サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国家の通販
  5. 以文社の通販
  6. 民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 以文社
  • サイズ:20cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7531-0287-7

紙の本

民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入

著者 ジョルジョ・アガンベン (著),澤里 岳史 (訳),河合 孝昭 (訳),太田 悠介 (訳),平田 周 (訳),アラン・バディウ (著),ダニエル・ベンサイード (著),ウェンディ・ブラウン (著),ジャン=リュック・ナンシー (著),ジャック・ランシエール (著),クリスティン・ロス (著),スラヴォイ・ジジェク (著),河村 一郎 (訳)

ジョルジョ・アガンベン、アラン・バディウをはじめ、現代を代表する8人の思想家に投げられた民主主義をめぐる「不可能な問い」。彼らはそれにいかに応答するのか? 空転する思考に...

もっと見る

民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ジョルジョ・アガンベン、アラン・バディウをはじめ、現代を代表する8人の思想家に投げられた民主主義をめぐる「不可能な問い」。彼らはそれにいかに応答するのか? 空転する思考に揺さぶりをかける8つの根源的考察。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

民主主義概念に関する巻頭言 ジョルジョ・アガンベン 著 9−15
民主主義という紋章 アラン・バディウ 著 17−33
永続的スキャンダル ダニエル・ベンサイード 著 35−82

著者紹介

ジョルジョ・アガンベン

略歴
〈ジョルジョ・アガンベン〉ローマ生まれ。国際哲学学院等で教鞭をとる。著書に「王国と栄光」など。
〈アラン・バディウ〉ラバト(モロッコ)生まれ。高等師範学校(ENS)名誉教授。国際哲学学院等で教鞭をとる。著書に「哲学宣言」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

 民主主義という言葉...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

 民主主義という言葉は、とかく便利に使われすぎて、すでに形骸化している。
脱構築というにはあまりに曖昧すぎるこの概念をどう捉えるか、というのが本書の主題である。
なかでも、文明、政治、法律など全ての意味を持つに至った民主主義を、敢えて「民主主義」と
語ることに意味はなく、それゆえ「民主主義は無意味の典型例」と述べるナンシーに共感する。
 民主化運動が激しくなるなかで、民主主義を掲げることにどのような意味を持たせるかが重要になる。

札幌店 人文担当 佐々木

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/25 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る