サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋愛美術館
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00586-7
  • 国内送料無料

紙の本

恋愛美術館

著者 西岡 文彦 (著)

この絵を見るとせつなくなるのはどうしてだろう…。モディリアーニ、ピカソ、ドガ、ルノワールなどの名画を、芸術家たちの愛と苦悩の人生模様を交えながら紹介する。〔「恋愛偏愛美術...

もっと見る

恋愛美術館

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この絵を見るとせつなくなるのはどうしてだろう…。モディリアーニ、ピカソ、ドガ、ルノワールなどの名画を、芸術家たちの愛と苦悩の人生模様を交えながら紹介する。〔「恋愛偏愛美術館」(新潮文庫 2015年刊)に改題,再編集し加筆訂正〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西岡 文彦

略歴
〈西岡文彦〉1952年生まれ。多摩美術大学教授。版画家。絵画解説の第一人者。「日曜美術館」などテレビ番組の企画・出演も多い。著書に「絶頂美術館」「二時間のモナ・リザ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者の文章の美しさ、見通す目の確かさに、魅了された

2011/12/03 21:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 『絶頂美術館』で西洋美術が描いたヌードの史的変遷を平易に語ってみせた著者が、今度は芸術家が体験した恋愛の数々がそれぞれの作品にどのような影を落としているかを綴った一冊です。

 おそらく本書が描く芸術家の恋—と呼ぶには少々生々しく、性愛と呼ぶ方がよりふさわしいもの—は、美術史に詳しい読者なら既知の情報かもしれません。
 モディリアーニが若くして病死した直後に窓から身を投げて後追いした身重の妻ジャンヌ。
 年齢差の離れた師ロダンとの恋愛の果てに精神の均衡を失ってしまったカミーユ。
 次々と愛人を作り、その愛人同士の取っ組み合いの喧嘩を喜々として眺めていたピカソ。
 そのどれもが大変に知られた史実です。

 しかし著者はこうしたエピソードのひとつひとつを、品格と深みある達意の日本語で綴っていきます。既に見知った史実も、話し手の語り口調ひとつで二倍にも三倍にも、涙ひきしぼる物語へと形を変えていくということを強く感じます。

 そして芸術家たちの生きざまを通して著者が人生の真意について指摘することに、心衝かれることが一度ならずありました。
 「性には、年齢に応じたありようというものがある。乳児が立って歩けず、老人が俊足では走れないように、性もまた成長と成熟に見合ったかたちで変容していく。(中略)
 問題は、こうした快感の変移を『衰え』とみなす身体観が存在することにある。
 『老成』というものに肯定的な価値を見出さない限り、これに伴う性欲や食欲の自然な変容は『衰え』としか認識できないことになる。」(52~54頁)

 「人は、その思いのほとんどを語らぬままに生涯を終える。
 思いの大半の、その真の苦しみや哀しみを、ほとんど語らぬまま生を全うしていく。
 (中略)
 芸術というものが、かりにその存在を許されるのならば、その使命は、まさにそうした他者の痛みや苦しみに思いをいたすための、一助となり得る場合のみではないだろうか。」(264頁)

 二度、三度と読み返したい、そう感じさせる魅力的な一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/04 03:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/06 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/17 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/14 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/09 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む