サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/03/19
  • 出版社: 潮出版社
  • レーベル: 希望コミックス
  • サイズ:18cm/224p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-90553-7
コミック

紙の本

ブッダ 13 (KIBO COMICS)

著者 手塚 治虫 (著)

ブッダ 13 (KIBO COMICS)

税込 514 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

第1巻からの登場人物ナラダッタの死が描かれているプレ最終巻

2011/07/24 15:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この13巻冒頭でブッダが母国カピラヴァストウの人たちを前に説法をする場面があります。すでに国は滅び、コーサラ国に支配され、人々は奴隷として生きているというところで、ブッダは一瞬言葉を失いますが、そこから例え話を始め、その場にいる人たちに説法を続けるというくだりです。
例え話がどの程度ブッダ自身の語ったものかを私は知りませんが、読めば読むだけ説得力があり、なるほど人々を惹きつけるものを持っていたのだろうと思わせられます。
そしてそれはカピラヴァストウの人たちだけでなく、支配していたコーサラ国のルリ王子の心も動かしていきます。激しい葛藤と、ブッダに対する反発の末に、ルリ王子もブッダに帰依していくわけですが、そこもまた説法と同じような印象を受けます。この手塚版『ブッダ』には何度となくこういった場面が登場しますが、これこそが手塚治虫の描きたかったブッダなのかもしれません。
その一方で、マガダ国のアジャセ王子と、マガダ国に残されたブッダの教団の勢力争いの話も続きます。
多くの人が現れ消えていくそれぞれに物語があり、どれ一つも見逃すことができないように話を進めていくところも、手塚治虫のストーリーテラーとしての面目躍如といった感があります。
いくつも指摘できるところはあるのですが、13巻の肝は第1巻の最初に登場し、ずっといろいろな役目を果たしていたであろうナラダッタがブッダに看取られながら亡くなっていくところにあるのかもしれません。
物語の最初から辿りなおしてみると、ナラダッタは預言された世界の救世主であるブッダを探して旅に出て、途中で人としてあるまじきことをしたとして獣に堕ち、この『ブッダ』の登場人物の何人もと関わることでブッダが教えることとなることを体現していった人だったように思います。そのナラダッタが死ぬ時に自分のあたえられた使命である救世主を前にすることができ、罪を許されて亡くなっていくのです。
ナラダッタが死んでいく章の最後に長いナレーションが入っています。
「ブッダは偉大な人の死を見て感動した。その感動はピッパラの樹の下で悟りをひらいて以来ひさしぶりの感動だった。人間が生きものらしく生き、その生涯を自然にゆだねて終わることがいかに感動的なものかを知った」
このナレーションのとおり、最終巻である第14巻に話は進んでいくのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/10 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。