サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とりつくしま(ちくま文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/05/01
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42829-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とりつくしま (ちくま文庫)

著者 東 直子 (著)

死んだあなたに、「とりつくしま係」が問いかける。この世に未練はありませんか。あるなら、なにかモノになって戻ることができますよ、と。そうして母は息子のロージンバッグに、娘は...

もっと見る

とりつくしま (ちくま文庫)

648(税込)

とりつくしま

540 (税込)

とりつくしま

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死んだあなたに、「とりつくしま係」が問いかける。この世に未練はありませんか。あるなら、なにかモノになって戻ることができますよ、と。そうして母は息子のロージンバッグに、娘は母の補聴器に、夫は妻の日記になった…。すでに失われた人生が凝縮してフラッシュバックのように現れ、切なさと温かさと哀しみ、そして少しのおかしみが滲み出る、珠玉の短篇小説集。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

ロージン 9−25
トリケラトプス 27−43
青いの 45−64

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

「あなたは、とりつく...

ジュンク堂書店福岡店さん

「あなたは、とりつくものを探している気配をおおいに出しています。あなたが、その気配を出しているうちは、この世にあるなにかのモノにとりつくことができるのです」

あの世へ逝ってしまったとき、そんなチャンスを与えられたなら、いったい私は誰に会いに、どんなモノに、とりつくだろうか。
登場人物たちが選んだのは、野球選手が使うロージン、夏しかとりだされない扇、お母さんとたくさん遊んだ大好きなジャングルジムなどでした。
また大好きな人のもとへ戻れるなんて、一見すばらしく、ありがたい特典です。
けれど実際は
モノだから、こちらからは声もかけられない。
モノだから、去っていくあの人を追うこともできない。
みたくないものだって、見続けなくてはいけないかもしれません。
そしてそれは、とりついたモノが壊れたり、消滅するまで、永遠に続くのです。
あまりにも、くるしくて、切なく、残酷ですらあります。
それでも、「会いにいきたい」「見届けたい」。
その気持ちだけで、人は動いてしまうのです。

文庫担当 弥益

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

心残りがあっても大丈夫

2017/02/12 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心残りがある死んだ魂に「とりつくしま係」が現れ、物にとりついて会いたい人の元へ送ってくれます。
息子、夫、妻、家族、好きだった先輩。自分なら誰かなぁっと考えてしまいます。
そして、誰なら自分の所に来てくれるか?とかね。
10篇の短編と一本の番外編。番外編がちょっと他とは異色です。
東さんの本、初めて読みました。歌人らしいシンプルで素直に響く文章。
読み易く、サラリと読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられる(補聴器の話は、個人的にトラウマになりそう…)

2017/06/07 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもいい話でした。
考えさせられたり、ジンとしたり、ハラハラしたり…。
「死んだ人が生まれ変わって、大切な人に会いに行く」という展開は、ちょっとコミカルな展開になるか、感動する展開になることが多いですが…この物語では、モノとして生まれ変わっているため、主人公たちは生きている人間に何も干渉できません。

何かを訴えたいのに、まったく伝わらない…。
大切に想っているのに、相手はそうでもない…。

モノとして生まれ変わったことで、生前に大事に思っていた人の心の部分が見えたり、何もできない自分自身に苛立ちを感じたり…。
その様子がいじらしく、じれったく、「何か一つでも伝わればいいのに…」と、読みながら奇跡を願ってさえもしまいました。

個人的には『カメラ』と『ロージンバック』と『名札』の話が好き。
『ジャングルジム』は切ないな…。お母さん、また来てくれるといいけど…。5歳の子にとっては寂しくてツラいだろうな…。
『補聴器』は…ちょっとホラーですね…。こんなにお母さんを心配してるのに、あの展開はかわいそすぎる…。

この物語を見ていたら、モノとして生まれ変わりたくはないなと私は思っちゃいました…。
文字も大きめで、行間も広いので、わりとあっさり1~2時間もあれば読み終わります。
難しい言葉も少ないので、小・中学生にも読めそう。
ただ、この生まれ変わった人たちの感情を理解するためには、それなりに経験を積んで大人にならないと難しいかな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

気持ちをゼロにする

2016/11/06 15:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

死者がモノにとりついて、大切な人をずっと見ている。そのカタチが永遠と続くのもあれば、事切れるものも、突然捨てられるものもある。読み人は、必ず思うだろう、わたしだったら何にとりつくかなと。無論私も思った。何にとりつこうか。でもな。どうなんだろう。死んでからも現世を眺め続けなくてはいけないのはむしろ辛いのではないか。いくらその物が愛おしい誰かの所有物であっても。だから消耗品へとりついた「ロージン」が心残りへのケリの付け方としては一番最適だなと思った。消費されゼロになったら、その気持ちもゼロになる。それでいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/21 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/26 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/23 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/12 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/15 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/23 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む