サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 次世代のビジネスリーダーに読んでほしいバイブル(仮) ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルームーン、ブルー(ショコラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 心交社
  • レーベル: ショコラ文庫
  • サイズ:15cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7781-1082-6
文庫

紙の本

ブルームーン、ブルー (CHOCOLAT BUNKO)

著者 夏乃 穂足 (著)

古い洋館に住むライターの堂園要は、満月を映す書斎の鏡から、過去の館に迷い込んだ。そこで自分の曾祖父である清巳と恋に落ちる。彼のため過去に留まろうとするが果たせず、絶望した...

もっと見る

ブルームーン、ブルー (CHOCOLAT BUNKO)

税込 627 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古い洋館に住むライターの堂園要は、満月を映す書斎の鏡から、過去の館に迷い込んだ。そこで自分の曾祖父である清巳と恋に落ちる。彼のため過去に留まろうとするが果たせず、絶望した要は自棄な生活を送っていた。そこに清巳そのものの容姿を持った遠縁の高階望が訪ねてくる。望は姿以外はまったく清巳とは違い、弟妹たちのために必死に働き、前向きに生きていた。要はその望の明るさに徐々に癒されていき—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジーです

2012/12/12 03:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

祖父の遺言で洋館を相続したフリーライター、要(攻め)と要の遠縁、望(受け)のお話です。
と、書きましたが、実際のところ要はタイムスリップして
若かりし頃の曽祖父、清巳と愛し合うのです。
満月の夜にだけ会える二人。でも時間の経過が違います。
要には一ヶ月でも清巳の世界では三年という年月が経っています。
清巳が若くして亡くなることが分かっている要はなんとか清巳と一緒に生きていきたいと願うのですが・・・
そう、前半部分はかなり切なくてありがちなお話だけどとても良い雰囲気だなぁと思いました。
後半、要は清巳とそっくりな望と出会います。
見た目は同じなのですが性格は全くの別人。
途中、清巳と望は同一人物だったのかも?!のようなくだりが出ては来るのですが、
やっぱり別人格。うーん、なんだかしっくりこなかった・・・
せっかく綺麗にお話が作ってあるのにここはやっぱり望は清巳の生まれ変わりにしてしまったほうが
かなり、まとまりのあるお話になったのではないかなぁ、と思ってしまいました。
なんだか読み終わった後もやもやーっとしてしまったので。
望の性格が清巳の性格と正反対っていうのも読んでてすごく違和感が・・・
けっこうがさつな物言いだったのがとにかく気になってしまいましたね。
顔だけ似ていればよいってことなら要の想いがどこにあるのか分からなくなってしまうし。
清巳の儚げさがよかったのになー。がっつり要と清巳だけのお話のほうがよかったかも。
なのでとても中途半端な印象がぬぐえないお話になっていると思いましたね。残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない

2018/09/30 19:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏乃さんの話は、合わないことが多いので用心しつつ読んだけれど、これは切なかったです。
特に過去の清己の想いが、現代編での日記という形で出てきたことにホロリと…。
攻めが前編と後編で別人のように性格が変わってしまっていて、少し違和感があったけれど、全体的には面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/21 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/09 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。