サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 誰でも写せる星の写真 携帯・デジカメ天体撮影

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誰でも写せる星の写真 携帯・デジカメ天体撮影
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 地人書館
  • サイズ:21cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8052-0833-5
  • 国内送料無料

紙の本

誰でも写せる星の写真 携帯・デジカメ天体撮影

著者 谷川 正夫 (著)

初めて星空にカメラを向ける人のための本。携帯、コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフカメラを使用した天体写真の撮影方法を、作例とともにわかりやすく解説する。ワンポイント&ス...

もっと見る

誰でも写せる星の写真 携帯・デジカメ天体撮影

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初めて星空にカメラを向ける人のための本。携帯、コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフカメラを使用した天体写真の撮影方法を、作例とともにわかりやすく解説する。ワンポイント&ステップアップアドバイス付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷川 正夫

略歴
〈谷川正夫〉愛知県出身。中学1年より天体写真を始める。天体望遠鏡メーカーを経てフリーとなる。タニカワプランネット主宰。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/24 18:17

投稿元:ブクログ

 小学生の頃から憧れていた星の写真を撮りたくて購入しました。東京には夜空がないし、仕事をしていると夜更かしも出来ないので、なかなか撮りに行く機会もないのですが、それでも撮ってみたいというのは昔からの願望。
 この間、知人に誘われて山中湖に行ってきたのですが、本当にすごい数の星を見ることが出来て感激しました。そして、カメラの機能を使って星の光跡写真も撮ることが出来ました。まだまだですけど、こういった本を参考にしてうまく撮れたらいいなと思っています。

【この本を読んで、撮ってみた写真を一枚掲載しています。よろしかったらこちらから】
http://isphoto.hatenablog.jp/entry/2014/11/24/173316

2016/03/29 18:05

投稿元:ブクログ

地人書館の誰でもできるシリーズ(とオレが勝手に命名しているだけだがw)は、初心者向けでも硬派な切り口の本が多い地人書館としては珍しく親しみやすい紙面になっている。
作例で登場する写真を見ると、携帯カメラでも観望会などの機会をうまく捉えたり、機能を使い倒せば相当に楽しい写真を撮ることができることがわかるだろう。
一眼レフなんかでもCanonのEOS kissあたりなら持っている人はそれなりにいるだろうし、ここまで使いこなせれば本格的な天体写真まで目前である(逆に言うと、天文沼+写真沼という地獄の三丁目が見えてくるがw)。
ビクセンがポラリエのようなのを発売しているあたりを見ると、天文への一般の人たちの興味ってのも別にないわけじゃないんだと思う。
天文のハイアマチュア向けにはそれでいいのだが、やはり初心者がミーハーに楽しめるような機会やツールもまた必要なのだと思う。その上で「ああ楽しかった^^」で終わっただけでも時間の使い方としては十分だし、ミーハーがアマチュア天文家に進化すれば、それで実に結構なことなのだ。