サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 怪しき我が家 家の怪談競作集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

怪しき我が家 家の怪談競作集(MF文庫ダ・ヴィンチ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者 皆川 博子 (著),南條 竹則 (著),東 雅夫 (編),福澤 徹三 (著),黒 史郎 (著),田辺 青蛙 (著),雀野 日名子 (著),朱雀門 出 (著),神狛 しず (著),宇佐美 まこと (著),金子 みづは (著)

どんな家にもその家の者だけが知る「秘密」がある。他人には決して漏らしてはならない「恐怖」がある。「土地」に塗り込められた過去、「建物」が秘めた記憶、「血」が受け継ぐ凶習。...

もっと見る

怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

596(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どんな家にもその家の者だけが知る「秘密」がある。他人には決して漏らしてはならない「恐怖」がある。「土地」に塗り込められた過去、「建物」が秘めた記憶、「血」が受け継ぐ凶習。斯界の大家から新進まで、多彩な顔ぶれによる怪しい家々の物語。『怪談列島ニッポン』『厠の怪』に続くテーマ別怪談競作集第三弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

釘屋敷 皆川博子 著 9−14
水屋敷 皆川博子 著 15−18
家が死んどる 福澤徹三 著 19−34

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

しまった、

2012/08/01 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MOG - この投稿者のレビュー一覧を見る

新作かと思って購入したら、「幽」で読んだ作品ばかりでした・・・

が、「家系」ホラーが好きな方には是非読んでいただきたいです。
読後感が後味悪くてお勧めです^^;

怪談は概してすっきりしないもの、オチは必要ないものですが、
どろっとしたものが心に残る感じです。

これぞ怪談。
一度読んだ内容だったので、★-1で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/01 00:49

投稿元:ブクログ

目玉であろう皆川博子氏の作品については、さすがに一定の水準は超えているものの、正直期待外れ、傑作とは言い難い、というのが個人的な感想。
他は、宇佐美まこと氏「犬嫌い」、金子みづは氏「葦の原」は強烈な存在感を示しているものの、それ以外に関しては、怖くない、面白くない、読後に何かを残すわけではない、と、ちょっとプロフェッショナルの作としてはいただけない。

2011/03/22 00:13

投稿元:ブクログ

(2011/03/21購入)(2011/04/1一部読了)

皆川博子の短編が読みたくて購入。
皆川氏の短編のみ読了。ほかの作品は、気が向いたら読む。

2011/11/22 20:21

投稿元:ブクログ

 家にまつわるホラー。

 いやあ、どれも怖かった。
 でもって、怪異や、怪異ともいえないものと向き合う人間のたくましさ。

 立ち向かう人には、ある種の愚鈍さが必須なのかなと思ったりしたのである。
 と、いうより強烈な自我か。

 うむ。
 怪異との戦いは、自我のせめぎ合いであるともいえるのかもしれない。

 と、そこが<我が家>だからこそ、人は決然と立ち向かうのだろう。
 自分のエリアを侵されることは、どうあっても許しがたいことだという象徴なのかもしれない。

 にしても、皆川博子氏は、相変わらず美しい。
 美しくて、怖くて、決然としている。凛々しいとさえ感じる。

 面白かった。

2011/03/03 20:59

投稿元:ブクログ

書店で平積みになっていたところ、表紙に南條竹則氏の名があったので買ってみた。可もなく不可もなくといった印象のアンソロジーだけど、編者東雅夫氏の「凶宅奇聞」が示唆的な内容で参考になる。

2011/02/24 20:28

投稿元:ブクログ

実話系の流れからなのか、どちらかというと落ち着いたというか、系統こそ違え英国の古典怪奇小説のような朧げな、雰囲気が何か妙な―程度の奇談が多かったような。読者視点となる登場人物にしても、妙に覚めているというか、怪異をすんなり受け入れてしまっているというか。
それこそ三津田信三の「家」シリーズや呪怨シリーズのような禍々しい、どストレートな幽霊屋敷ものが1篇くらいあってもよかったんじゃないかとも思う。

この競作集シリーズ、そして同レーベルの「怪談実話系」シリーズにしても、体験談や聞き書きなど実話風の体裁を取りつつも、そこにフィクションを巧く紛れ込ませる(あるいはその方向へ話を進めていく)ことで、読者に「どこまで実話でどこから創作なのか」と不安感を与える点が受けているんじゃないだろうか。
 恐怖体験者にとっては現実であっても、他人から見ればそれは非現実的な事柄であり、実話と創作の境界の危うさは即ち、読者にとっての現実と非現実の境界の危うさに通じているとも思われるので。


詳しくはこちら。
http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25

2011/07/28 23:18

投稿元:ブクログ

実話っぽい怪談よりあくまで創作の小説の怪談のほうが大好きだーとあらためて実感した。
てのひら怪談で読んでた作家が何人かのっていて感慨深い。

『うちな、ちからしらさんとこ、買うたんや』
(しばらく実話っぽい語り方の話が続いてぴんとこないなと思ってたら、これもそうかと思ったら!不気味で怖い。えげつない。勘弁してください。後味わるい。そういう類の良い話だった。)
朱雀門出「ちかしらさん」

逃亡など赦さない。この船は沈没しないのだから。
(一番面白かった。同じ作家のを探して読みたい。他人事っぽい軽やかさで読みやすいな、しかしスルーア?ようわからんがなんで出てきたんだ?と引っ掛かってたらガッと落とし所が。
深刻で愉快で怖い。大好きだ。)
神狛しず「悪霊の家」

(一番引き込まれて読んでどんよりした。節目ごとに最後に名前と年齢が出てくるのが暗澹とする。後半加速するのも寂しい。淡々と。おいてけぼり。)
金子みづは「葦の原」

2011/03/17 15:06

投稿元:ブクログ

家をテーマとした怪談競作集。自宅が怪異に襲われる、ってのは一番怖い状態なんですよね。自宅ってのは一番安全であるはずのところなんだし、逃げ場もないから。だからこそ、ホラーとしては魅力的です。
お気に入りは神狛しず「悪霊の家」。なんとも恐ろしそうなタイトルです。実際、恐ろしさもあります。しっかりとホラー。だけどなんとなくコミカルな印象も受ける一作です。

2012/06/11 09:48

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201206/article_3.html

2011/03/21 19:28

投稿元:ブクログ

山や川を追われた動物が住宅や民家を襲う事件が年々増えているが、追われているのは動物だけではない。幽霊もまた居場所を探して歩き回っている。そして、ここだというとこを見つけると、頑として動かなくなってしまう。そんな体験を作家が自ら体験して聴いて書く。自宅だからという理由で逃げようにも逃げられない恐怖が伝わってくる。考えると、こんだけの人が家についての怪談を見たり聴いたりしているのだから、これを読む人も少なからず同じような家であるかもしれない。