サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03607-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ (光文社新書)

著者 宇都宮 徹壱 (著)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会、AFCアジアカップ2011を密着取材。Webサイト『スポーツナビ』連載をベースに、日本代表の“冒険”の終わりと始まりを克明に...

もっと見る

日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ (光文社新書)

税込 1,015 9pt

日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ

税込 907 8pt

日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 18.3MB 無制限
Android EPUB 18.3MB 無制限
Win EPUB 18.3MB 無制限
Mac EPUB 18.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会、AFCアジアカップ2011を密着取材。Webサイト『スポーツナビ』連載をベースに、日本代表の“冒険”の終わりと始まりを克明に再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宇都宮 徹壱

略歴
〈宇都宮徹壱〉1966年生まれ。東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。TV制作会社勤務を経て、ベオグラードで「写真家宣言」。「フットボールの犬」でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

年、あるいは十数年経ってから、2010年のW杯を思い出す時に、この本は貴重な記録になるのではないか

2011/02/27 23:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は写真家でありサッカージャーナリスト。国内外とも、大手のメディアが取り上げないテーマを中心に取材している。この本は、2010年の南アフリカW杯を開幕から閉幕まで取材し、webサイト「スポーツナビ」に日々綴られたレポートをまとめたもの。

 読んで一番印象的だったのは、南アフリカW杯を広い視点で捉えている本だということ。

 ひとつは、日本代表の活躍だけを取材しているのではない、ということ。開幕戦から決勝戦まで、多くのゲームを追っている。もちろん、この大会でベスト16という成績を収めた日本代表については、多くのページで言及されている。日本代表が戦った4試合をスタジアムで取材した方だから見えたもの、思えたことには、やはり臨場感がある。
 しかしその一方で、日本代表だけではなく、多くの国の試合に注目し、言及もしている。特に、日本とともにアジアの代表として参加した韓国、北朝鮮、オーストラリア(地理上はオセアニアの国だが、サッカーではアジアサッカー連盟に加盟している)、開催国南アフリカを初めとしたアフリカの国々などには、たびたび触れられている。このように、一定の視点に偏らずに様々なサッカーに注目しているため、各試合について比較的公平に(過剰な思い入れなく)記録されている。日本がパラグアイにPK戦の末敗れた試合についても、その結果を惜しみ、かつ日本代表に賞賛を送りながら、「あらためて今日のゲームを客観的に振り返れば、第三者からの『凡戦』という評価は免れないだろう」(p.235)と冷静に分析もしている。

 もうひとつ。サッカーの試合についてだけでなく、南アフリカでW杯が開催され、細かな問題はありながらも無事に終了したことの意味の大きさについても綴られている。アフリカ大陸でW杯が開催されることについては、「未開、貧困、紛争、飢饉、不衛生、犯罪、そしてエイズ禍、などなど。そんな、ネガティブなイメージばかりが先行していたこともあり、アフリカでフットボールの祭典が開催されることについては、当初多くのジャーナリストが懐疑的にならざるを得なかった」(pp.26-27)という。しかし、開幕戦を取材後、「試合の結果以上に、今日の開幕戦そのものが賞賛されるべきではないか。少なくとも私は、そのように考える」(p.40)と書かれている。そして、著者の1ヶ月近くに渡る南アフリカ滞在の様子を読むと、アフリカに対するネガティブなイメージは、ある一部が過剰に大きく取り上げられていたということが分かる。
 もちろん、なにからなにまで成功だったわけではない。強盗や盗難といった事件は発生したし、「基本的に公共交通機関が使えない」(p.30)という移動の不自由さや、チケットに関する行列を初めとした「現場の『仕切りの悪さ』」(p.44)には著者も遭遇したという。また、基本的に宿とプレスセンターを往復する生活だったようだが、そのプレスセンターの食事の残念さなども正直に書かれている。試合のない日に、街中で食事をしての感想は、「肉も魚も野菜も、食材は何でも安くて美味しい南アフリカ」(p.246)ということなので、余計にプレスセンターの残念さが印象的だった模様。
 しかしそれでも、南アフリカの人々の「『何とかワールドカップを盛り上げたい』という当事者としての強い想い」(p.345)を随所に感じたという。そして最後に、著者はこの大会を「アフリカのポテンシャルが試される大会であったと同時に、われわれ自身の勇気と行動力が試された大会でもあった。そして、幸いにしてこの大会に参加し、冒険を楽しむことができた誰もが『勝利者』であったのだと確信する」(p.358)と表現している。

 おそらく、数年、あるいは十数年経ってから、2010年のW杯を思い出す時に、この本は貴重な記録になるのではないか。そんなことを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/26 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/27 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/13 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/01 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/04 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/21 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/07 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/06 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。