サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発労働記(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277000-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

原発労働記 (講談社文庫)

著者 堀江 邦夫 (著)

〔「原発ジプシー」(講談社文庫 1984年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

原発労働記 (講談社文庫)

700(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

30年前の原発労働、しかし現在とほとんど変わらないのではないか?

2011/06/26 11:41

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発の下請け労働者として1978年、79年と働いた著者の貴重な記録で、『原発ジプシー』に加筆修正して緊急復刊したものですが、30年前頃の出来事なのに、とてもリアリティがあって、いまだに同じようなことをやっているんだろうと言った切実感があった。
労災隠しだとか日常的に起こる、事故、怪我、著者も作業中に骨折する。だけど結局労災申請をしない。孫請け、ひ孫請け、協力社員という名の「非正規雇用」者のいろんなところからかき集められた労働者、手配師たちの人間模様。そんな描写も暖かい筆致で言及している。
顔の見える一人一人の原発労働者たちの生き様に触れるとあっけらかんと「反原発」と切り捨てるおめでたさを呑み込みたくなる。
東電、親会社の殆どの正社員たちは何の迷いもなく「原発推進」に突き進んでいるかもしれないが、「これでは事故が起きないほうが不思議だ」と、定期点検に従事する下請け労働者の「つぶやき」をよく聞いたと言う。本文は日記形式になっています。
1979年4月4日の敦賀原子力発電所の作業内容の一部を引用します。(p312~3)
《ビニール袋に懐中電灯一つ・ドライバー二本・ビス・ガムテープを詰め、出発。日立の社員(どうも、CRDのメーカーの社員のようだ)三人と、大谷さん、私の計五人。/チェンジング・ルーム前のアラーム・メーター貸出所で、64ミリレムにセットしたアラームを受けとる。線量のセットは、16ミリレムきざみになっている。16から始まって、32、48、64、80……と続く。そのアラーム・メーターをピンクの下着の胸にガムテープで固定。マスクは赤服棚前の木製の箱に、裸のまま詰め込まれている。/きのうと同じ通路を通り、ドライウェル入口へ。ここで大谷さんと別れる。彼と日立の社員二人はドライウェルに入らず、エレベーター前で作業をするらしい。/エア・ロック前のバリアで、全員マスクをつける。入口横のイスに座っている日立の放管(「放管」の腕章をつけた彼は、半面マスク姿だ)となにやら話してした社員の一人が私の所に戻ってくると、「内部の線量が高くなった。もう少しこのまま待機していろ」と合図を送ってきた。/ビニール・シートを張った床に坐りこむ。別会社の労働者五人もやはり待機になったらしく、私の横に並んで腰をおろした。全面マスクのため話もできず、皆、黙って下をむいているだけだ。/30分が経過した。線量はまだ下がらないらしい。マスクをつけているために、体を動かしてもいないのに、呼吸がしだいに荒くなってきた。軽い頭痛。私の横で待機中の労働者たちは、マスクのアゴの部分についているフィルターを外してしまっていた。これではまるでマスクの用をなしていない。頭痛が少しずつ増してくる。彼らのようにフィルターを外し、呼吸をいくらかでも楽にしたい衝動を懸命に押し殺す。/放管から「OK」のサイン。バリアで赤いゴム長をはき、エア・ロックを抜ける。》
その少し前、3月29日に「スリーマイル島原発事故」が起こるわけです。メディアが大々的に報じている。だけど、敦賀原発で一緒に働く仲間たちはこの大事故を知らないはずはないのに一切話題にしない。朝礼の際も注意とかそれに関する訓示もない。この「無関係・無関心」は逆に原発症候が深い証ではないか、友人から電話があって、「アメリカの原発事故で、そっちの方じゃあパニック状態じゃないのか?」と尋ねられたが、原発労働者だけではなく、敦賀市民も冷静。他人事のように受け止めていたと日記に書く。どうしようもないとする意識なのか、不気味な反応だと書く。つくづく「原発大国」への道は根が深く政治、経済、文化だけにとどまらず人々の身体に浸みこんで身体化している不気味さなのか、そんな心理的内部被曝の怖さも感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/12 05:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/14 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/08 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/09 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/30 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る