サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 心理学・入門 心理学はこんなに面白い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心理学・入門 心理学はこんなに面白い(有斐閣アルマ)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 有斐閣
  • レーベル: 有斐閣アルマ
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-641-12430-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

心理学・入門 心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ Interest)

著者 サトウ タツヤ (著),渡邊 芳之 (著)

日常的なテーマについて、心理学が何をどこまで明らかにしているかを説明し、次に、研究の基盤になる「心理学のコアの知識」をかみ砕いて解説。心理学の歴史と未来にも言及する。図表...

もっと見る

心理学・入門 心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ Interest)

2,052(税込)

心理学・入門

2,052 (税込)

心理学・入門

ポイント :19pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日常的なテーマについて、心理学が何をどこまで明らかにしているかを説明し、次に、研究の基盤になる「心理学のコアの知識」をかみ砕いて解説。心理学の歴史と未来にも言及する。図表・イラスト・コラムも豊富に掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

サトウ タツヤ

略歴
〈サトウタツヤ〉1962年生まれ。立命館大学文学部教授。博士(文学)。著書に「IQを問う」など。
〈渡邊芳之〉1962年生まれ。帯広畜産大学人間科学研究部門教授。博士(心理学)。共著に「「モード性格」論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/12 18:18

投稿元:ブクログ

心理学全般を体系的に学べる一冊。
予想以上に読みやすくわかりやすい内容になっている。これから心理学を知りたい、学ぼうと思っている人にはオススメ。
大学生向けに書いてあるけれども、社会人が読むことにも適していると思う。

2012/06/20 01:16

投稿元:ブクログ

心理学の復習として、あえて入門書を読んだ。
入門編として大事なところがしっかりと包括的に抑えられていて、かつ心理学の考え方・思考法も学ぶことができる良書であるといえる。

メディアの取り上げるえせ心理学から入った初学者にも興味の持ちやすい内容となっており、読む課程で思考変容を起こさせることもでき、心理学の新しい啓蒙本かつ単なる楽しい読み物としても十分機能する代物だと思う

2011/11/18 12:08

投稿元:ブクログ

「こども心理学科」HP内、「教員リレーエッセイ」で紹介された本。
http://www.seigakuin.jp/contents/faculty/dcpd/essei/essei_02.html

2011/10/11 23:06

投稿元:ブクログ

【目的】
臨床心理の分野をはじめ心理学について広くカバーしている本で勉強したいと思った。巻末のブックガイドにも惹かれこの一冊を皮切りに次々と勉強する分野を広く、また深くしていきたい。

【要約】
■臨床心理学■
心理学に”臨床”という概念は医療の現場に心理学が持ち込まれることで19世紀に誕生。その領域は精神病のような状態だけでなく行動・感情的な問題、身の回りの状況への不適合反応なども含まれる。そこへの介入によって問題を解決する。
→・心理療法:心理的苦痛の除去
 ・行動療法:問題行動、苦痛の原因となる行動を除去
 ・カウンセリング:苦痛の除去といった側面だけでなく自己成長を促すもの。ロジャースが精神医学との差別化のために提唱対。対話や言語でのやりとりに依拠してしまうという欠点も。精神医療は原因の追究と介入医療という”医療モデル”が基本であり上述の行動療法は原因~結果にこだわるものであったが、これらの見方7から4はなれ治療ではなく個人促すことを重視したもの。過去を重視するものではなく未来志向型が強い。
 ・発達臨床:自閉症など精神的遅滞を支援
 ・心理検査:心理状態をツールによって理解
 ・異常心理学:心理的苦痛の原因を探るアプローチ
これらの方法を一つにこだわらない総合的心理療法という考え方で対処する。また、一対一の個人療法だけでなく集団療法もある。
心理検査の種類分け:知能、正確、適正、心理状態
心理検査の形式別:質問紙、対面問答(面接)法、評定法、作業検査法(内田クレペリン精神検査)、投影法
精神病の分類体系を打ちたてたのはクレペリン。現在はWHOによるICD(国際疫病分類)とアメリカ心理学会のDSM(診断を統計のマニュアル)が主流。これらのチェックリストの基準に応じて症状を診断している。

○フロイトの精神分析:精神分析は臨床心理学のルーツとして古いものの一つであり、フロイトによって提唱された。

○行動療法:人が経験する苦痛や苦悩を”行動”としてその消去につとめる。考課の有無の検証が容易である。

○認知行動療法:顕在する行動の変容や消去だけでなく、予期・判断・信念・価値観などについても対象とする。クライアントの不利益や不適応状態を総合的に考え、しかも個別に対応。技法としては行動的認知的技法を用い、精神分析のように過去を対称にすることはない。

マズローの自己実現自己実現のためのピラミッド型モデル。低準の欲求が満たされると次の欲求が満たされる。ロジャースの心理学とともに”人間性心理学”と呼ばれた。
子供を対象にした心理:子供は言語的に未熟な場合が多いため、言語を用いない芸術療法、遊戯療法がされる。スクールカウンセイリング、非行臨床など。


■性格と個人差の心理学■
性格とは?人の行動に現れるその人独特の特徴で、時間が経っても大きく変化しないようなものを指す。環境に適応し、作り出している行動のレパートリーでもある。
1930年代のアメリカにおいてオールポートがパーソナリティ心理学を提唱した。これは昔���らあった性格学に関する研究を統合し性格を生み出す心理学的なしくみを分析する学問であり、はじめて心理学の重要な研究と位置づけた。
性格を捕らえる枠組み
1.類型型(フォルダ)
人の性格をいくつかのタイプに分類して考える枠組み。性格そのものを基礎として分類する(EX.ユングの内向型、外向型)ものと、性格以外の別の特徴を頼りにする(EX.星座、血液型、クレッチマーの体格による性格分析)。一人の人間を数パターンで分類しきることができない、類型を数量的にとらえることができない、といったことから1950-60以降、影響は小さくなった。
2.特性論(タグ)
人の性格をいくつかの細かい要素の組み合わせでとらえる。個人特性→その人個人だけが持つもの 共通特性→誰もが大なり小なり持っていてその程度によって比較するもの。共通特性は数量化しやすくアセスメントに利用されていった。特性論で考えられる一番大きな五次元-・神経症傾向・外向性・開放性・調和性・誠実性

行動遺伝学:性格や知能への遺伝の影響を分析。行動に影響する遺伝子はある。が、その影響は40%ほど。それだけで性格は決まらず、環境と相互に影響しあっている。
性格は変わらない、とされているが状況に応じて態度や行動を変えることがある。この性格をモード性格といい、それぞれの状況により適応しようとする心の働きの結果といえる。状況が戻れば元に戻る(可逆性)※自己同一性を保てないのは多重人格。
性格変容:強烈な体験や環境の大きな変化によって性格の変化が起こること。一度おきると元に戻らない。


■社会心理学■
社会的認知:他社について理解するための心の働き。社会的行動の重要な基礎。
他者の行動についてその原因を認知する働きを原因帰属という。しかし場合によっては基本的帰属錯誤とよばれる判断の間違いを起こしてしまう場合もある。
・説得的コミュニケーション:他者の態度を変容させ、社会的行動を変化させるためのコミュニケーション。”どう”説得するか、また”誰が”説得するかで効果が違う。
→どう説得するか:恐怖喚起コミュニケーション:説得に従わないと恐ろしい結果が起こると示唆する。態度は変わるが行動派変わらないとされる。行動が最も変わるのは、無理やりやらせること。納得してない行動でも続けていくうちに自分の態度と行動の矛盾を解消しようとしてしまう(認知的不協和)EX.新興宗教の布教を新入りにやらせる

どういう人をどういう場合に好きになるか?
共通性:趣味や生活が似ている

2013/05/06 21:01

投稿元:ブクログ

心理学の成果(とされる)本を読むことがちらほらあり、面白いと思うその一方で基礎的も何も知らないので似非に引っかかりそうだなあと思い読む。
人の行動に関わるあたりの第三部は面白かったが、発達障害とかカウンセリングとかそういうあたりは特に興味が無いのだなあと思う。

2016/06/09 19:39

投稿元:ブクログ

興味深い内容...アドラー心理学とユングの心理学を読みたくなるような内容だった。知的好奇心が膨らんでいくような感じの内容。
精神分析の本をもう少し理解できたら、もっと楽しく読めたかなあ?

どんどん学んでいきたいです!

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む