サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タワーリング

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-329461-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

タワーリング

著者 福田 和代 (著)

地上50階地下5階、まるで一つの街のような巨大ビル。バベルの塔か、人類の理想郷か?朝9時、警報ベルが鳴り響く。「我々は、ウインドシア六本木をジャックした!」人質は最上階に...

もっと見る

タワーリング

1,296 (税込)

タワーリング

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 836.2KB 無制限
Android XMDF 836.2KB 無制限
Win XMDF 835.9KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地上50階地下5階、まるで一つの街のような巨大ビル。バベルの塔か、人類の理想郷か?朝9時、警報ベルが鳴り響く。「我々は、ウインドシア六本木をジャックした!」人質は最上階に住むビル会社社長。駆けつけた警察はシステムに阻まれ、容易に突入することができない。じりじりと過ぎる時間の中、17階のオフィスに閉じ込められたビル会社の社員、船津康介は、ある奇策を試みる…。非常用井戸、備蓄食、発電所を備えた都市の要塞。そのセキュリティと防災システムが、人々を外界から遮断していく。【「BOOK」データベースの商品解説】

六本木の超高層ビルがジャックされた。最上階に立てこもる男、閉じ込められた人々、包囲する警察−。犯人の狙いは、一体? どんでん返し満載の城攻めクライムサスペンス。『小説新潮』連載に大幅に加筆・修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福田 和代

略歴
〈福田和代〉1967年兵庫県生まれ。神戸大学工学部卒。金融機関でシステムの構築と管理を手がける。2007年「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。ほかの著書に「迎撃せよ」「ハイ・アラート」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

映画のダイ・ハードを見ているせいか、驚きは感じません。無論、捻りには「ああ、そうか」とは思いますが、どうも快哉をあげたくはない。それと、こういう話なら男の書き手がいるし。男性作家並みではなくて、それを越えてくれなくちゃあ、高村薫みたいに・・・

2012/03/05 20:36

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性作家としては珍しい道を歩んでいる気がするのが福田和代です。女性作家といえば心理サスペンス、あるいはややファンタジー味のある推理、あるいは江戸時代を舞台にした人情ミステリというのが専らですが、福田はハードサスペンス、あるいは警察小説、犯罪小説に特化して作品を発表しています。ま、私が読んだのは『赤と黒の潮流』『オーディンの鴉』『怪物』、今回の『タワーリング』をいれて4冊なので断定はできませんが、他の本も一応は内容案内程度はチェックしているので大きくは外れていないでしょう。

文章も、女性らしいというと変ですが、柔らかな表現というよりは男性的。ですから、最初に『赤と黒の潮流』を読んだとき、これは男性ではないか、と思ったほどです。ともかく内容と文章とが見事にバランスしている。となると、読み手の側としても、女性作家として受け止めるのではなく、純粋にハードサスペンスとしての出来をみる。勿論、比べる相手のほとんどが男性作家の作品、ということになります。

で、正直、今までの作品、〈女〉でここまで書くか、とは思わせはするものの、〈女〉という断り書きを取ってしまえば、まあ、平均かな、というレベルでしかありませんでした。確かに、よく調べてはいる。甘ったるい男女関係を持ち込んで、話のベクトルの向きを捻じ曲げることもない。直球勝負というのはわかります。でも、所詮は130キロ台。コースを丹念について、バッターを研究してはいても強打者には勝てない、そういう感じ。ま、『怪物』は変化球で打ち取った、っていう感じではありましたが。

で、お話ですが、簡単に言えば

六本木ヒルズが何者かによってビルジャックされ、犯人たちにビルのオーナーが人質にとられた。犯人グループの要求が不明のまま、時間は推移する。進んだ警備システムに侵入を阻まれた警察、そしてビル管理会社社員の考え出した社長救出作戦は成功するのか・・・

ということです。勿論、実際の六本木ヒルズや森美術館が舞台になっているわけではありません。乗っ取られたビルは六本木の超高層ビル・ウインドシア六本木ですし、管理会社も森ビル株式会社ではなくて株式会社マーズコーポレーションとなっています。でも、イメージとしては六本木ヒルズを思うのがいい。少なくとも東京ミッドタウンではないし、サントリー美術館でもないことは間違いありません。

それはカバーを見てもよくわかります。装幀 新潮社装幀室とあるだけで、カバー画がイラストなのか、CGなのか、それとも写真なのか、オリジナルを加工したものなのか不明ではあるものの、この曲線が目立つビルはミッドタウンの角ばった、ある意味、オリジナルデザインをコストダウンを理由にいじくりまわした、一見高価、でも実は値切りました、っていう外観とは一線を画してはいる。

でも、建物の絵(写真?)はともかく、カバー紙のテカテカと空の夕焼けか朝焼けか知りませんが、安直なグラデーションはないのではないでしょうか。せっかくの建物のハイテクさの足を引っ張って、建物だけみれば20世紀末、でも本の雰囲気は1980年代、ってアンバランスなものにしています。ちなみに、あえて21世紀の建物としなかったのは、シンガポールのあのプールを屋上に乗せた建物を見てしまうと、見劣りがするから。少なくとも我が国の高層ビルデザインは東南アジアのそれに負けている現実があるからです。

閑話休題。物語は、プロローグ、本文16章、エピローグからなり、初出は「小説新潮」2010年1月号~4月号、単行本化にあたり、大幅に加筆・修正をしているそうです。で、大雑把に紹介した内容からは、多くの方が映画『ダイ・ハード』を思い浮かべるのではないか、ということです。ま、映画にはタフな刑事が登場し、こちらは17階のオフィスに閉じ込められたビル会社の課長待遇の35歳の独身社員が奇策を思いつくので、違っているのは確かですが、でも雰囲気は一緒です。

ちなみに、その独身社員、船津康介ですが、本の8頁には「およそ十一年前に、株式会社マーズコーポレーションの企画事業部に入社」と8紹介されていますが、部署に入社というのはおかしい。日本語としては「11年前に株式会社マーズコーポレーションに入社、企画事業部に配属される」が正しいのではないでしょうか。

で、お話ですが、結果としてを『ダイ・ハード』を超えることはない印象で、福田の限界が見えた気がします。特に、人間関係のありかたに工夫がなくて韓ドラレベル。ヒネリはあるものの、話の前半で先が読めてしまいます。気になるのは福田が、今の社会、不動産業界などをどう見ているかということが全く伝わらず、単に材料として使っているという点。

どんなに取材をして、情報量をふやしても、それ以上に話が深まりません。ラリー・ボンドなどのハイテク・軍事スリラーがほんの一時期、市場を席巻しながら、あっというまに消えていき、今では振り向く人もいないというのは、マスコミの問題もあるでしょうが、やはり情報を詰め込んだだけの話では、たとえプロットがあったとしても人間が生きてこない、そういう小説には限界がある、という証ともいえそうです。

これでは大リーグには行けません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/16 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/07 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 07:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/01 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/20 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/02 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む