サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 新約聖書を知っていますか 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新約聖書を知っていますか 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-125521-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新約聖書を知っていますか 改版 (新潮文庫)

著者 阿刀田 高 (著)

新約聖書を知っていますか 改版 (新潮文庫)

637(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

聖書をどう読むか?

2002/01/24 18:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MITU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 聖書というものは、世界最大級のベストセラーといっていいだろう。宗教の信仰を深めるために読む聖書もいいけれど、文学的な見地から見ても、聖書は十分に人を魅了する力を持っている。新約聖書は有名な「最後の晩餐」や「イエスの復活」を収めたもの。事実のものもあるし、過大広告されたものもあるエピソードたちを、イエスを信じるための人に書いたというよりも、イエスが自分自身を信じるために行ってきた、さまざまな軌跡、として新しい切り口から見たわかりやすい入門編の本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新約聖書がこんなに面白い物語だとは思いませんでした

2006/08/06 18:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読む前に『旧約聖書を知っていますか』を読んでおいたほうが良いです。著者も述べているように、新約聖書と旧約聖書は上下二巻本といった感じです、とこの本を読んで知ったかぶりをしてしまいます。
ただし、前作よりも阿刀田流の解釈、解説が沢山出てくるので、それを気にしだすと読めなくなってしまうかもしれません。「軽い読み物という、このエッセイの性質上、文献の一覧は省略させていただくが、…」とありますが、著者独自の解釈だけでなく何か基になっている考えがあるのでしょうから、せめて文献くらい載せておいてもらえると、せっかく興味を持った聖書の世界で次にどこへ進めばいいのかがわからなくなってしまいます。もっともそんな気にさせるほどこの本が面白かったということではあるのですが。
それが真実かどうかわかりませんが、聖書をキリスト教という宗教の教義本だと思うと理解しにくいところを、この本にあるようにイエスとその弟子たちの新宗教を立ち上げていく物語として読むと、無宗教者が多いであろう日本人に理解しやすくなるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新約聖書について楽しみながら学べた

2017/04/01 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

新約聖書について知りたくて電子書籍で購読して通読。

キリスト教徒でなく、かつ学校もミッション系でなかったので、内容についてほとんど知らなかったが、新約聖書(4つの福音書や使徒言行録、黙示録の集合体)の構成や主要エピソード、旧約聖書との関係などが著者の軽妙な解説とともに紹介されている。
信仰の立場や学術的な見地からどうなのかは分からないが、教養として、興味の対象として新約聖書について知りたかった者には十分な内容。また、宗教画の話など、単なる聖書解説にとどまらないところも良かった。

文体も読みやすく、寝転がりながら読める。お薦め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/15 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/13 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/05 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/20 03:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/05 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/26 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/27 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/20 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/27 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/25 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/18 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る