サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 蒼志馬博士の不可思議な犯罪

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蒼志馬博士の不可思議な犯罪(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-41613-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蒼志馬博士の不可思議な犯罪 (創元推理文庫)

著者 山口 芳宏 (著)

今にして思えば、私・殿島の事務所の隣に住む綾子が姿を消したことが、事件の発端だった。姿を消す前に、米軍接収地でトラブルに巻き込まれていた彼女。同時期、米軍には蒼志馬博士を...

もっと見る

蒼志馬博士の不可思議な犯罪 (創元推理文庫)

821(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

蒼志馬博士の不可思議な犯罪

648 (税込)

蒼志馬博士の不可思議な犯罪

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今にして思えば、私・殿島の事務所の隣に住む綾子が姿を消したことが、事件の発端だった。姿を消す前に、米軍接収地でトラブルに巻き込まれていた彼女。同時期、米軍には蒼志馬博士を名乗る人物からの脅迫状が届いていた—。博士が開発したという驚異の殺人兵器の謎に、眉目秀麗な探偵・荒城、義手探偵・真野原が挑む。奇想天外な舞台設定と、抜群のリーダビリティで贈る連作集。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

殺人光線の謎 11−78
灼熱細菌の謎 79−148
洗脳兵器の謎 149−222

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昭和20代後半を舞台にした、ふたりの探偵とひとりの弁護士が織りなす冒険譚。たぶん、ミステリではない。

2011/08/01 16:15

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の文庫化第二作。
先に読んだ『雲上都市の大冒険』に登場した
ふたりの探偵とひとりの弁護士のシリーズ第三作。

そう。
文庫化は二作目なのに、シリーズは第三作。

シリーズものには、
刊行順に読まないと支障が出るものとそうでないものがある。
本シリーズに関しては、それほど支障はない。


だけれどもっ!!!!
本書内に、シリーズ第二作で登場する「夜叉姫」なる人物が登場して
そのひととなりなどがよくわからないので若干、消化不良ぎみ。
夜叉姫の素性がわからなくても、
作品としては完結するのだけれど、
消化不良。。。

やはり刊行順に文庫化してもらわないと、
気持ちワルイあるよ。


さて。
肝心のストーリーは…。
ひとことでいうと、独特。

舞台設定は昭和28年の日本。
蒼志馬博士を名乗る人物が反米感情をあらわに、
不可思議な殺人事件を起こし始める。
そしてその一件に、弁護士の殿島が密かに想いを寄せる
隣人、綾子が巻き込まれたことから、
殿島、そしてふたりの探偵、
荒城と間野原が事件解決に向けて乗り出す。


よくよく考えれば、突っ込みどころは多い。
ピンチになるとどこからともなく協力者は現れるし、
いつも間一髪のところで助かるし…
でも、そんな細かいところはわたしにとってはどうでもよい。

だって…殿島と荒城と間野原が、
わたしは大好きなんだもの(笑)。


山口作品は色んな意味で非常に癖がある。
小説として楽しめない、
許せないというひともいるとは思う。
読む人を選ぶ作風だ。

でも、癖になっちゃうんだよなぁ。
好きです!
でもお薦めはしません!!


ちなみに本書は短編集。
シリーズ三作目だけれど、これから読み始めても大丈夫です。



『蒼志馬博士の不可思議な犯罪』収録作品
・殺人光線の謎
・灼熱最近の謎
・洗脳兵器の謎
・強化人間の謎

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/10 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/15 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/17 07:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/20 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む