サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. スペイン内戦 1936−1939 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スペイン内戦 1936−1939 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:22cm/259,34p 図版12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07587-5
  • 国内送料無料

紙の本

スペイン内戦 1936−1939 上

著者 アントニー・ビーヴァー (著),根岸 隆夫 (訳)

第二次世界大戦前夜、軍事クーデターに始まり代理世界戦争に拡大したスペイン内戦。20世紀を象徴する戦いをソ連崩壊後に公開された新史料に基づいて詳述する。上は、「古いスペイン...

もっと見る

スペイン内戦 1936−1939 上

4,104(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次世界大戦前夜、軍事クーデターに始まり代理世界戦争に拡大したスペイン内戦。20世紀を象徴する戦いをソ連崩壊後に公開された新史料に基づいて詳述する。上は、「古いスペインと第二共和国」〜「代理世界戦争」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アントニー・ビーヴァー

略歴
〈アントニー・ビーヴァー〉1946年ロンドン生まれ。作家、歴史家。ロンドン大学バークベック・コレッジ招聘教授。陸軍士官学校を卒業し、5年間の軍務を経て、執筆活動に入る。著書に「スターリングラード」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

破滅を運命づけられた共和国。

2011/02/25 22:42

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スペイン戦争というと「正義の共和国」+「その大義に従軍した外国人知識人」(中にはスターリンのソ連という悪の化身も混じってはいるが)vs.「第三帝国とファシスト・イタリアに支援された悪の権化フランコ」との戦い、といった恐ろしい程単純化された善悪二元論で論じられるテーマだ。
 この種の本を読んでいるとロドリーゴのアランフェス協奏曲や「ミツバチのささやき」の中にイメージされる普通のスペイン人が見えてこない。
 だから、あまりいい本がない。
 「スターリングラード」といった戦記物の著者の著書なので、興味を持って買って、前後2巻を一気に読んでしまった。
 「共和国陣営は内部の陰謀、摩擦、内ゲバ、愚劣な戦争指導で支離滅裂だったのだ。」(下巻・訳者あとがき453頁)というのが第2共和国の実態だったのだ。
 ちょうどロシアの国内戦当時、ボリシェヴィキと戦っていた白衛軍が帝政復古主義者から反ボリシェヴィキの革命家(もっとも白衛軍の将軍や提督達への反目から赤軍に手を貸した例もあるが)、民族主義者等の呉越同舟状態だったのに似ている。亡命先でもバラバラだったのもそっくりだ。
 邦題の「スペイン内戦」という表現はよく見られるが、アメリカの南北戦争、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争等内戦でも普通「戦争」と関しているから、「スペイン戦争」の方がいいと思う。ロシアのボリシェヴィキの権力掌握(通称「十月革命」)後の内戦を「国内戦」と呼ぶので必ずしも普遍的ではないにしても。
 この本の欠陥はソ連製の機種が分かりにくい事や「ユンカー87やシュトゥーカ」(下巻439頁・これはJu-87の通称がシュトゥーカ)といった軍事用語の誤用が多多見られる事だ。
 スペインに派遣されたソ連の軍事顧問団についての記述を読んでいると、嫌でも1937年に銃殺されたトゥハチェフスキー元帥の存在を意識する。彼について書かれた本は多分、日本にはないと思う。赤軍の歴史とショスタコーヴィチについて調べると彼の名前にぶつかるので、誰か彼の評伝を書いてほしいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/06 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/01 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む