サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 310件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-74897-5
文庫

紙の本

あの頃の誰か (光文社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ...

もっと見る

あの頃の誰か (光文社文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。名作『秘密』の原型となった「さよなら『お父さん』」ほか全8篇収録。

収録作品一覧

シャレードがいっぱい 7−84
レイコと玲子 85−148
再生魔術の女 149−180

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー310件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

バブル感が懐かしい

2017/08/15 11:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すべてが訳ありって、そそられますよね。
著者的に訳ありってだけで、どれも楽しく読める短編集です。
ただし、若い人にはちょっとバブルな雰囲気が理解しにくいかもしれませんんが・・・
あるホテル名に、にやっとした人もいるのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東野流訳あり物件

2011/06/21 23:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去に発表されたけれど書籍化されなかった短編集の寄せ集め(身も蓋もない言い方ですね、すみません)。著者曰く、本書に収録されているのは全て「訳あり物件」だそうだ。

メッシー、アッシー、ミツグくん(笑)。
バブル期を体感した世代でなくても、この三者の呼び名は耳にしたことがある。もはや文化遺産クラス級の、日本列島が浮かれていた時代。テレビで岡本夏生が当時の衣装を再現していたのを見たことがあるのだけれど、まるで仮装行列だった。あれで道を歩いていたっていうから、時代って恐ろしい。

その頃を舞台に描かれた『シャレードがいっぱい』から始まる本書。収録されている全てが、バブル期が舞台というわけではない。

それどころが、収録されている作品にまったくといって統一感がない。でも、それが逆にとても新鮮に感じられた。

東野氏の短編に対するわたしのイメージは「いい」。
でも、この「いい」は「良い」ではなくて、前に「どーでも」が付く(辛口すぎるかしらん)。

読まなくても読んでも、どーでもいい。良く言えば、とってもライトで読みやすい(だからすぐ忘れる)。時間潰しには最適だとは思う。だけど、それは同時に、時間がないひとが敢えて時間を割いてまで読む作品でもないという意味でもある。

と、エラソーなことを書いているわたしは、「楽しむ」ために本を読むので、重いものから軽いものまで、その日の気分で選ぶ。だから失敗も少なかったりする(ここ、自慢)。

最近の東野長編に慣れている―そしてそれを期待している―ひとが手に取ったら、がっかりする一冊かもしれない。

が、わたしにとっては面白い一冊だった。毒気もあって楽しい。特に(話は戻るけれど)バブル期の作品は時代錯誤で、本当に面白かった。


何度も言うけれど、「万人受け」はしない作品集。
でも、わたしは好き(東野短編で一、二を争うくらいに)。




『あの頃のだれか』収録作品
・シャーレードがいっぱい
・レイコと怜子
・再生魔術の女
・さよなら『お父さん』
・名探偵誕生
・女も虎も
・眠りたい死にたくない
・二十年目の約束

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/24 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/24 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/04 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/09 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/22 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/01 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/22 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/20 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。