サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

謎解き「張作霖爆殺事件」(PHP新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-79669-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)

著者 加藤 康男 (著)

【山本七平賞(第20回)】河本大作の犯行説が覆されようとしている「張作霖爆殺事件」。暗躍するソ連の諜報特務機関の影、長男・張学良周辺の不穏な動き、発掘された新資料…。真犯...

もっと見る

謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)

778(税込)

謎解き「張作霖爆殺事件」

650 (税込)

謎解き「張作霖爆殺事件」

ポイント :6pt / 紙の本より128おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【山本七平賞(第20回)】河本大作の犯行説が覆されようとしている「張作霖爆殺事件」。暗躍するソ連の諜報特務機関の影、長男・張学良周辺の不穏な動き、発掘された新資料…。真犯人はいったい誰か? 昭和史の謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

加藤 康男

略歴
〈加藤康男〉1941年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。恒文社専務取締役を退任ののち編集者、作家として主に近現代史をテーマに執筆活動を行う。著書に「昭和の写真家」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

また一つ昭和史の修正が必要に

2011/08/29 09:37

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 奉天軍閥の首領、張作霖が北伐軍に破れ、奉天に逃げ帰る際、彼の乗った列車ごと爆殺された、昭和3(1928)年7月の、いわゆる奉天事件は、事件直後から現在にいたるまで、大陸に進駐していた日本の関東軍の仕業とされてきた。その実行犯が河本大作という関東軍高級参謀であることも、主に他人の証言にもとづいて、一つの揺るがぬ史実として伝えられている。
 明白とされていた定説を揺るがせた最初の衝撃が、2006年に出版されたユン・チアン著の『マオ』で、毛沢東の真実を暴いたこの書に、張作霖事件の首謀者がソ連の情報組織グルーシカであると、記されていたのだ。さらに、ソ連を黒幕と位置づけ、関東軍犯行説を否定する報告が、英国の当時の情報機関の資料からも見つかった。
 本書は、最近明らかになった資料を用いながら、張作霖爆殺事件の真相にせまるものである。なんといっても、関東軍主犯説を揺るがす決定的な事実は、事件直後に撮られた列車の写真である。河本らは、列車が通る線路の脇に爆薬を仕掛けたと言っているのに、線路や列車の下部にはまったく損傷がなく、線路付近に爆発による穴もない。その一方で、列車の上部は大きく破壊されている。これは、爆薬が列車内または、爆発現場の上を通っていた橋に仕掛けられていたことを示すもので、河本らが行ったとされる証言とは明らかに矛盾する。
 著者は、資料を吟味した後、さまざまな可能性を示唆する。実行犯が河本であるかのように演出しつつ、犯行そのものはスターリンの指令のもとソ連の情報部員によって行われたという可能性がその一つ。そして、実行犯は息子の張学良であるというのも、説得力のある仮説である。学良はその時すでに国民党にひそかに入党しており、いわば、父を殺すことにより、蒋介石に恩を売ったわけである。その後、共産党にも近づき、第二次国共合作の形成に大きな貢献をしたとされるこの男の真の姿は、自己保身のためならば、父親も親友も死に追いやる、実に計算高い男のようだ。最後はアメリカで、100歳の天命をまっとうしたのもなるほどと頷かれる。
 本書は決して、張作霖事件の真実を明らかにするにはいたっておらず、現在もその真相は謎のままである。しかしこのように、多くの反証的事実が出てきている現状を考えると、この事件を関東軍がやったと断定的に記述する現行の歴史教科書には修正が求められよう。少なくとも、「日本軍部が中国東北地方の直接支配をねらっておこしたもの」(山川『世界史B用語集』)などという記述は、最後の部分を「おこしたとされている」と中立的な表現に変えるべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/11 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/28 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/24 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む