サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「平成時代」を読む ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

岡本太郎新世紀
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:29cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-92179-3
ムック

紙の本

岡本太郎新世紀 (別冊太陽 日本のこころ)

戦後の日本美術界を疾走し、強烈で大胆な絵画と、衝撃的な伝統論で時代に風穴を空けた岡本太郎。初期から最晩年までの絵画とモニュメントの代表作をはじめ、伝記、旅のエピソード、エ...

もっと見る

岡本太郎新世紀 (別冊太陽 日本のこころ)

税込 2,484 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦後の日本美術界を疾走し、強烈で大胆な絵画と、衝撃的な伝統論で時代に風穴を空けた岡本太郎。初期から最晩年までの絵画とモニュメントの代表作をはじめ、伝記、旅のエピソード、エッセイなどを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

写真や図版とともに知る岡本太郎の生涯と作品群

2012/01/22 21:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡本太郎生誕100年を機に刊行された単行本やムックのうちの1冊。数ある中でなぜこの1冊を選んだのか、自分でもうまく言葉にすることができないのだが、印象的なのは表紙に感じるものがあったかもしれない。他の多くの本がカバーなどに使用している岡本太郎の姿は、比較的誰もが知っているテレビなどによく登場した中年から壮年の頃のものだったが、この『別冊太陽』は中年でも比較的若い40代前半の姿なのだ。
私たちが良く知る岡本太郎が、岡本太郎のすべてではないのは当然だが、それを年代を追って教えてくれたのがこの本の『PART1 アヴァンギャルドに生きる』だ。芸術一家に生まれ、ある種普通でない育てられ方をし、若くしてパリに渡り、第二次世界大戦後は日本で様々な活動に携わった岡本太郎の生涯を、その時々の作品や活動歴を写真や図版と共に解説してくれている。そこにあるのは、テレビで「芸術は爆発だ」と叫んでいた人とは全く異なるイメージでありながら、すごく共通する部分も垣間見える岡本太郎その人の姿だ。
この岡本太郎の生涯を記した章を中心に、今は渋谷駅にある「明日の神話」と題された作品の再生プロジェクトの話や、岡本太郎が日本の様々な地方の習俗などを訪ね歩いた記録のこと、岡本太郎に関するエッセイ、岡本太郎自身のエッセイなどで構成されて、本当にこれ1冊で岡本太郎を様々な角度から見ることができるようになっている。
おかげで、文章の1つ1つ、作品の図版1つ1つ、岡本太郎が撮った写真の1枚1枚に、いちいち立ち止まってしまい、時に考え、時におかしくなり、時に眺め直してということを繰り返してしまい、読み終えるのにやたら時間がかかってしまった。でも、そういう楽しみ方こそ、この『別冊太陽』の正しい楽しみ方のようにも思う。
2011年春に東京国立近代美術館に「生誕100年 岡本太郎展」も見に行き、その時の図録もあるのだが、この本はその展覧会の図録にも匹敵するような気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/15 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。