サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブッダ 14(希望コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/03/19
  • 出版社: 潮出版社
  • レーベル: 希望コミックス
  • サイズ:18cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-90554-4
コミック

紙の本

ブッダ 14 (KIBO COMICS)

著者 手塚 治虫 (著)

ブッダ 14 (KIBO COMICS)

税込 514 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最後まで悟りをひらいていくブッダの魅力は、手塚治虫の創造力から出てきているのかもしれない

2011/07/24 15:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

手塚版『ブッダ』全14巻の最終巻です。第6部の最後2章と第7部、それに「あとがきにかえて」と題した手塚による『ゴータマ・ブッダ実伝』というエッセイが収められています。
第6部最後で、この物語の当初から狂言回しのように活躍してきたタッタが死に、シャカ族が滅亡します。ブッダの一番弟子を自認していたタッタが、ブッダの教えに逆らうようにして死んでいくことになり、ブッダは自分の非力さを知ることになります。
しかしそれも実は第7部で新たな悟りをひらくことへの伏線だったのかもしれません。
新たな悟りは「人間の心の中にこそ神がいる、神が宿っているんだ」ということになってしまうのかもしれませんが、それをマンガという形で、様々なキャラクターを動かしていく中で私たちに知らしめてくれるというのが、この手塚版『ブッダ』の魅力かもしれません。
そこには、他の手塚マンガにもみられる虚実入り乱れてのストーリーがあるからこそ、一層魅力的なのでしょう。
しかし、ブッダの教え、すなわち仏教の実際の教えと異なっては誤解を増すだけですし、そこから得た理解が誤ったものでは何もならないのかもしれません(もっともその虚実入り乱れているからこそ、手塚マンガが面白いとも言えるのですが)。
そのあたりのところを「あとがきにかえて」で手塚自身が語っています。他のマンガと違ってある意味史実でもあるわけなので、手塚自身がこのままで終えてしまっては「まずい」と思ったのかもしれません。
それによるとブッダ/シッダルタの周辺の人物はほとんど架空の人物だそうです。この14巻ではすでに過去の人ですが、チャプラ、ブダイ将軍、タッタ、バンダカ、ミゲーラ、ナラダッタと、このマンガの中では重要な役割をしている魅力的なキャラクターばかりです。
さらに、修行時代のデーパとアッサジ(こちらはどう見ても写楽くんなので架空とわかりましたが)も手塚の創造によるキャラクターだそうです。その後のマガダ国のビンビサーラとアジャセ王子の話やコーサラ国のルリ王子の話なども仏典にはないなど、どうもこのマンガはかなり手塚のフィクションで成り立っているようです。
それでも、ブッダの教えを知るきっかけにはなるのでしょうし、何よりそれぞれのキャラクターが生き生きとしており、そんじょそこらの仏教の教本を読むよりはるかに教えられるものが多いようにも思いますが、どんなもんでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/10 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/01 04:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します青年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。