サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ノーブルチルドレンの残酷

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ノーブルチルドレンの残酷(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)

著者 綾崎 隼 (著)

美波高校に通う旧家の跡取り舞原吐季は、一つだけ空いた部室を手に入れるため『演劇部』と偽って創部の準備を進めていた。しかし因縁ある一族の娘、千桜緑葉も『保健部』の創設を目論...

もっと見る

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)

572(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美波高校に通う旧家の跡取り舞原吐季は、一つだけ空いた部室を手に入れるため『演劇部』と偽って創部の準備を進めていた。しかし因縁ある一族の娘、千桜緑葉も『保健部』の創設を目論んでおり、部室の奪い合いを発端に、奇妙な推理勝負が行われることになってしまう。反目の果てに始まった交流は、やがて二人の心を穏やかに紐解いていくことになるのだが…。ポップなミステリーで彩られた、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、美しくも儚き愛の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

さいこー!!

2013/09/16 22:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:momonoki - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾崎さん、やっぱ最高!!
早く愛情までいきたいです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出会うべからざる二人の出会い

2011/12/01 20:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞原吐季、17歳。地元を代表する舞原家の総領息子。いつも眠い。学校でも安眠するスペースを確保するため、放送部の廃部により空いた枠を獲得するため、琴弾麗羅と共に、舞原七虹の名前を借りて、演劇部を創部しようとする。もちろんその目的は、部室にベッドを置いて眠るためであり、演劇をすることではない。
 顧問になる予定の有栖川華憐の呼び出しに応えて教室へ赴いた吐季だったが、そこでもう一組の創部希望者たちを発見する。その名は千桜緑葉。舞原と地元を二分する名家であり、対立関係にある家の直系の娘だった。美しい容姿ながら身なりに全く気遣わない彼女は、分家筋の桜塚歩夢と、クラスメイトの長谷見芽衣を従え、保健部の創部を目指していた。

 しかし許される部活はひとつ。有栖川華憐の出題する事件を早く解決した方が創部の権利を持つという条件で、舞原吐季と千桜緑葉は競争をすることになる。

 かたや金持ちで美貌でしかし全くやる気のない少年。かたや医師を目指してわざわざ一人暮らしを選び困窮生活を送る少女。緑葉が一方的に吐季に突っかかっていくかたちをとりながら、時々起こるミステリーテイストの出来事を解決しながら交流を深める様子を描いている。
 あくまでミステリーテイストであって、ミステリーではないのでご注意。それはひとつのエッセンスです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/19 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/03 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/26 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/11 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/27 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/24 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/07 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む