サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エンタメ・テレビ・タレント
  4. B.L.T.U-17 Vol.18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

B.L.T.U-17 Vol.18
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

B.L.T.U-17 Vol.18

B.L.T.U-17 Vol.18

1,543(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

竹富聖花ちゃん2号続けての表紙登場を周囲も盛り立てる。次代のエース候補ならばこそ、厳しい起用規律を求めたい。

2011/05/24 00:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:光森長閑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スポーツ紙などによれば、今回の本誌の目玉は前回から2号続けて表紙を務める竹富聖花ちゃんということになります。本誌出版記念握手会の記事では「若手女優の登竜門的な同誌で、連続して表紙を飾るのは極めて異例」(スポーツ報知)とされており、周囲もこぞって賑々しく聖花ちゃんを盛り立てようという意図が感じられます。
 もちろん聖花ちゃんが期待株であることは事実でしょう。所属事務所はスウィートパワー、現在TBS系ドラマ「生まれる。」にも出演と、実績的にも文句ありません。
 ただ、どうしても聖花ちゃんに関しては、「グラビアJAPAN」なる冠の下、集英社子飼いの水着要員としてグラビアに登場し続けてきた印象が強すぎます。前回投稿の「girls!」の書評にも書きましたが、いくら将来性を有していても、それが易きにばかり流れていることの免責事由にはなりえないというのが私の管見です。これは同じ事務所の先輩・桜庭ななみちゃんに関してもさんざん申し上げてきたことですが、ななみちゃんの「成功」をいいことに、聖花ちゃんにも「韓信の股潜り」を強いているとすれば情けない話です。
 猫も杓子も集団型アイドルになびき、人材枯渇が顕著な現在、単独で本誌のメイングラビアを務められる人は貴重であり、本誌も聖花ちゃんをエース候補として期待したい気持ちは理解できます。それだけの実力の裏打ちがあるのなら、現時点でただちに表紙というのではなく、せめてもう少し「雑巾がけ」をさせるくらいの冷却期間を置いてほしかったというのが率直な感想です。
 そのほか見どころを探していけば、今年1月の東宝シンデレラで共に審査員特別賞を受賞した山崎紘菜ちゃんと秋月成美ちゃんが揃って登場しています。もちろん二人を拝見できたのはうれしいことですし、瑞々しさ満点のグラビアでしたが、できれば次回以降グランプリの上白石萌歌ちゃんの登場にもつなげてほしいものです。
 一部外野からは萌歌ちゃんの現在小6という年齢だけに着目して「ロリコン」批判もあるようですが、思えばかつてのグランプリ・長澤まさみさんも受賞時は小6でした。長澤さんの受賞時はハロプロの最盛期、そして現在もAKB勢らの最盛期であることを考えれば、ブレイクのタイミングから逆算すれば萌歌ちゃんの年齢も若すぎるとは言えません。ロリコン批判そのものは正しく的を射て行っていただくとして、不見識な外野席を黙らせるためにも早く誌面で力を見せつけていただきたいと思います。
 また、「丹羽チルドレン」の一人として実績を重ねてきた岡崎歩美ちゃんも登場しています。かつてのスターダストプロモーションと違い、今や集団型アイドルの牽引役として相当玉石混淆の様相を呈している同社ですから、「スターダストプロモーション3部」所属であることを見出しに謳うことがアピールになるのかどうかはわかりませんが、ともかく歩美ちゃんが注目に値することは確かでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女性 ランキング

女性のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む