サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済復興 大震災から立ち上がる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済復興 大震災から立ち上がる

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/172p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-86412-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

経済復興 大震災から立ち上がる

著者 岩田 規久男 (著)

2011年3月11日に東北・関東を襲った巨大地震。被害総額は? 復興予算の必要額は? これからのエネルギー政策に必要なこととは? 未曾有の災害から立ち上がるために必要な復...

もっと見る

経済復興 大震災から立ち上がる

1,296(税込)

経済復興 --大震災から立ち上がる

1,134(税込)

経済復興 --大震災から立ち上がる

ポイント :10pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2011年3月11日に東北・関東を襲った巨大地震。被害総額は? 復興予算の必要額は? これからのエネルギー政策に必要なこととは? 未曾有の災害から立ち上がるために必要な復興政策を緊急提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩田 規久男

略歴
〈岩田規久男〉1942年生まれ。東京大学大学院修了。学習院大学経済学部教授。著書に「デフレと超円高」「経済学的思考のすすめ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

高橋是清の財政政策と東日本大震災後の政策をむすびつけているが…

2012/04/24 21:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

高橋是清の財政を検証し肯定して,それと比較して東日本大震災後にとるべき政策として国債の日銀ひきうけを主張している. 高橋財政に対しても評価しない意見がすくなくないが,それ以上に,当時と現在との世界経済の差をかんがえると,「高橋財政の成功」 が,いまとるべき政策を支持する理由にはならないようにおもえる.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/13 20:47

投稿元:ブクログ

なぜこれが30選なのか…。そこが不明だ…。

日銀のデフレ政策批判が本著の半分は占めると思われるので、
そうしたものにアレルギーがある人は最後まで読めないはずである。

尚、震災直後に円高になったのは、
世界の投資家が日本がデフレだからと考えたのか
どうかというのは信憑性が乏しい。巷で言われる、
短期の円の需要を当て込んでその需要に飛び乗る形で
円高が進行したという話なのではなかろうか。と。

彼は、震災復興に必要なお金についてこう考えている。
復興債は日銀引き受けにするべきだ・・・と。

何故か。

復興債を発行すると、その主体は政府であり、
そのお金を民間から調達することになる。
そしてそのお金を元に復興事業を実施する。

これは表向きにはお金の流れが民間→国→民間となり
お金の総量が変わらない。
これに対して、復興国債を日銀引き受けとすれば、

民間が本来復興国債を買うべきお金はそのままになる。
そして復興事業は日銀引き受けの復興国債で遂行されるので、
お金の総量は増えることになる。

というカラクリである。うまい話なのだがどうなのだろうか。


二重住宅ローン問題についても触れていた。

住宅ローンを持つ被災者を救済できないのは筆者に言わせれば
当然とのことでありここは同意できる。

●住宅自体がある種の個人資産である。
●賃貸を選んだ人に比べ補助を受けるのは公平性から考えどうか
●現在住宅ローンを受けている人は税額控除を受けており、全く控除を受けない賃借人と比べ公平性が損なわれている。

故に二重ローン救済は困難であり、一定所得以下の層に対する
公的扶助による賃貸の住宅補助あるいは、公営住宅への入居推進が妥当な答えではないか、とのことである。

が阪神大震災では土地区画整理事業の実行を条件に
これら被災者の救済に繋がる事業を推進する。という考え方だ。
これは一つの解決策だろうなと思えた。

2013/03/26 22:08

投稿元:ブクログ

確かに今の時代にマッチしている人選ですね。デフレ脱却、増税阻止に最適かも。
学者らしくなく、とてもよくわかりました。

2011/10/30 15:17

投稿元:ブクログ

3月の震災から約1ヶ月弱しか経ていない段階で、よくもこれだけの資料を集め、まとめることができたものだと驚く。そういう意味でのスピード感をとても感じる。エネルギー政策の箇所などは正直、これからの議論が必要かと思うが、それでも読み応えがありました。

2011/05/24 22:51

投稿元:ブクログ

震災後に、何冊かの経済、復興に関する本が緊急出版された。それらのうちの一冊。何らかの形で仕事を通じて復興に携われないものかという漠然とした思いの中で手に取った。
関東大震災、第二次世界大戦、阪神大震災という3つの大災害についてレビューし、今回の震災で復興はどうあるべきかを提言している。
以下のような記述は納得がいった。
・復興の財源は国債発行でねん出し、国債は日銀が引き受ける。
・今回の福島原発による損害は、今まで隠れていた原発の費用が顕在化したものである。したがって、この費用は本当は電気利用者が事故が起きる前から負担すべきであったもの。従って、原発災害の対策費用がこれから電気料金に上乗せされることは合理性がある。
・現在は原発のコストとして、事故時の対策費用、使用済み核燃料のリサイクルや処分の費用が含まれていない。これらはコストとして内在化して電気料金に反映されるべきだが、そうすると、原発は高コストとなり、現実的な電源とはなり得ない。

2012/05/28 20:08

投稿元:ブクログ

日銀による国債の直接引受がハイパーインフレには
必ずしも繋がらない、という論証として
戦前の高橋是清蔵相の政策が取り上げられていますが
この辺の史実がわかりません。
こちらを詳しく取り上げた金融経済史書をつぎに読もうかと
思います。

2011/12/20 23:43

投稿元:ブクログ

 リフレ派経済学者の著者が,今次の震災復興について,関東大震災,戦後復興,阪神淡路大震災の歴史を踏まえて論じる。国債の日銀引受によって復興支出を増加するのが肝要としている。国債日銀引受は従来からの持論らしい。
 復興国債を民間が引受ける場合は,財政支出の乗数効果だけにとどまるが,日銀が引受ければ,それに加えて貨幣増加による需要拡大効果もあるという。ただ,財政法は国債の日銀引受を原則禁止してる。これは政府がそれに頼って放漫財政に陥ることを避けるため。
 戦前の高橋財政で,国債の日銀引受は行なわれた。これは失敗だとする考えもあるが,高橋の暗殺までは昭和恐慌からの脱却に一定の成功を収めていたそうだ。
 戦後復興でも国際や金融債の日銀引受が行なわれた(石橋財政)。このときハイパーインフレが起きたとされるが,これは貿易が封鎖されていたために,原油など原材料が圧倒的に不足していたからだそう。そんなものなのか。この辺の理論は良く分からないな。学者にも意見の相違があるみたい。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む