サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

指先がすれ違う(白泉社花丸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 白泉社花丸文庫
  • サイズ:15cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-87663-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

指先がすれ違う (白泉社花丸文庫)

著者 小中 大豆 (著)

大手食品メーカー営業部の若手ホープ・小塚武士は、入社以来、密かに同期でライバルの溝呂木紘一を想い続けてきた。だが社員旅行の夜、寝入っている後輩の桜庭に溝呂木がキスするのを...

もっと見る

指先がすれ違う (白泉社花丸文庫)

607(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について
20%OFF

【期間限定価格】指先がすれ違う 【イラスト入り】

11/30まで通常607

485 (税込)

【期間限定価格】指先がすれ違う 【イラスト入り】

ポイント :4pt / 紙の本より122おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大手食品メーカー営業部の若手ホープ・小塚武士は、入社以来、密かに同期でライバルの溝呂木紘一を想い続けてきた。だが社員旅行の夜、寝入っている後輩の桜庭に溝呂木がキスするのを偶然に目撃してしまう。開き直る溝呂木に今まで封じ込めてきた想いを否定されたように感じた小塚は、ささやかな嫌がらせを始める。歪んだ喜びを覚える小塚だが、セフレと逢っているのを溝呂木に見られてしまい…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

三角関係!

2016/12/31 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心理描写など切なくてなかなか良い作品でした。
リーマンもので三角関係ですが、主人公と後輩の間でフラフラしてた攻めにイラッと。
振り回された後輩が一番かわいそうでしたが、今後飯村にいっても苦労しそう。
読みながらイラッとしたりウルッとした時点でハマってた訳ですが、次作にも期待したい作家さんになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たっぷりとすれ違い

2012/04/04 19:31

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

食品メーカーの営業マン小塚(受け)は入社以来密かに
同期でライバルの溝呂木(攻め)を想い続けています。
社員旅行の夜、溝呂木が後輩の桜庭にキスをしているところをたまたま目撃してしまうことに。
小塚は今までの自分の気持ちを全否定されたように感じてしまい
脅迫じみた嫌がらせをし始めて・・と、話は続いていきます。
この二人のすれ違いっぷりといったら半端じゃありません。
切ないリーマンものがお好きにな方にお勧めしたい作品になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い

2015/03/20 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シナモンロール - この投稿者のレビュー一覧を見る

受けが好みのタイプだったで購入。
当たりでした。すれ違いものは大好物です。

攻めに他に好きな人がいる設定って苦手な場合が多いんですが、これは良かったです。
執着攻め好きの私も楽しく読めました。

攻めに小さな意地悪(夜食買ってこいとか、飲みに行くの邪魔するとかw)をしちゃう受けが可愛くて、切なくて…。
誤解やすれ違いはこじれる程面白いですねw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ケンカップル?

2015/10/19 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sum - この投稿者のレビュー一覧を見る

小中先生の題材は他では見ないものが多いので面白いです。
他のレヴューにもありますが、本来なら当て馬キャラが主人公。
なので、もやもやしながら進みます。
どのキャラもマイノリティゆえに過去ゆえに、告白できない。
もやもやしますね。
攻めがなぜ受けを好きになったのか、もうちょっと書いて欲しかったかなと思いました。
ケンカップル好きな方にはおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

三角関係のすれ違い

2016/03/11 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初のころの攻めの主人公嫌い方に胸が痛みました。いや、想いを寄せる後輩にキスしたとこみられて、ぬるく脅されて逆らえない攻めからしたら、あの行動やセリフは考えたら当然なんだけど……主人公の心情が分かるだけに胸が痛いしめちゃくちゃ切ない。誤解やすれ違いは好きだけど、それが過ぎて片方が嫌われてしまうってのはあまり…。
まぁ、わりと呆気なく主人公に傾いてるのが見えてきたので、拍子抜けするより先に安心してしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

同僚サラリーマン

2016/08/28 02:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太郎の母 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人の駆け引きが、焦れったく進んでツンデレ受けが可愛いか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

うーーーーーん

2016/08/31 01:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりな - この投稿者のレビュー一覧を見る

すれ違いが好きなワタシはすすめられてここにいきつきました

すれ違いは上手く書かれてて
切なくなるとこは胸がキューってなる感じですごくよかったんですが

攻めがこうなんというか途中で心かわるのはやくない?ってなります

でもラブラブになってからの嫉妬はもうにやにやですよ!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/23 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/23 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/14 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

花丸文庫 ランキング

花丸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る