サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

話を聞かない医師 思いが言えない患者(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720593-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

話を聞かない医師 思いが言えない患者 (集英社新書)

著者 磯部 光章 (著)

医療現場でのトラブルは患者と医師のコミュニケーション不全に起因するものが多い。患者は医師にどう心配事を伝えたらよいか、医師は患者の思いをどう汲み取るか。長年、臨床と医学教...

もっと見る

話を聞かない医師 思いが言えない患者 (集英社新書)

799(税込)

話を聞かない医師 思いが言えない患者

724 (税込)

話を聞かない医師 思いが言えない患者

ポイント :6pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

医療現場でのトラブルは患者と医師のコミュニケーション不全に起因するものが多い。患者は医師にどう心配事を伝えたらよいか、医師は患者の思いをどう汲み取るか。長年、臨床と医学教育に携わってきた医師が具体的に提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

磯部 光章

略歴
〈磯部光章〉1952年東京生まれ。東京大学医学部卒業。東京医科歯科大学大学院循環器内科教授。日本心不全学会理事・会長。日本循環器学会八木賞、日本心臓財団佐藤賞など受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「お医者様」という呼び方も「患者様」という呼び方も、どっちも壁をつくっている。

2012/04/08 16:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 医療現場の問題をコミュニケーションの問題としてまとめた本です。書き方も飾りが無く、誠実な医師の言葉として素直に読める良い本だと思いました。医者(という立場から)の見方の特徴、患者(という立場から)の見方の特徴。それぞれが違うものを見ているということが丁寧な説明で「なるほど」と思えます。専門の循環器に関係する具体的な例を使った説明もよくわかります。

 大学で教える立場からの説明では、医者の見方の傾向には教育によってつくられるものも多いことを教えられました。「一つの頻度の高い病気の説明と、一つの難病の説明にあてられる講義時間が同じなら、学生の頭の中にはこの二つが同じ大きさの引き出しに入れられてしまう。そうなると現場で難病の引き出しに手をかけてしまうことが多くなる」「医者は知識の体系を駆使して患者をみているので、個人ではなくて症例として、確率の一部としてみがち」。「固有名詞でなく、普通名詞で患者をみる」。専門家として育つうちにそうなっていく、そういうこともあるのでしょう。専門的な知識の山を登ることで遠くまで良く見える。でも、足元の広い部分を忘れがちになるということかもしれません。

 もちろん、患者となる側にも沢山考えなくてはならない部分があるでしょう。知識が無い側である不安も不満も影響します。「お医者様」と呼んでいた時代には「わからなくても、おかしいと思っても」黙ってしまっていたでしょう。今でも巷に溢れる情報を鵜呑みにして医者の言葉に自分からフィルターをかけていることがないとはいえません。

 「昔はお医者様。いまは患者様。」本書の中にも出てくる言葉ですが、患者と医師の関係は時代の反映。ガイドラインや統計データなど、他者からの情報ばかりを頼りにしてコミュニケーションが不足なのにはどちらにもあることに思えます。「お医者様」と呼んで患者が「希望も疑問も口に出せない」壁をつくってしまうのも、「患者様」と呼んで医者が壁をつくってしまうのも、どっちもどっちのところが。ただ、「知識・地位」があると見なされる側の方が、より多く気を使うことを要求されるのだとは思います。
 それでも一対一で医者と患者が向かうとき、やっぱり「個人対個人」として信頼や尊敬が双方に必要なのでしょうね。ここまで言ってしまうと、普段の人間関係一般論になってしまいますが。

 新書ですから短いし、これから医学を学ぶ学生さんにもよいかもしれません。
でも、学ぶ前にはみな「このぐらいあたりまえ」となのかも。むしろ「患者」になるときのことを考えて、「医者とはこういうところがある」と理解しておくために読むのがよいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/23 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/22 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/09 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/05 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/08 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む