サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 四人の女高校教師〈ご褒美〉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四人の女高校教師〈ご褒美〉(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: フランス書院
  • レーベル: フランス書院文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-1793-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

四人の女高校教師〈ご褒美〉 (フランス書院文庫)

著者 星野 聖 (著)

「わたし、生理前だからとってもエッチな気分なの」薄いブラウスからのぞく、女教師の柔らかな乳房。太ももの付け根には漆黒の翳りが透ける白下着が!四人の女教師に迫られた少年が目...

もっと見る

四人の女高校教師〈ご褒美〉 (フランス書院文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「わたし、生理前だからとってもエッチな気分なの」薄いブラウスからのぞく、女教師の柔らかな乳房。太ももの付け根には漆黒の翳りが透ける白下着が!四人の女教師に迫られた少年が目にする牝の本性。あの清楚そうな先生たちがこんなに淫らだなんて…未亡人、人妻、独身、新任…甘い禁断学園生活。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

緻密な設定と妙味のある構成

2014/09/15 20:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体を大雑把に捉えればタイトルやあらすじでイメージされる通りに4人の女教師ヒロインが1人の生徒(主人公)を奪い合った果てに……という安心・安定の内容である。しかし、細かな構成や設定を少しでも凝らして妙味を盛り込もうという意思を感じた作品でもある。それぞれとこっそり交わしていた密戯が発覚した後の、ヒロイン達による修羅場一歩手前な話し合いから始まるところなどは物語の幕開けとして良い「掴み」だった。

39歳の温和な未亡人国語教師、32歳で眼鏡の似合うクールな人妻数学教師、派手で勝気な27歳の独身英語教師、幼馴染みでもある23歳の新任音楽教師……ヒロインの設定や属性は申し分無い。慈愛に満ちながら空閨を刺激されて乱れたり、ある種の達観もあって夫のある身ながら大胆だったり、強気に迫るものの教師間で結んだ抜け駆け禁止の「協定」は最も律儀に守っていたり、幼馴染みの優位性を武器に当時の呼び方をしてみたりとバラエティに飛んでいる。普段は地味なのに眼鏡を外して髪をおろした途端に妖艶さを纏い始めるなど、ベタながらナイスな瞬間があるのは素敵に抜け目のないところ。何より各ヒロインとの逢瀬の際に過去の経緯や馴れ初めといった背景を手短かに挿み込む手際の良さが短編で鳴らした作者らしいところでもある。

昼休みの空き教室や職員トイレといった好シチュエーションも組み込みながら続けられる「協定破り」に聖職者の背徳が加味されて大いに憂いながらもライバルの存在が明らかな故の対抗心もあって「本命選び」がエスカレートしていく淫猥さは存分に出ていたが、物語としては堂々巡りの一回りとなってしまったこと、そして、その行方が容易に予測できてしまうところが、この雰囲気を残しながらのストーリーを想定した時点で宿命的に避けられないところか。ほぼ唯一として気になった点である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む