サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. 復刊ドットコムの通販
  6. 電波オデッセイ Vol.1 きみが消えてゆく速度よりはやくの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8354-4580-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

電波オデッセイ Vol.1 きみが消えてゆく速度よりはやく

著者 永野 のりこ (著)

電波オデッセイ Vol.1 きみが消えてゆく速度よりはやく

税込 1,320 12pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電波オデッセイ vol.1

税込 770 7pt

電波オデッセイ vol.1

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 110.1MB 無制限
Android EPUB 110.1MB 無制限
Win EPUB 110.1MB 無制限
Mac EPUB 110.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

電波オデッセイ 3巻セット

  • 税込価格:3,96036pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店藤沢店

待っていた人は多いは...

ジュンク堂書店藤沢店さん

待っていた人は多いはず・・・
待望の復刊です!!!

虐待、いじめ・・・
生きるのがつらいと思っている少年少女たちの何人かは
確実に救える作品だと思います。

とはいっても、よくある変に教育書クサい内容ではなく
作者もそういう少年少女と同じモノをもっていたからこそ描ける、
彼らの“内側”をリアルに体験する感覚・・・。

周りにそういう子がいる人にこそ読んでほしい。


藤沢店コミック担当

ジュンク堂書店千日前店

先日、待ちきれなくて...

ジュンク堂書店千日前店さん

先日、待ちきれなくて旧版でお薦めしてしまいましたが……。
復刊です。
遂に発売しました!
もう一度お薦めしますよ……!

辛い現実に対し妄想的存在を創り上げ、意識の転換を図ったひとりの少女。
彼女の破天荒な行動が起こす波紋によって浮き上がる、彼女や周囲の悩みや心の闇。

そして射す光。

イジメやネグレクト、拒食症。
学校や家庭、恋愛などの思春期の悩み。

「少年少女が抱える心の闇とその克服」という、少し重たいテーマを描いたこの作品。
「ドタバタなギャグ」という「道化性」でコーティングしたそれは、少し違いますがケアリング・クラウンのよう……だなんて少し言い過ぎでしょうか?

きっと今でもこの作品を大切にしている人は居て、そして今、この作品を必要としている子はたくさん居ると思うんです。

そんな、誰かの為に。
その手元に届き、目に触れますように。
だからこその復刊、なのかも知れませんね。

帯には「尾木ママ」こと尾木直樹さんのコメント付き。

教育に携わる方にも。
一度この漫画を手に取ってみては如何でしょうか。

(卯)

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おかえりなさい、オデッセイ!

2011/04/02 01:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AQUIZ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帰って来てくれないと困る本が、無事に帰って来てくれました。
「出版:復刊ドットコム」をご覧頂ければ、本作品を初めて目にされた方も経緯を想像できるのでは。残念ながら、一度は絶版になってしまった作品でした。
1995〜1999年に連載されていた、物凄く古いのでもなく、最近の…とは云えない時期の作品です。あまりに古くて入手困難と云う性質でもないわけで、残念ながら、埋もれて消えてしまったのです。
これが復刊された、と云う意味。
内容を知っているのは、当時の読者と、今でも繰り返し読み続けている永野のりこファン=「ナガノ者」が大半でしょう。旧版の単行本を当然ながら持っている(自分を含めた)人間です。
例え持っていようとも、この作品は新たな読者の手に届く場所にあって欲しいのです。
この作品中で描かれた、深刻な虐待やいじめ、主には少年少女の身に起こる様々な社会問題は、悲しい暗い出来事です。
こうしたテーマを感動的な悲劇として、当事者では「ない」読み手が上から見下ろして同情を振りまくためだけの作品を、永野先生は描かれません。
正に今、辛い場所、「みんな」から阻害された場所にいる当人が。
そして、そこから何とか抜け出したけれど、いつも「あの時」が背後にいる人々が、締め切った暗い部屋のドアを「ほんの少し」開けてみるだけの勇気を持てるような作品です。
本作や、永野先生のギャグが主体である他の作品さえも、長年、心の支えにしてきた「ナガノ者」が大勢居ると思います。どこか遠くの「暗い部屋の誰か」に届けたくて、この作品は帰ってきたのでしょう。

蛇足ながら、「ナガノ者」仲間の方々へ付け加えるとすれば、描き下ろしは何と12ページ。旧版をお持ちでも、ぜひ手に取りましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中学生の抱える問題と繊細な心

2013/10/19 01:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1995~99年に「コミックビーム」に連載されていた作品。
2011年に、全3巻で復刊された。

主人公の原純子(スミコ)は、中学2年生。
夏休みの登校日に登校せず、そのまま不登校が2カ月続いていた。
誰にも伝えることのできない、言葉にならない不安感に襲われ、部屋に籠る純子。
自室に籠りながら、ここではないどこかへ「帰りたい」と願う純子の前に、オデッセイと名乗る謎の人物が現れる。
彼は、純子が、地球に来ている「観光客(パッセンジャー)」だと告げる。
いつか彼方へ帰る日まで、心の中に「おみやげ」となるものを見つけるのだと。
心残りのないように「ここ」を楽しんでみたら、というオデッセイの言葉に納得した純子は、「おみやげ」を見つけるべくいろいろなものを観ようと、翌日から再び登校し始める。
「オデッセイ」は、純子にしか姿が見えず、またその声も純子にしか聞こえないという電波(?)のような存在。
だから、「電波オデッセイ」。
作品のテーマは、この年代の子どもたちの傷つきやすく繊細な心理だ。
そして、いじめ、自殺(願望)、ネグレクト、児童虐待などが取り上げられている。
登場する子どもたちは、皆それぞれにコンプレックスやトラウマを抱えており、心が不安定で落ち込んだり折れそうになったりする。
自我が確立されていず、「自分」に自信が持てないため、些細なことでも大きなダメージを受けてしまう。
壊れやすく感じやすい思春期の心理が、とてもよく表現されていると思う。
テーマは重いかも知れないが、そこにうまくギャグやコメディー要素を挟み込み、バランスを保っている。
そして、どれだけストーリーが暗く重い方向にいっても、必ずそこに明るい見通しと答えが示される。
いじめにあったり、トラウマに苛まれ落ち込んでいたりした子どもたちも、皆それなりに前を向いて立ち直っていく。
作者の優しい視点が感じられるところだ。
各学校の図書室に1セットずつ置いてほしい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/07 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/09 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/12 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します青年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。