サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

溺れ母娘(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: フランス書院
  • レーベル: フランス書院文庫
  • サイズ:15cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-1796-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

溺れ母娘 (フランス書院文庫)

著者 村崎 忍 (著)

母娘で隣りの若い男を奪い合うなんて…。ふくよかな乳房、張りつめた双臀を見せつける佐和子。夫を亡くして15年、貞操を守り続けた39歳の身体が、少年の若く漲る肉茎を前にして、...

もっと見る

溺れ母娘 (フランス書院文庫)

751(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母娘で隣りの若い男を奪い合うなんて…。ふくよかな乳房、張りつめた双臀を見せつける佐和子。夫を亡くして15年、貞操を守り続けた39歳の身体が、少年の若く漲る肉茎を前にして、はかなく溺れていく。母の姿に嫉妬した千夏、早苗も対抗するように女体を…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

艶っぽい情交シーンが多くて淫猥度は高い

2011/08/31 00:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年主人公が母娘丼に姉妹丼の素敵幸せ関係を営むのはフランス書院文庫作品の典型的な構成と言える。ただ、この昔馴染みなヒロイン達3人のお隣さんは、家族構成が少々複雑になっており、これによる多少の遠慮や気遣いがドラマのスパイスになっている。あと、実は母娘丼や姉妹丼の3Pは思ったほど多くないのだが、最後に全員参加の艶かしい官能クライマックスがあり、これに主人公と、特に母との「その後」というか将来的な要素をしっかり盛り込むことで他の作品との差異を設けようとの思惑が感じられる。ここまで如実に描く結末には好みが分かれるところもあろうが、これはこれで、この“新しい家族”の明るい未来として悪くない結び方ではある。ただ、幾ら官能ファンタジーと言えども、さすがに少年と39歳の、実母も同然の付き合いをしてきた熟女が真正面から愛し合う基本設定には若干の違和感がないでもない。この許されざる背徳に憂い、思い悩む描写はしっかり綴られているし、自分の想いも持ちながら最終的には母のサポートにも回る姉妹の揺れる心情も盛り込まれているのだが、ここはもう少しリアリティを感じさせる展開でもよかったのかな?という気もしてくる。

3人ものヒロインを擁する割に官能描写がしっかり盛り込まれているのは好材料。特に母との最初の睦言がそのままぶっ通しで連続的に描かれているのは興奮度が高い。ほぼ一人舞台と化した前半で母との関係は成立してしまうため、姉や妹がメインになっていく後半で出番が減るのが勿体ないくらいである。とりわけシチュエーションに凝る訳でもなく、ある意味真っ向勝負で長々と上質な官能描写を綴っていく作者の力量は侮れないものと推察する。ストレートな設定にストレートな展開ではあるが、大いに盛り込まれた官能描写で差別化の図られた作風を今後も期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む