サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/487p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182763-9
新書

紙の本

燔祭の丘 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

『僕は—ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。一方、神代宗の話を聞いた蒼は、函館で京介を捜し歩き、20年...

もっと見る

燔祭の丘 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

税込 1,452 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『僕は—ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。一方、神代宗の話を聞いた蒼は、函館で京介を捜し歩き、20年前の忌まわしき事件を知る。次第に明らかとなる久遠家のルーツ。そして、父・グレゴリの狂気が京介を襲う!「建築ミステリ」の金字塔、ついに完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

謎の詩を残して姿を消した京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。一方、蒼は、函館で京介を捜し歩き、20年前の忌まわしき事件を知る。次第に久遠家のルーツが明らかになるが…。シリーズ完結。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

篠田 真由美

略歴
〈篠田真由美〉1953年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。専攻は東洋文化。著書に「琥珀の城の殺人」「アベラシオン」「緑金書房午睡譚」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

良くも悪くも、きちんと終わりましたよ。

2011/01/30 20:00

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 建築探偵桜井京介シリーズの最終巻。

 よくもわるくも、ちゃんと終わりました。
 うん、広げた風呂敷をちゃんと畳みましたって感じ。

 とはいえ、京介の父親に対しては、謎が、というより理不尽さを感じます。
 同時に、京介の妹の哀れさときたら…。
 女性キャラに対して、なんだかんだと冷たいよなと思うことが多かったけど、ここに極まれりって感じでした。
 ま、その分神代教授が、オヤジ化しててそれはそれで嬉しかったんですけどね。

 結局のところ、<親>にきちんと養育されなかった子供たちが、疑似親を得て<大人>になっていく物語だったのかと思います。
 つか、人の親となることで、人は人として成長していくということなのかもしれない。

 ともあれ、なんだかんだとすごく楽しませていただきました。
 ホント、トリックのための家じゃなくて、建築物としての家が、ミステリーのメインになっていたことが何よりもうれしいシリーズでした。

 ありがとうございましたm(__)m

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/18 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/11 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/12 02:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/05 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/18 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。