サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒドラ 怪物?植物?動物!

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/113,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-029581-9
  • 国内送料無料

紙の本

ヒドラ 怪物?植物?動物! (岩波科学ライブラリー 生きもの)

著者 山下 桂司 (著)

水にゆらめく花のような体に驚くほどのポテンシャルを秘め、多くの研究者を魅了してきた謎の動物「ヒドラ」。ついにゲノムが解読され、ヒトとの意外な共通性も明らかに! ヒドラの魅...

もっと見る

ヒドラ 怪物?植物?動物! (岩波科学ライブラリー 生きもの)

1,620(税込)

ヒドラ-怪物?植物?動物!

1,620 (税込)

ヒドラ-怪物?植物?動物!

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

水にゆらめく花のような体に驚くほどのポテンシャルを秘め、多くの研究者を魅了してきた謎の動物「ヒドラ」。ついにゲノムが解読され、ヒトとの意外な共通性も明らかに! ヒドラの魅力のすべてを語り尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山下 桂司

略歴
〈山下桂司〉1958年長崎県生まれ。2004年、博士(農学)号取得(東京大学)。(株)セシルリサーチ取締役社長。兵庫県立大学客員研究員。日本付着生物学会運営委員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

クラゲよりヒドラ

2016/03/11 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kasai - この投稿者のレビュー一覧を見る

今やクラゲは水族館の人気者ですが、個人的にはヒドラに注目しています。
まだまだヒドラに関する本はほとんどありませんが、最初から最後までヒドラ尽くしの本書に出会えて本当に嬉しく思います。
いつかはあのヒドラを見てみたい、あのとき見たヒドラはこれか、などと本書を楽しんでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い特徴が多くある生きもの、ヒドラ。「それは君 大変おもしろい 君ひとつ やってみたまへ」。

2011/10/13 10:11

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大きさも1ミリから1.5メートルまで幅広く、クラゲのように泳ぐかと思えばイソギンチャクのように固着する。すりつぶしたって再生してくる・・・。ヒドラは語源どおりに怪物のように不思議な生きものである。
 不思議な美しさのある綺麗な写真での紹介、生活環のユニークさや再生の仕方など、その巧妙な仕組みの研究も分かりやすく説明されている。

 どんな動物か?の分類や形態の説明である1,2章がちょっと面白くなくなるのは仕方がないことかもしれない。著者が始めて美しい姿に感動した3章の出だしあたりから、面白くなってくるかと期待させられる。
 細胞一個一個が透けて見えるような体なので、切断すると細胞が移動をはじめ、再生していく様子が見える。実際に顕微鏡で見ていたらきっととても面白いだろう。クラゲと同じように触手から毒針を出すのだが、その毒針を「丸呑み」にして再利用している生き物がいる、という話も「いきものはどれだけいろいろな工夫をしているのか」と充分驚かせてくれる内容である。
 ・・・でも、もう一つ「へー!こんなに面白いんだ!」と感動が残らないのはなぜだろう。わかりやすく丁寧に書かれた文章なのだが、あまりにも沢山ある興味深いことをすべて紹介しようとして平板になってしまったのかもしれない。例えば最後のCoffee Break(コラム欄)「ヒドラつながり」にでてくる、発生のオーガナイザー研究者からオワンクラゲの発光タンパクまでの人間関係などは、このまま膨らませても一冊の本ができそうな題材である。

 欧米の科学読み物にはよくある形式なのだが、各章のはじめに有名な著書からの抜き出しなどがある。これも結構面白い。2章にある浅虫臨界実験所の石碑に書かれているという初代所長の言葉など、こういう言葉で「この世界」に引き込まれていった学者たちの顔が思い浮かぶようである;

 「それは君 大変おもしろい 君ひとつ やってみたまへ」。

 この本に紹介されたヒドラの性質は、この言葉を添えるのにぴったりに思える。様々な特徴のある性質を示す面白い動物の一つであるヒドラ。もう一工夫して、是非もっと紹介して欲しい。

 『クマムシ?!』から始まったこの岩波科学ライブラリーの「いきもの」シリーズ、申し訳ないが私の中では二匹目のクマムシは見つかっていない。まあ『フジツボ』は著者の入れ込みの強さが結構面白かったし、『クマムシ?!』も出版社もヌイグルミまでつくった力のいれようはちょっとマイナスイメージだが。その魅力の違いがどこにあるのか、ぜひ次の「いきもの」を出版されるさいにはご一考をお願いしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/13 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/17 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/20 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/11 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

動物学 ランキング

動物学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む