サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社会の真実の見つけかた(岩波ジュニア新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ジュニア新書
  • サイズ:18cm/227p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-00-500673-1
新書

紙の本

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書)

著者 堤 未果 (著)

9・11以後のアメリカで、ジャーナリストとして活躍している著者が、戦争・教育・メディアといった切り口から「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。...

もっと見る

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書)

907(税込)

社会の真実の見つけかた

886 (税込)

社会の真実の見つけかた

ポイント :8pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 5.0MB 無制限
Android XMDF 5.0MB 無制限
Win XMDF 5.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

9・11以後のアメリカで、ジャーナリストとして活躍している著者が、戦争・教育・メディアといった切り口から「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第1章 戦争の作りかた−三つの簡単なステップ
    • 恐怖が判断力を失わせる/現れた敵/「戦争がはじまるぞ」/人はイメージと思いこみで動かされる/戦争を作り出す三つのステップ/本当に大事な情報が見せてもらえなくなる/メディアをうのみにしている間に法律が変えられる/戦争にお金が使われれば、学生より兵士が増えていく/「きみには、夢をかなえる価値がある」/貧しい子どもは軍へ、中流の子どもは借金づけに
  • 第2章 教育がビジネスになる
    • 奇妙な出来事/全米に広がる教師のインチキ合戦/教師と公教育バッシングになった教育改革/落ちこぼれゼロ法で肥満児が増える/なぜ教師の二人に一人が五年以内に辞めるのか?/障害を持つ生徒にも同じノルマ/孤立する教師たち/ベビーシッターより安い時給/教師だってほめられたい/オバマのRace to the Top(全米予算獲得レース)/七年でかけ金が二倍になる投資「チャータースクール」/二一世紀の新しいベンチャー型チャリティ/公教育は悪、チャータースクールは善/そして日本の教育現場は?
  • 第3章 メディアがみせるイメージはウソ? ホント?
    • テレビは信用できない/マスコミは出演者とお金の流れを見る/一行ニュースの落とし穴/世界が恐れる謎のハッカー集団/世界中のニュース報道を比べてみる/ニュース監視NGOを利用する/大手メディアとインターネット−どちらが信用度が高い?/当事者の声を聞くともうひとつの世界が見える/ウィキリークスつぶしが示すもの/スキャンダル報道の裏にある重要ニュース/国会のホームページを見ると新聞・テレビのからくりが見える/大手メディアとローカルメディアを比べてみる
  • 第4章 社会は変えられる
    • 「人生で一番ワクワクしたオバマ選挙」/社会を変える高齢者たち/「しあわせになりたきゃ選挙に行け」/「選挙と選挙の間こそ本番なのよ」/若者が政治から目を離しているすきに/「最高の投資商品があるんです、若者の教育ですよ」/「ネットがある時代に生まれて本当に良かった」/いろいろな意見を聞いて結論を出す/ライブ(対面)の力/自由にモノが言える場を守る/教育現場から社会を変える/英語は最強の武器になる/誰でも真実を見つける力を持っている
  • あとがき

著者紹介

堤 未果

略歴
〈堤未果〉東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士課程修了。ジャーナリスト。日米を行き来しながら執筆活動を行う。著書に「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

著者は『ルポ貧困大国...

ジュンク堂書店新潟店さん

著者は『ルポ貧困大国アメリカ』で有名な堤未果さんです。
アメリカで起こった出来事を取り上げて、誰が、どんな目的でそのニュースをつくり、それはどのように社会を動かしたかを丁寧に検証しています。ウィキリークスなど新しいメディアについても取り上げられています。イラク戦争や教育改革、銃乱射事件、選挙など、それが起こったときアメリカで暮らしていた人々へのインタビューを交えながら解説されています。

9.11をニュースで見て愛国心に燃え出征した青年は「アルカイダとは誰なのか」よくわかりもせずに戦争で障害を負った。
オバマを支持した若者たちにとってその選挙はロックスターのライブみたいなものだった。

読んでいて、思い返せば自分にもあてはまるところがたくさんありました。新聞、テレビ、インターネット、情報が溢れかえる世の中で何を信じていいかわからないというのはアメリカも日本も同です。ちょっと立ち止まって冷静に考えて見る手助けになる本だと思います。

文庫・新書担当 鴻

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

他人事では済まないかもしれない

2017/01/23 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:*iroha* - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらゆるメディアを利用して情報操作を行い、経済的に追詰め、教育を与えず、娯楽を利用することで、一部の人が多くの人間を都合よく利用できる社会ができる。
ということが、米国民への取材を通じて描かれています。

ジュニア向けだからなのか、言葉が比較的易しく、読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主張はうなづけるが、例がアメリカの話ばかりで残念。

2011/04/01 16:47

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ルポ 貧困大国アメリカ」(岩波新書)の著者が若者向けに書いた本。情報を自分で得てしっかり判断し行動せよという主張、その具体的方法の説明は若者にもよくわかる言葉で書かれている。ただ、日本の若者が身近に感じて読めるだろうかと思う部分が少なくなかったのが残念である。

 第1章「戦争の作り方ー三つの簡単なステップ」、第2章「教育がビジネスになる」、第3章「メディアがみせるイメージはウソ?ホント?」、第4章「社会は変えられる」。どの章も9.11や大統領選挙をきっかけに軍隊に入ったり、疑問を持ったり、とアメリカの若者を例に進められている。前掲書の内容を1,2章で書き直し、4章は前掲書以後のアメリカ事情を追加したような感じがする。
 著者が日本の若者に伝えたいメッセージはわかる。しかしアメリカの話が中心では、日本の若者には「向こうのお話」になってしまわないだろうか。著者自身はアメリカ生活が長かったので説明を要さないと思ったのだろうが、制度の説明が不足のところ(例えば2章で出てくるチャータースクールとはどういうものか)もあり、それも内容を伝わりにくくしていると思う。これまでの著書でもわかるが、著者の視点・情報のベースがアメリカ中心であることが本書としてはあまり効果をあらわしていない。

 第3章「メディアがみせるイメージはウソ?ホント?」は、例はアメリカではあるが、情報をどう判断するかを具体的に書いた章としてかなりタイトルに即していて良い章だと感じた。
 メディアが一斉に大事件を報道する陰で大事なことがこっそり進んでいないか、複数のメディアを比較するようにしようという言葉は、全体として社会を捉えていくための重要なポイントであろう。インターネットの有用性については、認めながらも「今までテレビを信じきっていた人々が、日本でいう2チャンネルなどのインターネットサイトをみて、今度はそこに書いてある情報をうのみにすれば同じことだ。P161」としてある。今度の地震・津波後チェーンメールが多発したことが脳裏に浮かんだ。こういうことをいつも考えていることが大事なのである。ただ、4章の中では「若者の強い味方の一つ」とインターネットの良い面だけ書かれている。4章でも上記のような言葉が欲しかったところである。

 「道具がハイテクになっても、結局そこにある情報を自分の頭で考えて判断することができなければ、簡単に洗脳されてしまうのだ。P162」
 本書のメッセージはこの一文にまとめられていると思う。メッセージはよいけれど、タイトルどおりで日本の若者に読んでもらうためには、第3章を膨らませ、ほかの章はもう少し違うまとめようがあったでは、というのが読み通した正直な感想である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気づきを与えてくれる本

2016/10/29 01:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争や教育、社会メディアや政治についてを中高生向けに
書いてあるのかもしれないが、単純でない問題に対して
真摯に向き合っている。

結局自分が物事を判断する時は、生理的な好き嫌いだったり、
また印象やイメージを優先している。

本当は論理的に判断できていないのかも。私達は物事を実は
まっすぐ見てはいないことを指摘している。

その通りだと思う。気づきを与えてくれる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/21 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/14 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/16 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/14 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/12 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/27 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/27 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/16 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/05 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む