サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

寄性獣医・鈴音 4

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2011/06/17
  • 出版社: 竹書房
  • ISBN:978-4-8124-7594-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

寄性獣医・鈴音 4 (BAMBOO COMICS)

著者 春輝 (著)

寄性獣医・鈴音 4 (BAMBOO COMICS)

669(税込)

寄性獣医・鈴音 4

669 (税込)

寄性獣医・鈴音 4

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

寄性獣医・鈴音(バンブーコミックス) 8巻セット

  • 税込価格:5,31049pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

☆まだ淫乱が続く☆

2011/06/26 16:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真琴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の病院から寄生虫の研究所に舞台は変わりました。
が・しかし前巻同様にパンツを履く暇なし・・・という感じです。しかも寄生虫を制御できず、殆ど感じっぱなしで、股のゆるい女になっています。

この作者の作品はパンツを履きながらする、くい込みの変化が魅力だと思うのですが・・・。マンガの着エロ。脱ぎっぱなしが、逆にエロさを奪い残念なところ。

寄生虫の何たるか、組織、研究が徐々に分かりだします。

最後は“高哉”の前で、高哉の父親によって処女喪失か?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

減退してもなお危機感のある猥雑な官能美を維持

2011/06/23 20:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

今更ながらに気づいたが、ここまでの4冊で表紙カバーを飾る鈴音の髪型もしくは髪の色が全部異なっている。第1巻から数えれば、ここまでで5年半もの年月が流れており、そりゃあ作者の画風も変わるわなーといったところか。それが崩れるのではなく、さらに美しさと麗しさと淫靡さを高めているのだから素晴らしい。お尻の丸みや内股のぷくっと膨らんだところなどは堪らんぞーという魅惑のラインである。

ただし、第3巻から本巻に至る1年1ヶ月の間には大きな“変革”がもたらされてしまった。大きな壁ができたと言ってもいいだろう。『成年』と『青年』との垣根を幅広くしっかり設けて隔てましょう、ということでもあると思われるが、これにより今後は鈴音がお尻まで弄ばれてしまうような描写は影を潜めるだろうし、官能描写そのものが減退するであろう。そうした“変革”の過渡期であれば、知恵を絞るよりも今は既出の連載を手直しして単行本化するしか策が見当たらないのも頷かざるを得ず、読み手としては今後への期待を残しながらも現状の中で楽しむしかあるまい。そうした目で見れば、本巻で鈴音が味わう危機的状況の描写もまた頑張っていると思えてくる。前巻が良過ぎたのである。

しかしながらストーリー展開は相変わらず遅々としており、言ってしまえば、今回は敵(?)の総本山らしき場所へ赴いただけである。まぁ、その途中途中で何かと男共に掴まっては悪戯される流れもまた変わらないのだが、さすがに移動中にまで悪戯されていては、官能的には「ありがとう」となるものの、少々回り道のし過ぎにも感じてくるだろう。それでも最後の最後に出てきた人物とのやり取りにはヤバイものを感じさせており、鈴音の純潔を重んじる諸兄を悶々とさせてしまう引きも見せてはいる。発情しっ放しの鈴音が、これから解放されたくて打算的かつ諦念的な陥落をも見せ始めており、場合によっては次巻以降に大きな動きがあるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/20 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/02 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む