サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海戦からみた日清戦争(角川oneテーマ21)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川oneテーマ21
  • サイズ:18cm/235,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-710242-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

海戦からみた日清戦争 (角川oneテーマ21)

著者 戸高 一成 (著)

江戸の封建主義を、幕末の海軍建設者たちはいかに打ち砕いたのか。劣勢にあった明治海軍は、大国・清をいかに破ったのか。科学・技術・組織の刷新を不可欠とする海軍建設の歴史から、...

もっと見る

海戦からみた日清戦争 (角川oneテーマ21)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

海戦からみた日清戦争

778 (税込)

海戦からみた日清戦争

ポイント :7pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸の封建主義を、幕末の海軍建設者たちはいかに打ち砕いたのか。劣勢にあった明治海軍は、大国・清をいかに破ったのか。科学・技術・組織の刷新を不可欠とする海軍建設の歴史から、近代日本の幕開けを鮮やかに描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

戸高 一成

略歴
〈戸高一成〉1948年宮崎県生まれ。多摩美術大学卒業。海軍史研究家、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長。著書に「戦艦大和復元プロジェクト」「海戦からみた日露戦争」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

海戦を比較対照できるデータが欲しい。

2011/05/19 08:45

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作、『海戦からみた日露戦争』の姉妹編とも言うべき内容。日露戦争での日本海海戦での完全勝利の印象があるために日清戦争は軽視されがちだが、近代的な海軍創設過程として日清戦争を見てみると興味は尽きない。
 しかし、「海戦からみた」と題してあるように、海戦に限って解説がなされていればよかったのだろうが、日清間の対立構造の歴史にも踏み込んだために焦点がずれてしまった感がある。日清間の対立は単純に朝鮮問題だけではなく、諸外国と締結した条約には無いアヘン貿易を容認する項目が日清修好条規だけに存在しており、これが大きな外交問題として横たわっていた。本書では長崎事件に少し触れているが、治外法権を盾に長崎において清国兵がアヘンを吸引したことによる事件も起きている。さらに、日清戦争に至る経緯にはイギリス、ロシアを始めとする欧米列強の権益問題を抜きにしては語れず、日清間だけで外交交渉の経緯を辿ると、日本の帝国主義、侵略主義、軍国主義になってしまう。
 読み手の立場としては、海戦だけにとどめておけば良かったのにと思ってしまう。そのことは、東郷平八郎が責任者として処分したイギリス船籍の「高陞号」事件においてもそうである。著者は外交文書や「アジア歴史資料センター」のインターネット資料を駆使したというが、この事件についての見解は多岐に渡っている。清国側は再三再四の投降勧告に応じるどころかイギリス人船長を人質にして投降を拒否し、さらに清国兵が日本側に射撃をしてきたとの報告もあり、東郷艦長の対応は「武士道」にも劣るとの批判は再検証の必要があると考える。さらに、「高陞号」事件以前から、清国は天津条約違反を犯して兵員を商人や官吏に変装させて駐留を継続していたともいわれ、日本側の対応を批判する記述には調査不足の感を抱いてしまう。
 海戦からみた日清戦争と題しているが、清国の海軍士官はイギリス人、ドイツ人であり、自然、兵器も各国の兵器が混在していたことなど、もうひとつ踏み込んで比較対照しても良かったのではと思える。日清の事情に詳しいアームストロング社の代理人も日本と清国の人的、物的相違について明言しているので、そこも紹介すれば具体的な比較事例として面白かったのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/01 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/11 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/28 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/30 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む