サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 自転車冒険記 12歳の助走

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自転車冒険記 12歳の助走
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02024-2
  • 国内送料無料

紙の本

自転車冒険記 12歳の助走

著者 竹内 真 (著)

昔、東京から日本海まで自転車で行こうとした父さんは、夜、道に迷っても北斗七星を道しるべにして走り抜いた。だから、僕の名前を北斗と名付けた。『自転車少年記』の昇平の息子・北...

もっと見る

自転車冒険記 12歳の助走

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「自転車冒険記 12歳の助走」が含まれるセット商品

10代からの文学 2012年セット 7巻セット

10代からの文学 2012年セット 7巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

10代からの文学 2012年新刊セット 7巻セット

10代からの文学 2012年新刊セット 7巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

昔、東京から日本海まで自転車で行こうとした父さんは、夜、道に迷っても北斗七星を道しるべにして走り抜いた。だから、僕の名前を北斗と名付けた。『自転車少年記』の昇平の息子・北斗が、はじめての、自分だけの旅に出た。【「BOOK」データベースの商品解説】

ひとりで、行けるところまで行ってみたいんだ−。12歳の少年は卒業式の翌日、ロングライドの旅に出た。「自転車少年記」の昇平の息子・北斗の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 真

略歴
〈竹内真〉1971年生まれ。群馬県出身。「神楽坂ファミリー」で小説現代新人賞、「粗忽拳銃」で小説すばる新人賞を受賞。ほかの著書に「カレーライフ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都BAL店

数々の青春小説を描い...

ジュンク堂書店京都BAL店さん

数々の青春小説を描いてきた竹内真。なかでも人気のあるのが「自転車少年記」です。
初めて買ってもらった自転車で坂道を下りきり、突っ込んだ垣根で生涯の親友に出会う。家出して、一晩かけて海まで走る。仲間と東京から日本海を目指し、自転車ラリーを開催する。自転車を相棒に成長していく昇平と草太の物語でした。
本書「自転車冒険記」は、なんと昇平の息子北斗が主人公なのです。まさか続編が出るとは!父親から自転車好きを受け継いだ北斗が計画したのは、小学校の卒業旅行に、東京・大阪往復の旅にをする、というもの。果たして、成功するのか?
頬を切る風を感じさせる1冊です。

京都BAL店文庫担当

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.8

評価内訳

2011/07/09 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/11 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/20 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/28 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/22 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/08 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/26 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/04 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/10 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む