サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 新IT時代への提言 2011 ソーシャル社会が日本を変える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新IT時代への提言 2011 ソーシャル社会が日本を変える
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • サイズ:21cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-870091-7
  • 国内送料無料

紙の本

新IT時代への提言 2011 ソーシャル社会が日本を変える

著者 アスキー総合研究所 (編)

「social(つながり)+生活システム」が、価値観とコミュニケーションスタイルを大きく変える! 各分野のエキスパート54人の提言を収録した、新IT時代を生き抜くためのナ...

もっと見る

新IT時代への提言 2011 ソーシャル社会が日本を変える

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「social(つながり)+生活システム」が、価値観とコミュニケーションスタイルを大きく変える! 各分野のエキスパート54人の提言を収録した、新IT時代を生き抜くためのナビゲーション。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

情報を自ら創造、発信するのがデジタル社会だ。 村井純 述 20−27
科学立国を目指すなら研究者の定年は廃止すべき 伊藤嘉明 著 30−33
若者よ、世界で活躍する“和僑”を目指せ!! 高川雄一郎 著 34−37

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.4

評価内訳

2013/07/01 06:09

投稿元:ブクログ

13066

パソコン、ネットの最新動向についてさまざまな人の声を集める。なんか寄せ集めという感じで半分は自社や自分の仕事のPR。

2011/05/06 14:57

投稿元:ブクログ

雑多な知識を得るのにはいいか、項目毎のページが少なく、内容が薄い。ソーシャルとあるが関係ない項目が多い。浅く広くにはいいかも。

2011/07/02 02:05

投稿元:ブクログ

ソーシャルが、単なるコミュニティではなく、ICTでは想像も出来なかった価値を創造するエンジンになり始めている。
各分野のエキスパートたちの、提言を集めた本です。
対談者に、「ITホワイトボックス」(NHK教育) でお見かけした方がいらして、親近感がわきました。

2011/07/23 15:17

投稿元:ブクログ

たぶん各分野の人にとっては物足りないだろうと思う。
けど、苦手意識いっぱいな私のような人にとっては広く浅く読みやすく、興味を持つ良いきっかけだと思う。自分の分野に関しての違う見方が出来たのも大きい。

そしてジェミさんテレさんにびっくり。

2011/03/28 00:34

投稿元:ブクログ

あまり頭に入ってこなかった。医療とITの関係について述べられていたが、日本では病院ごとに患者の情報を管理しており、他院との連携が進んでいない状態である。今後は個人に紐付けた情報管理を行い、コスト削減を実施する必要がある。またこの本を通じて、IT技術で我々の生活を劇的に変化させることができると実感できた。

2011/07/05 23:59

投稿元:ブクログ

個人的にはあまり内容に目新しさがなく、途中で読むのやめた感じ。
最後にホリエモンの執筆分があるが、それも他の本で読んだ内容だった。

2012/03/12 07:53

投稿元:ブクログ

アスキー総合研究所がまとめたIT関連の2011年2月発行時点の未来予想図的な書籍。

分野ごとに章立てになっており、科学技術、コンテンツ戦略、クラウド、クールジャパン、スマートフォン、マーケッティング、テレビ、UI、表現について、ソーシャルという大きな問題に、執筆者が4ページ程度の内容で持論を展開している。

やはり内容が薄くなるのは仕方ないけれど、全体像を押さえるにはよいかもしれないと思う。

IT産業 ランキング

IT産業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む