サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パレスチナ−聖地の紛争(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/272p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102112-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

パレスチナ−聖地の紛争 (中公新書)

著者 船津 靖 (著)

パレスチナ紛争は、ユダヤ人国家の建国と占領に端を発し、中東地域と国際関係を不安定化する危険な要因だ。関係国の思惑がぶつかりあう中東和平交渉、それぞれの和平派と反和平派の苛...

もっと見る

パレスチナ−聖地の紛争 (中公新書)

886(税込)

パレスチナ―聖地の紛争

756 (税込)

パレスチナ―聖地の紛争

ポイント :7pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パレスチナ紛争は、ユダヤ人国家の建国と占領に端を発し、中東地域と国際関係を不安定化する危険な要因だ。関係国の思惑がぶつかりあう中東和平交渉、それぞれの和平派と反和平派の苛烈な権力闘争を追い、紛争の実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

船津 靖

略歴
〈船津靖〉1956年佐賀県生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。共同通信社に入社、外信部等を経て、2009年より岡山支局長。「世界年鑑」に長年執筆、中東の章などを編集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

パレスチナ問題を今最も新しい情報まで網羅した好著

2011/08/27 09:56

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 著者は共同通信社の記者。エルサレム特派員の経験もあり、長年中東問題の取材を続けて来た人物です。
 古代史から説き起こして今年2011年2月あたりまでのパレスチナ紛争史をカバーしています。
 「イラク戦争やイランとの関係、核拡散防止条約(NPT)に加盟していないイスラエルの核兵器保有問題、紛争の経済的側面などにはほとんど触れられなかった」(257頁)と「あとがき」で著者は率直に記していますが、どうしてなかなか、260頁程度の新書という紙数の制限の中で、実に分かりやすく「聖地の紛争」の争点をまとめていて、その力量には心底から感服しました。

 著者自身が現地に長年身を置き、家族とともに生活した経験があるだけに、資料や文献の引用と抜粋でこしらえた書籍とは大いに異なる事実の厚みが迫ってきます。繁華街で相次ぐ自爆テロの日々の中で、著者は身の危険を感じて食事に出かけるのも思い通りにならなかったり、娘たちを避難させたりすることも一度ならずあるのです。日本人ジャーナリストの仲間にはイスラエル軍の放った銃によって隻眼となった人物もいるとか。そうした紛争地の緊張感が全編にみなぎっているのです。

 2002年春のパレスチナ自治区へのイスラエル軍大侵攻については、詳述した場合、延々と死傷者の数を羅列することになるとして著者は代表的な軍事行動やテロ攻撃に絞って記述したといいます。しかしそれでもこのくだりは死傷事件の連続に気の遠くなるような思いがし、イスラエルの攻撃のあまりの理不尽さ、武力に対してやはり武力で対抗しようとするパレスチナ側への共感めいたものを覚えないではいられません。

 中東問題のこれまでと現在を、今概観するにはこの一冊と思える書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/29 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/19 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/11 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/07 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 04:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む