サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キリストの誕生 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-112317-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

キリストの誕生 改版 (新潮文庫)

著者 遠藤 周作 (著)

愛だけを語り、愛だけに生き、十字架上でみじめに死んでいったイエス。だが彼は、死後、弱き弟子たちを信念の使徒に変え、人々から“神の子”“救い主”と呼ばれ始める。何故か?—無...

もっと見る

キリストの誕生 改版 (新潮文庫)

594(税込)

キリストの誕生

572 (税込)

キリストの誕生

ポイント :5pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛だけを語り、愛だけに生き、十字架上でみじめに死んでいったイエス。だが彼は、死後、弱き弟子たちを信念の使徒に変え、人々から“神の子”“救い主”と呼ばれ始める。何故か?—無力に死んだイエスが“キリスト”として生き始める足跡を追いかけ、残された人々の心の痕跡をさぐり、人間の魂の深奥のドラマを明らかにする。名作『イエスの生涯』に続く遠藤文学の根幹をなす作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

「逃げる」

2004/12/01 23:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「宗教」っていうのは、あんまり格好いいものではない。というか、とても格好悪い。おまけに危険な臭いさえする。それは、たぶんある意味では正しい。「宗教」には人間の弱さを煮詰めたような醜悪さがあるし、空想的な狂気と危険性が充満している。
 そして、だからこそ、「宗教」というものを敬遠し、あるいはそれを一種の「逃げ」に過ぎないものとして斬って捨てるのは間違っている。

 小説家・遠藤周作がキリスト者・遠藤周作を対象化し、自らの信仰告白として書いたのが、『イエスの生涯』(国際ダグ・ハマーショルド賞受賞)と『キリストの誕生』(読売文学賞受賞)である。『イエスの生涯』は徹底的に無力な「生活」無能力者としてのイエスの「人生」を、さまざまな研究や先達のイエス伝(たとえばモーリヤックの『イエスの生涯』)を踏まえ、小説家的な想像力を駆使しながら描き出した本である。
 そして『キリストの誕生』は、イエスを裏切った弟子たち(裏切ったのはユダだけではなく、ペテロもヨハネも含めてすべての弟子たちが裏切ったのだ、というのが遠藤さんの考え方)の側から、そんな情けなくも弱すぎる人間がいかにして「キリスト教」を作り上げたかを描き出している。とくに「教会」の基礎を作ったペテロと「神学」の基礎を作ったポーロ(パウロ)このあまりに対照的なふたりを中心にすえながら。(『沈黙』のなかでロドリゴが踏み絵を踏むとき鶏が鳴く。ペテロが自らの命を守るために「イエスなんて知らねぇ」と言ったときに鶏が鳴いたように。そして遠藤さんの『沈黙』は当時、いくつかの教会で禁書扱いされた。で、遠藤さんの洗礼名はパウロである)。
 この二冊の本を読んで、クリスチャンの僕(ほとんど完全に「転んで」しまっている現状だが)が受け取ったメッセージを言葉にしてみる。

「宗教」を持っている人間は、「宗教」を持っていない人間の多くが「逃げ」として侮蔑する「宗教」から逃げようとするときに「信仰」に捉えられ、それを意識するのであって、彼らは決して「現実」から逃げようとしているのではない。「宗教」を持っている人間はむしろ「宗教」から、「神」から逃げようとしているのである。
 自らの意志とは無関係に「宗教」を持って生きることになった人間が、そのバカバカしさから逃げようとする。遠藤周作の作品(小説、エッセイ、戯曲)が、「宗教」を持たない多くの人間の心を捉え、その琴線をかき鳴らすのは、彼が一貫して「逃げようとする人間」を描き、それによって「人間の可能性」を伝えることに意を尽したからである。

 ニーチェが(あるいはヘーゲルが)言ったように「神は死んだ」かもしれない。でも、だからこそ、この二冊の本を読んでみてほしいと思う(どちらか一冊というなら『キリストの誕生』を)。一人の「人間」の「死」を出発点として作り上げられてきたものについて学ぶことは、「宗教」とか何とかを超えて心に響いてくるものだと思うから。

>(ジル・ドゥルーズ『ニーチェ』)

>(同書の訳者解説「ドゥルーズとニーチェ」湯浅博雄)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「彼とその弟子の物語」のX

2018/07/16 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「イエスの生涯」の続編。イエスの死後、どのようにしてキリスト教が形成されていったのかを、ペトロやパウロが死に至るまでの、使徒たちの足跡を辿り考察した本です。ユダヤ人の範囲にとどまっていたキリスト教が、いかに世界に広まっていったかが理解できました。神の配剤とも言うべき使徒のリレーにより、不屈のパウロに至ったという印象です。そして前著でも謎だった「なぜイエスは信仰の対象となったのか」については、結局解は得られませんでした。逆にだからこそ、今でも信仰は脈々と続いているのかもしれないと思ったのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/01 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/17 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/03 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/18 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/25 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/17 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/02 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/23 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/15 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/08 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/10 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/23 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/20 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る