付けて修理していくのに、何でも屋のソレちゃんという新キャラクターが登場します。彼の乗り物やら道具、得意技やら習慣などのユニークさにより、ふたりの世界にまた広がりが加えられたことにも「なるほど」と感心させられます。

 日曜日の朝に始まった『バムとケロのにちようび』(初版1994年)は、5冊目の『バムとケロのもりのこや』(初版2011年1月)で木曜日を迎えました。少なくとも、あと金曜日と土曜日がやってくるのは待ってもよさそうで嬉しいことです。
 島田さんのご健毫(と言うのかしら)をお祈りしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気分は同窓会

2011/01/16 15:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よも - この投稿者のレビュー一覧を見る

 懐かしい!懐かしい!懐かしい!12年ぶりの再会ですね!!
 バムちゃん、ケロちゃん元気だった?と思わず声をかけたくなる気持ちでページを開き、次々登場するいつものメンバーに、すっかり自分もその中にはいって同窓会でもしているような気分になりました。
 親子で食い入るように眺めては楽しんだバムケロシリーズ。子どもたちもすっかり大人になり絵本を手にすることもなくなりましたが、今年最初の我が家のブームはバムケロの再燃になりそうです。

 あの時のあれ!がたくさん出てきます。あげたらきりがないですが、それを探すのがまたバムケロシリーズの醍醐味。前の本と合わせてまとめて見るのもとても楽しいです。カイちゃんは相変わらずだし(笑)新しい仲間のソレちゃんも登場し、もりのこやが素敵に変わっていく様子がバムケロファンにはまたたまらないと思います。あんな秘密の部屋が欲しいっ。愛着のあるグッズに囲まれ、おやつを食べて、最後は・・・オンパレード!!

 12年分まとめて楽しませてもらいました。「金曜日」と「土曜日」も首を長くして待ちますよお。次は孫に読み聞かせ(見せ)しているかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました!

2020/10/01 23:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

バムケロシリーズ最新作!!ついに木曜日のお話が出ましたね。今回も絵が細かいところまで最高です!!色使いもとてもきれい。お話も子供がちょっとドキドキワクワクするような内容になっています。3歳の息子も私も大好きな1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しい絵本

2018/11/06 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもが大好きなバムろケロのシリーズ。
絵が細かくて、隅々まで楽しめます。
登場する食べ物がとっても美味しそうなのも大好きなポイントです。
こんなこやを見つけてみたいなぁと、わくわくする絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お友達がいっぱい

2017/07/14 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

森の中で古い小屋を見つけたバムとケロ。キレイにして秘密の小屋にすることにしました。いまちゃん、かいちゃんも登場し、最後は他のシリーズに出てくる登場人物がいっぱい。それを探すのも楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秘密基地?!

2016/12/13 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供も大好きな秘密基地。秘密基地ってだけでワクワクしてしまいますね。他のシリーズ本ででてきたカイちゃんが今回も熱心に星の鑑賞をしていて、「バムとケロのさむいあさ」と同じ状態に…。子供も「カイちゃんまただー」と笑っていました。今回は森のお友達がたくさんでていて、指差してどうぶつの名前を言ったりと楽しく読んでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大笑いしてました

2016/12/13 06:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nabe - この投稿者のレビュー一覧を見る

小1の息子が気にいり、「これ読もうよ~!」と持ってきてくれます。
森の中に小屋を発見したバムとケロ。
ベルを鳴らすと・・・ベルが取れちゃった!!
息子は大笑いです。もう読んだことがあるので、「ほらね!とれちゃうんだよ~!!」と言いながら、大笑いです。
そんな風に各所で笑いながら最後まで読み、最後のページまで来たところで「お母さん、ガラゴ見つけた?」と隠れキャラクター探しが始まりました。
子どもといっぱい楽しい時間を過ごせる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい!

2016/08/28 00:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えびまもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

親子で大好きなバムとケロシリーズ。
相変わらず美しいイラストに惚れ惚れしました。細かいところまで工夫が凝らされているので、隅から隅まで眺めています。単純にかわいいだけじゃないキャラクターも味があっていい。次回作も楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秘密基地

2016/03/13 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰も使っていない小屋をみつけて、基地に・・・のワクワク感。それとは裏腹に掃除は面倒。でも、あわてず、うまく休みながらきれいに。普通ならうまく進まなくてあせったり、イライラするところだけど、そうならないバムってすごい大人だな~、人間(イヌですが)できてる。最後は皆で楽しく過ごしているのをみると、見習わなきゃって思わされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「バムとケロ」シリーズの最新作!

2016/02/06 08:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、島田ゆかさんの「バムとケロ」シリーズの最新作です(2016年2月現在)。この作品は森の廃屋をバムとケロが見つけ、それを秘密基地にすべくきれいに掃除をするのですが。。。。気づいてみると、なんとなんと。。。。絵といい、お話といい、大人も子どもも楽しめる島田さんの傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひみつ

2016/01/31 01:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

バムとケロたちがひみつ基地をつくります。
みんなでそうじして…これは盛り上がりますよね。
こどもってこういったことが大好きだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好きな本

2015/09/21 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかりっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供達が大好きなバムケロの本。
まだ子供達が字が読めなかった頃は、夜寝る前に読み聞かせ。
ひらがなカタカナが読めるようになった長男は今、自分で本を開けて読むようになりました。
来年には、長女も一人で読めるようになるかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秘密基地のような小屋

2017/03/11 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も、細かなところまで描き込まれていて、
1ページずつ、じっくり見てしまいます。
前作から知ってる小道具を探すのも面白い!
小屋の中の話なので、全体的に色のトーンが暗いのが気になるけれど、
それが秘密基地のようで良いのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コマ割り式絵本

2016/09/22 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーワード「ひみつ」

ひみつの小屋を見つけたバムとケロ。
仲間たちを呼んで、掃除や片づけをしたり、一緒に食事をして、また掃除して、と楽しく作業をするさまがにぎやかに描かれていた。

最後は「ひみつ」だった小屋は、仲間たちと過ごす小屋となる秘密でも何でもないオチもあったり。大人向けかも

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。