サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ストリンドベリ名作集 新装復刊
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/398p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08140-2
  • 国内送料無料

紙の本

ストリンドベリ名作集 新装復刊

著者 ストリンドベリ (著),毛利 三彌 (訳),千田 是也 (訳),岩淵 達治 (訳),石沢 秀二 (訳),高橋 康也 (訳)

スウェーデンの劇作家ストリンドベリによる代表傑作戯曲集。「父」「令嬢ジュリー/付序文」「ダマスカスへ 第1部」「罪また罪」など、絶えず変貌する魂の遍歴を刻みつけた6編を収...

もっと見る

ストリンドベリ名作集 新装復刊

4,860(税込)

ポイント :45pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スウェーデンの劇作家ストリンドベリによる代表傑作戯曲集。「父」「令嬢ジュリー/付序文」「ダマスカスへ 第1部」「罪また罪」など、絶えず変貌する魂の遍歴を刻みつけた6編を収録。作品解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

毛利三彌 訳 7−54
令嬢ジュリー 千田是也 訳 55−108
ダマスカスへ 第1部 岩淵達治 訳 109−191

著者紹介

ストリンドベリ

略歴
〈ストリンドベリ〉1849〜1912年。スウェーデンの劇作家・小説家。「復活祭」などの戯曲や、「赤い部屋」などの小説がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

ストリンドベリはイプ...

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

ストリンドベリはイプセンと時代を同じくするスウェーデンの劇作家です。
しかし、零落貴族の父・女中の子・夫婦仲不和・錬金術・自殺未遂・阿片、こういう文字を年譜に見ると、
イプセンとは対極の「精神を病まざるを得なかった」芸術家、という印象を拒めません。

自然主義作家にカテゴライズされるようですが、
それ以上に只事ではない危険な作品群というのが、実感です。
世間体の化けの皮の剥がしすぎ・心理の抉りすぎ・憎悪に転じた愛情の数々にため息も哀しさ帯びます。

著者から多大な影響をうけた芥川や太宰に、自殺した孤独者、という印象を超えて「人間愛」を見た読者は、
ニーチェからの多大な影響が見られるこの作家もお好みなのではないでしょうか。
1ページで放り出すか、涙さえ滲むか、読み手を選びますが、
「逆説」のまたの名を「発見」と呼んだ著者がそれ自身であるように、
世に出たことは大変意義深いものだったと思います。

破滅に向かってゴーイングマイウェイなこの作家の本を新装復刊に踏み切った白水社さま、ステキ。
こういう読書(毒書?)もたま~~~には良いものですよ。芥川好き必読!

文庫担当 渡辺

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/05/27 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他海外の小説・文学 ランキング

その他海外の小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む