サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 大きなハードルと小さなハードル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大きなハードルと小さなハードル(河出文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41084-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大きなハードルと小さなハードル (河出文庫)

著者 佐藤 泰志 (著)

「彼は憎しみでも怒りでも何でもいい、身体に満ちることを願った。…大きなハードルも小さなハードルも、次々と乗り越えてみせる」危機をひたむきに乗り越えようとする主人公と家族を...

もっと見る

大きなハードルと小さなハードル (河出文庫)

821(税込)

大きなハードルと小さなハードル

821 (税込)

大きなハードルと小さなハードル

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「彼は憎しみでも怒りでも何でもいい、身体に満ちることを願った。…大きなハードルも小さなハードルも、次々と乗り越えてみせる」危機をひたむきに乗り越えようとする主人公と家族を描く表題作をはじめ八〇年代に書き継がれた「秀雄もの」と呼ばれる私小説的連作を中心に編まれた没後の作品集。最後まで生の輝きを求めつづけた作家・佐藤泰志の核心と魅力をあざやかにしめす。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

美しい夏 9−58
野栗鼠 59−80
大きなハードルと小さなハードル 81−110

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

孤高の短編集

2017/04/15 03:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会から忘れられたような場所で生き続けることが伝わってくる。芥川賞に5度落選しても屈しない心を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男たちの痛々しさ…佐藤泰志「大きなハードルと小さなハードル」。

2011/08/03 17:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ずっと読んできた佐藤泰志も文庫作品はこれで終わり、初期作品集を
残すのみとなった。何だかちょっと寂しい。さて、この「大きなハード
ルと小さなハードル」は「秀雄もの」と呼ばれている連作5作が第一部、
その他の短篇2作が第二部という構成。第一部、最初の「美しい夏」で
主人公の秀雄は光恵という女性と暮らしているが、そのタイトルとは逆
で全編を被っているのは、ギスギスとした何ともイヤな空気だ。そのほ
とんどは主人公秀雄が生み出している。次の「野栗鼠」では2人の間に
陽子という三歳の娘が生まれ、表題作「大きなハードルと小さなハード
ル」では秀雄の重度のアルコール中毒が明らかになる。いたたまれない
ような家庭の雰囲気、少しも噛み合うことのない夫婦の会話、この連作
にはこれまでの佐藤の作品にはあった、ささやかな喜びやかすかな希望
さえ感じることができない。作者のいつもながらのリアリティに感心し
ながらも戸惑っている自分がいる。

 第二部はまったく違う主人公たちの話なのだが、やはり居心地の悪さ
というか読み心地の悪さがある。この本の男たちは常にいらだっている
のだ。ラスト一作だけ少し明るいトーンがあるのが救いだが…。あがき
ながら、もがきながら、なんとか輝きを取り戻そうとする男たちの痛々
しさに少々まいった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/15 06:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/08 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る