サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ツチヤの貧格(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-758814-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ツチヤの貧格 (文春文庫)

著者 土屋 賢二 (著)

この本を手に取っている人は幸運である。世界に目を向ければ、何十億人という人がこの本を手に取れないでいるのだ—。「お金に無関心な生き方」「総グルメ化最後の防波堤」「年をとる...

もっと見る

ツチヤの貧格 (文春文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ツチヤの貧格

510 (税込)

ツチヤの貧格

ポイント :4pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この本を手に取っている人は幸運である。世界に目を向ければ、何十億人という人がこの本を手に取れないでいるのだ—。「お金に無関心な生き方」「総グルメ化最後の防波堤」「年をとると敏感になる」「わたしはどんな失敗をしたのか?」など、彫琢されたユーモアエッセイの数々。読めば品位と勇気が湧いてくる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

表紙からして爆笑

2017/02/19 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamayo04 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず表紙の著者写真からして全力で笑いを誘われますが、本の内容も写真撮影も大真面目なのが余計に笑えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

土屋氏とツチヤ師

2015/09/30 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

土屋賢二氏(おそらく)がツチヤ師について語る話が面白い。
著者紹介の欄からしっかり読むのがお薦め。
とにかく一編が短いので、いつでもどこでも気が向いたときに、ぱっと開いた所から読めるのが良い。
これでもかという位にワンパターンのツチヤ節全開であるが、読み飽きてもよさそうなのに読み飽きないのが自分でも不思議。
解説は斎藤孝氏である。本文の一編よりも解説文の方が長い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/30 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/20 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/13 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/10 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/30 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る