サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. Q.E.D. 39 証明終了 (講談社コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Q.E.D. 39 証明終了 (講談社コミックス)(月刊少年マガジンKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/06/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 月刊少年マガジンKC
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-371286-5
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

Q.E.D. 39 証明終了 (講談社コミックス MONTHLY SHONEN MAGAZINE COMICS)

著者 加藤 元浩 (著)

【講談社漫画賞(第33回)】【「TRC MARC」の商品解説】

Q.E.D. 39 証明終了 (講談社コミックス MONTHLY SHONEN MAGAZINE COMICS)

453(税込)

Q.E.D.-証明終了-(39)

432 (税込)

Q.E.D.-証明終了-(39)

ポイント :4pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

Q.E.D. 50巻セット

  • 税込価格:22,117204pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

知るより知らない方が良い?

2015/08/17 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ああばんひるず6号室事件」
 名前だけ豪華なおんぼろアパートで起きた、大家さんの自殺事件。住人たちは誰もが何か秘密を抱えているようで疑わしい。友人の依頼で事件を調べることになった水原可奈と、その手伝いをさせられる燈馬想は、一つ一つ状況を整理し、真実を浮き彫りにさせていく。

「グランドツアー」
 探査船ボイジャーの通信機器を担当した技術者たちが、35年ぶりにハワイ島で再会する。しかしその会合をセッティングした、燈馬想の恩師でもあるイオ教授は、みんなを置いて消えてしまう。その謎と、残された彼らの背景に浮かぶ、亡くなったイオ教授の妻ルナに隠された秘密とは?

 ミステリー作品ではあるが、どちらの回も、実は殺人は起きていない。何回か書いたかもしれないけれど、殺人なくしてミステリーを表現するという、一つの試みかも知れない。
 とはいえ、「ああばんひるず6号室事件」は明確な事件ではある。残された証拠と、次々に得られる証言から犯人を浮き彫りにしていくところは正統派といえよう。
 「グランドツアー」は、過去の出来事を動機として現在の事件が起きる。しかし残された人々は誰も過去の出来事を認識していないので、今起きている出来事が何に起因しているか分からない。それをわずかな事物から推理し、事件の発生を食い止めるのが燈馬想だ。

 グランドツアーとは、175年に1回起きる惑星直列を利用した、宇宙航法のこと。占星術では何らかの象徴として扱われたりもするらしい。めったに起きないことは吉兆よりも凶兆と考えられやすいようだ。
 しかし逆に、タイミングを捉えさえすれば、普段は起こりえないことでも起きてしまうということでもある。人間関係にも似たところはあるだろう。
 イオ教授は、天体のチャンスを掴むために、人間関係のチャンスを逸してしまった。気づかなければ幸せに暮らせたかもしれないのに、小さな違和感に気づいてしまったために全ては崩壊した。多くを見通す怜悧な知性を持つというのは、幸せなことばかりではないらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/13 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/14 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/05 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/26 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む