サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

出世花(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 98件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3555-0
文庫

紙の本

出世花 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 高田 郁 (著)

【小説NON短編時代小説賞奨励賞(第2回)】〔祥伝社文庫 平成20年刊の新版〕【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

出世花 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

税込 648 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

出世花 9−83
落合螢 85−173
偽り時雨 175−272

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー98件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

主人公の生き方に感動!

2015/10/29 20:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

厳しい運命を背負った少女、艶。
命を助けてもらった住職から名づけられた「縁」として、新たな人生を送ることに。
それも死人を弔う湯灌場での仕事。
「屍洗い」と人々に忌み嫌われる仕事を、縁は一生懸命に取り組み、死者はこの世で受けた苦痛や未練、執着から解き放たれて、穏やかな表情で浄土へと旅立っていく。その縁の真摯な行動、心根に、いつしか皆、感動し、有り難いと思うようになる。
私も、読み始めたころは、死者の体を洗う仕事なんて、なんと恐ろしいことか、と思いながら読み進めたが、読み終わった時には、なんと尊いことかと思いを改めるようになった。
縁の死者への思い、真摯な生き方に、感動を覚えずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

是非シリーズ再開を!

2013/01/17 11:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひとみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンスタントに発表されていた「みをつくし」を愛読していましたが、お休みを発表された昨年、存在を知り、読みました。
お澪ちゃんに心酔してきましたが、お艶ちゃんの芯の強さに惚れました。
あとがきで高田さんも書かれていましたが、是非シリーズの再開をお願いします。待ってます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きめ細かな人情劇に感動・感動でした。

2016/11/28 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大感動でした。423:『八朔の雪 みをつくし料理帖 [1]』(時代小説文庫、2009年5月18日、角川春樹事務所)を読んで大感動して注目した作家ですが、“みをつくし料理帖シリーズ”から外れる唯一の作品が著者のデビュー作である本作品。初出は2008年6月・祥伝社文庫だったものを、今回、若干の加筆・修正の上、出版社も変えて再版したものとのこと。何しろきめ細かな人情劇に感動・感動でした。こちらも続編が大いに望まれる作品でした。
 すっかり“高田 郁”の大ファンになってしまいました。
<概要>
 父子を捨てて駆け落ちした妻(登勢)を妻敵(めがたき)打ちのため捜し歩く父子であったが、6年後空腹のため行き倒れとなってしまう。墓寺・青泉寺の住職に発見された父子であったが、父はそのまま他界してしまう。父の湯灌の一部始終を目にした主人公・お艶(9歳)は、父の遺言により“縁”と名前を変えて青泉寺で育てられることになる。やがて成長した(13歳)“縁”は自ら進んで湯灌の手伝いを行うようになり、「正縁」という名前で「三昧聖」として湯灌・死化粧を行うようになり、亡骸を手厚くもてなすことが評判となり「三昧聖」として広く知られるようになり、様々な人々からの葬送の依頼の中で様々な出会い・事件と関連していくことになる。特に、ひょんなことから葬儀の折に“縁”を目にしてすっかり気に入り養女に貰いたいと言ってくれた菓子店・桜花堂の女房・お香が何と!父子を捨てて駆け落ちした実の母親・登勢(駆け落ち相手と心中を図ったが死にきれず、新たに“お香”という名前を貰って新しい人生を歩んでいた)であったという展開には驚愕しました。しかし、その展開の視点が何とも優しさに満ちているというか、基本的に性善説的なのが何とも私好みで嬉しい。その人情の深さに圧倒されるのである。
 なお、標題である“出世花”は、主人公・お艶が“縁”、そして半出家して「正縁」=「三昧聖」という名前に変わったことに由来しているが、その母親の“登勢”が“お香”へと名前を変えたことも併せているようで、この母娘の今後をもっともっと読み続けてみたい衝動に駆られるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしい旅立ちに出会える一冊

2016/01/03 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

湯灌。冷たいまなざしで見られがちな屍洗い。自分の職に誇りを持ち、どんな屍であろうとその湯灌に尊厳と情をもって取り組む主人公、お縁。実直な仕事に名声が高まり、お縁の手によって湯灌された仏は、みな苦しみなく浄土へ逝けると噂されるまでになる。お縁を巡るいろいろなドラマ。生母であったお香との関わり。岩吉の悲哀、悲恋。兄のように優しい正念の過去。どれもこれも温かく、そして切なく気がつくと涙が頬をつたっていた。お縁が手がける湯灌の描写は一読の価値あり。荘厳で慈愛にみちた旅立ちに立ち会える幸運は本書でしか味わえない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妄執と煩悩

2015/09/13 03:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomyam0702 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに一気読みをしてしまった作品。続編も次の日に買いに行った。
どのストーリーからも、しみじみ、やさしさ、とかいった情緒や、落合~新宿~神田にかけての江戸の生活感、展開のおもしろさが楽しめるが、圧巻は、どんな酷い死に方をした人の遺体(骸)でも、逆さ水で湯灌し―体をさすり、髪を洗い、紅をさしー安らかな表情の「新仏」にしてゆくシーンが必ずクライマックスに置かれていて、さらに荼毘に付すことで、死者の無念の思いも、死別の悲しみもまるで浄化され昇華するかのように感じられるところだ。宗教(仏教)のいう「救済」がストーリーとして立ち現れているのだ。主人公と寺の人々は、病苦・刑・自死・事故といったつらい体験を余儀なくされたり、罪を犯した人々に寄り添いながらも、妄執や煩悩に捕らわれない境地にあろうとしている。そこては、夫婦の情愛や恋慕や母が子に執着する思いすらも、単に切ないものとして描かれるのではなくて、妄執や煩悩の側に組み入れられ、主人公たちはその温かさを感じつつも溺れることがない。その透徹した世界観は、ただ、ただ、すごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっとりとした情緒が漂う。

2015/11/08 17:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがにうまい。死者を弔う湯灌をする主人公、お縁の生き方が丁寧に、しっとりと描かれ、心に迫ってくる。テーマの関係上、死に向かう人が多く出てくるし、かなり悲惨な結末の話もあるが、決して暗く酷いだけの印象には終わらず、胸に迫ってくるような切なさや哀愁が残る。
死骸の湯灌をし、お縁が美しい化粧を施すことで、俗世の汚れや澱みが洗われていくような気がする。だからだろう、ハッピーエンドではなくても、読み心地はむしろ爽やかですがすがしい。読んでいて、自然と引き込まれていく書き方もうまかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編が楽しみ。

2015/08/25 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

次作が出たと知って読み直すことに。著者のみをつくしシリーズも好きなのですが、この作品からも共通する強さや健気さ、温かさを感じました。続編もゆっくり読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/02 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/11 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/08 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/26 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/29 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/30 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。