サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ロコス亭 奇人たちの情景

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロコス亭 奇人たちの情景(創元ライブラリ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元ライブラリ
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-07067-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ロコス亭 奇人たちの情景 (創元ライブラリ)

著者 フェリペ・アルファウ (著),青木 純子 (訳)

誰にも存在を認めてもらえない哀れな男、葬儀があればどこへでも飛んでいく謎の女、指紋理論に固執するあまり自ら逮捕されてしまう男。“ロコス亭”に集まる奇人たちが物語と物語の間...

もっと見る

ロコス亭 奇人たちの情景 (創元ライブラリ)

1,188(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰にも存在を認めてもらえない哀れな男、葬儀があればどこへでも飛んでいく謎の女、指紋理論に固執するあまり自ら逮捕されてしまう男。“ロコス亭”に集まる奇人たちが物語と物語の間を、そしてその内と外を自在に行き来し、読者を虚構と現実のはざまに誘う、知的で独創的で、とてつもなく面白い小説集。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「ロコス亭の奇妙な人々」(1995年刊)の改題,改訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

アイデンティティ 13−33
作中人物 34−65
物乞い 66−85

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

これは面白い!! ...

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

これは面白い!!
登場人物の人生が次々に絡み合い、くるくるとストーリーを変えて読者を翻弄する。ロコス亭に集まる奇妙な人物たちを描いた小説集なのだが、その登場人物たちが作者の意図から外れてどんどん勝手に動き出す。
読み手は登場人物に翻弄され「???」となりつつ読み進める。マジックリアリズム・幻想文学・江戸川乱歩などを好まれる方にはお勧めです。
そして、本編だけでなく巻末のマッカーシーの後書きがまた面白い。そしてそして、解説のなかの作者のインタビューがものすごく面白い。こんなに隅々まで面白い本を出してくれた出版社によくやってくれた!と言いたい。

文庫担当

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

作者VS作中人物

2011/08/09 07:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:muneyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は短編集の体裁を取り、一話完結型となっていますが、
こっちで出たキャラクターはこっちではこういうポジションになってて、という群像劇的な一つの物語に収斂される構造になっています。

手塚治虫に代表されるような、「スターシステム」が柱になっているのです。
例えば手塚作品の常連である、ヒゲオヤジやアセチレンランプ等が様々な作品において様々な役どころについているように、本書『ロコス亭』でも明らかに作中人物達はあちこちの物語を飛び回って、作中人物を演じています。

その演じている様を殊更強調してくるのが、「*(注)」の存在。
一般的な使われ方と同じ様に、彼らは一文の終了間際に登場して、その一文の句読点の様に素知らぬ顔で、さも当然の様にポチッと座っています。
一般的な使われ方なので、「其れ(その一文)がどういう事なのか」を説明する役割を持って彼らは居座っているのですが、其れの何が特殊なのかと言えば「その一文を演じている時、演じている役者は実際どんな気持ちで居たか、またその役者は通常時はどんな人なのか」という裏事情みたいなものが見開きページ左端に掲載してあり、そこへのリンクとして彼らは作用しているのです。

*何人かの人(ドン・ホセ・デ・ロス・リオスもしかり)は、どうひいき目に見ても不快をもよおすこの場面は不謹慎だ、マダム・チネラートやここで扱われているような子供は描くべきでない、と異議を唱えている。僕だって異議はあるのだが、チネラート本人が、本編のこの場面で俺は悪の権化と化すと言って聞かなかったのだ。        『チネラートの人生』

ここで「僕」と名乗っているのは、作者のフェリペ・アルファウ。
彼までもが作者という立ち位置と作中人物を行ったり来たりします。

しかし、誰がこんな無茶苦茶を望んだか。

この本の成立を望んだのは、勿論作者のフェリペ・アルファウ。
しかし、この本の在り方を望んだのは、作者でも読者でも無く、登場人物たちなのです。
正に『作中人物』という話にはこうしたスタンスがムックリと表れていて、
作中人物、ガストン・べハラーノは現実に浸食し、作者に筋書きを変える要求まで出してきます。

虚構の住人達にとっての現実は、虚構の中に在る。
けれども、私達にとっての現実の中で幾らでも「嘘」、演じる事、お世辞を言う事、取り繕う事が存在するなら、虚構の中でも其れは有り得ます。

僕の四肢は僕の意志とは無関係に動いたように感じられた。 『犬の物語』

「スペイン」という国の在り方が緻密に、細密に描かれた本です。
しかし、其れ以上に「物語の在り方」を形にしたような本である、と僕は思います。
現実もまた、小説世界と同じ様に、不明確な、不確定な、けれども一種予定調和的な物語なのです。
そこを疑ってかかるべきではないか、と考えさせられた。
現実の現実感を疑わされた。
そうした側面を持った、危険な小説とも言えます。

『犬の物語』中の「僕」のように、あなたも意志と無関係に体が動く感触を感じた事がありませんか?
あなたも誰かに動かされているんじゃないですか?
あなたの現実が「本当の現実」である事を、あなたは証明出来ますか?

『ロコス亭』の奇人たちは、小説世界を越えて、あなたの現実を浸食しにやってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/19 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/11 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/20 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/01 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/16 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/08 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/04 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る