サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 場所はいつも旅先だった

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

場所はいつも旅先だった(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746667-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

場所はいつも旅先だった (集英社文庫)

著者 松浦 弥太郎 (著)

サンフランシスコのアパートで恋人と過ごした土曜日の午後。ニューヨークの老舗古書店で大切なことを教わった日。18歳のときに初めてアメリカを旅してからずっと、いくつもの出会い...

もっと見る

場所はいつも旅先だった (集英社文庫)

626(税込)

場所はいつも旅先だった

486 (税込)

場所はいつも旅先だった

ポイント :4pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サンフランシスコのアパートで恋人と過ごした土曜日の午後。ニューヨークの老舗古書店で大切なことを教わった日。18歳のときに初めてアメリカを旅してからずっと、いくつもの出会いと、かけがえのない日々をくれた場所はいつも「旅先」だった。『暮しの手帖』編集長の著者が、自身の旅について飾らない言葉でひとつひとつ綴った自伝的エッセイ集。軽やかな心で明日から旅に出たくなるような一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フィクション? ノン!?

2016/01/18 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marquee - この投稿者のレビュー一覧を見る

『今日もていねいに。』を読んだ時は、引っ掛かる部分が余りなかったので、松浦さんの物からは暫く遠ざかっていたのですが、私の好きな旅物と言う事で、『場所はいつも旅先だった』を手に取ってみると、始めからグイグイ引き込まれて行きました。
恐らく、前者はウンウンと頷いて読んでいたので、フックを感じなかったのですが、後者は「結構ファンキーな人だったんだ!」と、イメージと違った驚きがあったをので、印象が違ったのだと思います。
しかし、『旅好き、本好き』には、本当に魅力的な男性が多い事!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思わず嬉しい衝動買い! 松浦弥太郎さんの自伝的エッセイ!

2011/04/02 11:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに本屋さんで本を買った。思わず嬉しくなって、衝動的に買ってしまった…って、感じだろうか。松浦弥太郎さんの単行本エッセイをぱらりぱらりと立ち読みしていた。読んだこともあるエッセイでも、「そう、そう、これ、いいんだよねぇ」と手を伸ばして、棚から抜いて次々読んでいく、と、彼の文庫本も何冊か並んでいた。

ここで、ふっと嬉しくなる。
「えっ!文庫本!しかも最近出たのがあるんだ!」
以前、松浦弥太郎さんの文庫本をプレゼントしたいと思い、文庫本コーナーで探したのだけれど、なかなか見つからなくて、断念したことがあるから、なおさら嬉しかった。

本屋さんによって棚の本並びは特徴があって、それが本屋さんの魅力の一つ。最近は書店員さんの手描きポップも目立つようになって、それがとても本選びには役立つ。そうして、本を通じてのつながりをその一枚のポップやその本の並びから感じたりすると、無性に嬉しくなる。

この棚のここに、この文庫本を並べてくれた書店員さん、ありがとう!

買うと決めたら、行動は早い!
すぐさま、すぐさまレジへ直行、です。(^-^)(^-^)

この一冊は、松浦弥太郎さんの自伝的エッセイが文庫本になったもの。現在は『暮らしの手帖』編集長をしている彼が、18歳の秋に初めてアメリカに渡り、そこでさまざまな出会いと体験をした。旅の舞台は東京でもあり、フランスでもある…。その頃の彼が等身大で、ど~んとぶつかってくるような、読みながら彼と一緒にどぎまぎするような、そんな青春ど真ん中エッセイ、でした。

もちろん、本、古本屋さんの話がいっぱいでした!
彼が25歳のとき、ニューヨークの路上から本屋さんを始めたきっかけとなった出来事の話とても興味深かった。ニューヨークの古本屋『ストランド書店』オーナーとのふれあい、ニューヨークでの愉快な古本屋さん仲間との出合い、一つひとつが弥太郎さんらしいな、と思いつつ…、夢中で読みました。

『最低で最高、そして「乞食王子」な暮らし。
これが僕の生き方であろうと思う。』と弥太郎さんは言います。惚れ惚れする言葉、ですねぇ。

表紙の写真は弥太郎さんがニューヨークで撮った、それもたった一枚だけ残っていたもの。この写真にまつわるエピソード、まるで短編小説を読んでいるようでしたよ。(^-^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/17 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/13 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 03:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/19 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/03 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/09 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/06 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/11 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/28 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/20 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る